ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「学習」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「学習」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

日本財団、AI使った手話学習ゲーム「手話タウン」を正式リリース Googleや関西学院大と協力
日本財団が、画像認識AIで手話を判別する「手話認識技術」を活用した、手話を学べるオンラインゲーム「手話タウン」を正式リリースした。ゲーム型の教材を提供することで、手話のさらなる普及促進を目指すとしている。(2021/9/22)

14時間分の機械学習教材も GMOペパボ、エンジニアの研修資料を公開
GMOペパボが、新人エンジニアの研修資料を今年も無償公開。今年は機械学習教材を一新した。(2021/9/22)

サプライチェーン改革:
機械学習で新商品にも対応したサプライチェーン需要予測ソリューション
PwCコンサルティングは2021年9月16日、サプライチェーンの計画業務向け需要予測ソリューション「Multidimensional Demand Forecasting」の利用開始を発表した。従来手法では困難だった新商品やリニューアル品などの需要予測を、機械学習アルゴリズムで可能にする。(2021/9/21)

浅草東武ホテルに「ホンモノ」を設置した運転シミュレータールーム登場 東上線の運転士訓練用をそのまま移設
うわぁぁぁ! これはガチで本気のやつだぁぁ……!!(2021/9/16)

eスポーツ選手の癖をあぶり出すAI、KADOKAWA子会社が開発へ プレー映像から分析
KADOKAWA子会社が、eスポーツチームのゲームプレイ映像から選手の癖や特徴を評価する機械学習モデルを開発する。指導や戦術の立案に生かし、チームのパフォーマンス向上を目指す。AWSの専門チームが技術支援をする。(2021/9/15)

デジタル参考書200冊以上を月額980円で読み放題に 学習管理のスタディプラスが新サービス
学習管理サービス「Studyplus」を手掛けるスタディプラスが、学習参考書などの電子書籍サービス「Studyplusブック」を2022年1月に提供する。月額980円で参考書200冊以上が読み放題になるサービスなどを用意する。(2021/9/15)

第9世代の「iPad」登場 A13 Bionic搭載、インカメラはセンターフレームに対応
Appleが第9世代の「iPad」を発表した。プロセッサはA13 Bionicを搭載しており、先代のA12 Bionicからパフォーマンスが2倍向上した。インカメラは機械学習を活用したセンターフレームに対応する。(2021/9/15)

「指輪物語」のエルフ語を翻訳するAI登場 これで中つ国からコンタクトがあっても大丈夫(?)
シンダール語のみ対応。クウェンヤへの対応は学習データセットの集まり次第だそうです。(2021/9/15)

「不正取引の手口が巧妙化し、審査の負担が増えている」:
「根拠を説明するAI」でインサイダー取引の審査を効率化 SBI証券とNEC
SBI証券はNECと共同で、インサイダー取引の審査業務にAIを導入する。2022年度に運用を開始する。「異種混合学習技術」を活用してAIモデルを構築し、SBI証券のインサイダー取引に関する取引データや重要事実データなどを学習させた。(2021/9/15)

“エルフ語”対応のAI翻訳サービス 「指輪物語」パロディーだけではなかった本当の目的
AI翻訳サービスを手掛けるオルツは、音声翻訳サービス「AI翻訳」が“エルフ語”に対応したと発表した。日本語を「指輪物語」シリーズに登場するエルフ(妖精)の言語に翻訳できる。ジョーク機能だが、独自の機械学習モデルを開発する研究の一環として作成したという。(2021/9/14)

僕たちのKaggle挑戦記:
「無料のKaggle公式講座×コンペ初参戦」で機械学習を始めよう
Kaggle公式講座の内容がなかなか良かったです。これに沿って、Titanicコンペを卒業して、住宅価格コンペに参戦することで、自分自身の機械学習実践スキルの成長が実感できました。その体験を共有します。(2021/9/13)

AWS、機械学習でサッカーのシュート効率やパスの動きを可視化 独リーグが採用
米Amazon Web Servicesが、機械学習で可視化したサッカーのシュート効率やパスの動きに関するデータを、独リーグ「ブンデスリーガ」の2021-2022シーズンの試合放送に提供する。(2021/9/10)

ルンバ新モデルにペットのフンを避ける機能 フンを床に広げてしまう悲劇を回避
フンの模型を使ってアルゴリズムを訓練。(2021/9/10)

