ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2010年02月25日 21時34分 UPDATE

韓国・中国語学習をiPhoneアプリ・DS・DVDの3メディアで

旺文社は、韓国・中国語の学習ができるiPhoneアプリをそれぞれ発売する。同シリーズのDVDブック、DSソフトも発売し、「時間と場所によって最適な学習方法を選べる」。

[ITmedia]
photo 画面イメージ

 旺文社は、韓国・中国語の学習ができるiPhoneアプリ「動画で発音!中国語−ゼロからカンタン中国語 発音編」と「動画で発音!韓国語−ゼロからカンタン韓国語 発音編」を3月初旬に発売する。価格は各900円。DVDとニンテンドーDSソフトでも展開し、3つのメディアを活用することで時間や場所に合わせて選べるようにしたのが特徴だ。

 早稲田大学発のベンチャー企業・空間概念研究所(東京都台東区)と共同で開発。ゼロから勉強する人を対象に、ネイティブスピーカーの講師が発音と文字を解説するほか、音声を聞いて発音された文字を選ぶドリル、レッスンの復習になるテストを収録した。

 同シリーズは2月18日にDVDブックを発売しており、4月にはニンテンドーDS用ソフトも発売する予定。「自宅ではDVDや本で学び、ジョギング中はiPhoneでリスニング。外出先でのちょっとした待ち時間にはDSで学べる」と、時間や場所によって最適な学習方法を選べるとしている。

関連キーワード

学習 | 韓国 | iPhone | iPhoneアプリ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.