ドワンゴ、量子コンピュータの入門講座を無料配信 「高校生でも取り組める形に」
ドワンゴが、量子コンピュータによる計算の仕組みを学べる講座を、オンライン学習アプリ「N予備校」で無料配信する。9月15日から12月8日にかけて全12回を生配信。見逃した場合もアーカイブを視聴できる。「量子コンピュータの入門的な部分を、高校生でも取り組める形で提供する」(N高)としている。(2021/9/9)

速度を犠牲にせず、ポータビリティーが向上する:
Microsoft、WebブラウザでMLモデルを実行できる「ONNX Runtime Web」を公開
Microsoftはあらゆる機械学習(ML)モデルを実行できる「ONNX Runtime Web」を公開した。オープンソース推論エンジン「ONNX Runtime」の新機能だ。JavaScript開発者はMLモデルをWebブラウザで実行、デプロイできる。(2021/9/8)

人工知能ニュース:
Pepperに新AIエンジンを搭載、少しの追加学習で会話機能が向上
rinnaの法人向けAIチャットbot開発プラットフォーム「Rinna Character Platform」の最新版が、ソフトバンクロボティクスの人型ロボット「Pepper」に採用された。少量の追加学習でPepperの会話機能が向上する。(2021/9/8)

【育児あるある】疑問があると「調べてみよっか」と図鑑を出す親に「俺を学習させようとしている」と気付き絶対に調べない反骨精神あふれる子ども
その能力に長けていたがゆえに……。(2021/9/7)

凸版印刷がイヤフォン型の脳波計測デバイス 集中状態を可視化 オフィスや教育での活用見込む
凸版印刷が、イヤフォン型の脳波計測デバイス「b-tone」を8日から販売すると発表した。専用アプリを通して装着者の集中状態を可視化でき、仕事の生産性や学習効率の向上に役立てられるという。教育やスポーツの現場、オフィスなどでの活用を見込む。(2021/9/7)

65歳以上にスマホを無料貸し出し 渋谷区とKDDIが実証事業
渋谷区とKDDIは、65歳以上でスマートフォンを保有していない約1700人へ無料で貸し出す実証事業を開始。勉強会など利用促進に向けた継続的なサポートを行い、デジタルデバイド解消を目指す。(2021/9/6)

電子ブックレット(組み込み開発):
スパコンのAI性能が10倍に/教師なし学習で高精度の画像分類AI
MONOistやEE Times Japanに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は2021年4〜6月に公開した人工知能関係のニュースをまとめた「人工知能ニュースまとめ(2021年4〜6月)」をお送りする。(2021/9/6)

コロナ禍対応「ノベルゲーム」な会社案内が登場 ゲーム内で代表取締役とも遭遇するドキドキ仕様
仕事体験でのクイズが普通に勉強になる。(2021/9/6)

CAEニュース:
最適化アプローチを自動で実行する、最適設計支援ソフトウェアの最新版
サイバネットシステムは、最適設計支援ソフトウェア「Optimus」の最新版「Optimus 2021.1SP1」の提供を開始した。最適化アプローチを学習して自動で実行する機能など、初心者でも容易に高精度設計ができる機能が追加されている。(2021/9/3)

人工知能ニュース:
機械学習プラットフォーム市場が大幅成長、AI主要8市場の調査レポート公開
ITコンサルティングを手掛けるアイ・ティ・アールは2021年8月26日、AI関連領域の主要8市場について、市場規模推移や予測結果を発表した。(2021/9/2)

競争力を高める「スキルアップ」と「リスキリング」【第1回】
「スキルアップ」「リスキリング」の違いは? スキルギャップを埋める人材開発手法
ビジネスの競争力を維持し、ポジティブな従業員エクスペリエンスを提供するには、継続的な成長を重視する学習文化を構築する必要がある。その手段となり得る人材開発手法「スキルアップ」と「リスキリング」とは。(2021/9/2)

公立小中学校の「学習用端末」の普及率は? 持ち帰れる? OSは何が優勢? 文科省が実態調査の結果(速報値)を公表
文部科学省が、2021年7月末時点における「GIGAスクール構想の実現に向けた端末の利活用等に関する状況」の速報値を公表した。GIGAスクール構想が目指す「1人1台端末」を実現できている自治体は全体の96.1%に達しているが、約1%の自治体は2021年度内の達成が困難な見通しだという。(2021/9/1)

どのようなトラブルが多い? NECレノボジャパングループが「学習用端末」のサポート体制を強化
レノボ・ジャパンとNECパーソナルコンピュータの2社からなる「NECレノボ・ジャパングループ」が、GIGAスクール構想で配備された学習用端末の修理体制を強化している。通常のPCと比べると、どのような故障が多いのだろうか?(2021/9/1)

知財ニュース:
トップはNTT、AI関連発明の出願状況調査レポート最新版を特許庁が公開
特許庁は2021年8月30日、国内外におけるAI関連技術の特許出願状況に関する最新の調査レポートを公開した。機械学習技術などを中心とする「AI関連発明」の出願件数が近年急速に伸びている。(2021/9/1)

人工知能ニュース:
カーボンナノチューブ膜の物性予測時間を98.8%短縮、深層学習AIの応用で
NEDOとADMAT、日本ゼオンは、AISTと共同で、AIによって材料の構造画像を生成し、高速・高精度で物性の予測を可能とする技術を開発したと発表した。単純な化学構造を持つ低分子化合物に限定されず、CNT(カーボンナノチューブ)のような複雑な構造を持つ材料でも高精度な物性の予測を実現できる。(2021/8/31)

著名研究者がみるAppleのセキュリティリスク
「macOS」のセキュリティ担当者が「Arm」を学ぶべき“当然の理由”
macOSデバイスを攻撃から守るためには、Armアーキテクチャについて学習する必要があるとセキュリティ研究者は言う。それはなぜなのか。macOSマルウェアとArmアーキテクチャの関係を説く。(2021/8/31)

マネーロンダリング対策にAI、金融機関で投資が拡大――SAS調査
マネーロンダリング対策技術に関する調査の結果から、金融機関の間で機械学習を含むAIの導入が拡大していることが明らかになった。これらの採用が進む要因とは。(2021/8/30)

製造ITニュース:
良品画像の学習のみで不良品検出が可能なAI検査支援サービスを提供
NECソリューションイノベータは、良品画像の学習のみで、AI技術により不良品を検出できるクラウドサービス「NEC AI・画像活用見える化サービス / 生産管理・検査支援」の提供を開始した。(2021/8/30)

なぜ「障害者向け駐車スペース」が必要なのか とある車椅子ユーザーの動画が「勉強になった」「初めて知った」とTwitterで話題に
必要とするワケが一目瞭然。(2021/8/28)

「Google Workspace」は小学校でどう使われている? 3人の先生が解説
文部科学省が推進する「GIGAスクール構想」によって、小中学校では2020年度内に「1人1台」の学習用端末配備がおおむね完了した。しかし、端末配備後の様子は自治体や学校によってマチマチのようだ。うまく行っている小学校ではどのような取り組みをしているのだろうか?(2021/8/27)

「AI」エンジニアになるための「基礎数学」再入門(14):
機械学習やレコメンドでよく見る「特徴量」の本質とは――「行列分解」の基本を図版とPythonコードで理解する
AIに欠かせない数学を、プログラミング言語Pythonを使って高校生の学習範囲から学び直す連載。今回は行列の計算分解について、図版とPythonコードを交えて解説します。(2021/8/27)

「デジタル研修」を生かすヒント【後編】
従業員が研修を進んで受けたくなる「ゲーミフィケーション」「VR」の可能性
良質な研修用教材を用意しても、従業員の学習が続かなければ成長はない。意欲的に学習を続けてもらうために、企業はどうすればよいか。有効な手段となり得るのが「ゲーミフィケーション」「VR」の活用だ。(2021/8/26)

東京都、求職中の若者向けオンライン講座開設 「プログラミング」「先端IT」の2コース
東京都はコロナ禍で離職した若者の就職支援のため、プログラミングなどを学べるオンライン講座の提供を始めた。受講者は数カ月の職業訓練を経て、職業紹介などの就職支援を受けられる。(2021/8/25)

オンライン学習を批判 大阪市立小校長を文書訓告
大阪市教育委員会が、市立木川南小学校の男性校長を文書訓告とした。校長は5月、新型コロナウイルスの緊急事態宣言に伴い市が小中学校でオンライン学習の原則実施を求めて現場を混乱させた、などと批判する書面を松井一郎市長らに送付していた。(2021/8/24)

社労士・井口克己の労務Q&A:
「資格の勉強で夜が遅くて……」 遅刻を繰り返す社員に、減給のペナルティーを科しても問題ないでしょうか?
遅刻を繰り返す社員がいます。業務に必要な資格の勉強をしていて、就寝が遅くなり寝坊してしまうようです。遅刻3回ごとに給与の1日分を減給するペナルティーを全社的に追加しようかと思うのですが、問題はあるでしょうか。(2021/8/24)

2023年までの実用化を目指す:
性能と演算量を調整可能なスケーラブルAI技術
東芝と理化学研究所(理研)は、学習済みAIの性能をできる限り落とさずに、演算量を調整できる「スケーラブルAI技術」を開発した。プロセッサの処理能力が異なる応用システムの場合でも、AIエンジンの共有化が可能となる。(2021/8/25)

“34歳の高校生”スザンヌ、充実した半年間を報告「人生でいっちばん勉強した」 前期試験は「追試あるかもだけど 笑」
すごく頑張ってる。(2021/8/23)

Innovative Tech:
アボカドの食べ頃をスマホのカメラで評価 中京大学が深層学習技術利用でアプリ開発
深層学習によってアボカドの追熟段階を分類し、スマートフォンで撮影するだけで食べ頃を判断できるようになる。(2021/8/23)

既存の学校教育はオワコン:
ホリエモンが教育ビジネスに取り組む真意 「あと何年かで“ゼロ高出身のスーパースター”が出てくる」
堀江貴文氏が主宰するサポート校「ゼロ高等学院」は、座学ではなく行動を目的として新たな学習形態を提供している。さらに堀江氏を顧問に迎えたプリスクール「ZERO International Preschool」が9月に開園。3歳から6歳を対象に生徒の募集を始めていて、堀江氏もオンラインを中心にカリキュラムに助言していくという。堀江氏の展望を聞いた。(2021/8/21)

学習済みAI、演算量小さい機器に応用 高精度な「スケーラブルAI」技術 東芝と理研が開発
学習済みのAIを、スマホや自動運転車など演算量が異なる機器に合わせて調整できる「スケーラブルAI」。演算量の低下による性能低下を抑える新技術を、東芝と理化学研究所が開発した。(2021/8/20)

人工知能ニュース:
学習済みAIを多様なエッジに展開する「スケーラブルAI」、東芝と理研が新技術
東芝と理化学研究所が学習済みのAIについて、演算量が異なるさまざまなシステムへの展開を可能にする「スケーラブルAI」の新技術を開発。従来技術と比べてAI性能の低下率を大幅に抑制し「世界トップレベル」を実現したという。(2021/8/20)

「デジタル研修」を生かすヒント【中編】
Visaは「市販の学習サービス並みに使いやすい社員研修ツール」をどう実現したか
従業員研修を効果的に進める上で重要な視点が、研修における学習体験の改善だ。Visaは研修ツールの使い勝手を、消費者向け学習サービスと同等に高めようとしている。その取り組みから企業が得られるヒントとは。(2021/8/19)

FCCL、学習用PC購入者に5000円をキャッシュバックするキャンペーン
富士通クライアントコンピューティングは、学習用PC購入者に5000円をキャッシュバック「学習用パソコンキャッシュバックキャンペーン」を開始する。(2021/8/18)

制限ボルツマンマシンを採用:
理研ら、機械学習法で「量子スピン液体」を解明
理化学研究所(理研)らの共同研究チームは、機械学習を用いて「量子スピン液体」を解明した。スーパーコンピュータ「富岳」などを活用して大規模計算を行い実現した。(2021/8/18)

空からサンダーボルトが! 米軍用機が高速道路に着陸 緊急時を想定した訓練の様子を公開
正式な滑走路じゃないのに、キレイな着陸だなぁ。(2021/8/13)

DeNAの技術チーム、「Kaggle」のゲームAIコンペで優勝 自社の強化学習ライブラリ活用
機械学習などの性能を競い合うプラットフォーム「Kaggle」(カグル)で行われたゲームAIのコンペティションで、DeNAのエンジニアが所属するチームが優勝した。同社の強化学習ライブラリを活用してAIを開発したという。(2021/8/12)

FAニュース:
深層学習性能が向上した、Jetson Xavier NX搭載エッジAIコンピュータ
コンテックは、NVIDIA「Jetson Xavier NX」モジュール搭載の産業用エッジAIコンピュータ「DX-U1200」シリーズを発売した。下位モデル「DX-U1100」比で、FP16演算精度で約5.5倍、INT8演算精度で約21.5倍高速化している。(2021/8/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。