ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「学習」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「学習」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

人事の95%がオンラインOJTの難しさを実感 約7割が「対面時より研修効果が出づらい」
 オンライン学習プラットフォーム「UMU」を展開するユームテクノロジージャパン(東京都港区)は、研修担当の人事111人を対象に「人事担当者のオンラインOJT」に関する意識調査を実施した。その結果、95.5%の人事担当者が新入社員へのオンラインOJTの難しさを実感していることが分かった。(2021/10/15)

わくわくする:
「夢はかなう」ZOZO前沢さん、宇宙飛行へ会見 露訓練施設で
12月にロシアの宇宙船ソユーズで国際宇宙ステーションに向かう予定の衣料品通販大手「ZOZO」創業者、前沢友作さんが14日、モスクワ郊外の訓練施設で記者会見した。(2021/10/15)

Innovative Tech:
その個人情報はうそか本当か、AIが判定 4種類のうそのつき方が明らかに
機械学習を使い、個人情報に含まれるうそを見破ることが可能になった。(2021/10/15)

量子コンピュータへの道
量子コンピューティング実現の障害である環境ノイズを機械学習で解決
環境ノイズは量子コンピューティングにおける課題の一つだった。機械学習を応用することで、量子コンピューティングのエラーに際して環境ノイズとそれ以外の分離が可能になった。その意義とは?(2021/10/15)

Netflixがホラー映画をAIで制作? 「実際に見る悪夢のよう」と話題に 日本法人に詳細を聞いてみた
「NetflixがAIに40万時間分のホラー映画を見せて作らせた3Dアニメ」をうたう動画が話題に。学習させたホラー映画や、活用しているAIの詳細をNetflix日本法人に聞いてみた。(2021/10/14)

「Call of Duty」のカーネルレベルのチート対策「RICOCHET Anti-Cheat」始動
人気ゲーム「Call of Duty」でのチート行為対策「RICOCHET Anti-Cheat」が発表された。年内に「Warzone」と「Vanguard」に適用される見込みだ。サーバ側の機械学習アルゴリズムやカーネルレベルのドライバで構成される。(2021/10/14)

医療技術ニュース:
非接触のセンサーと機械学習の組み合わせで頸髄症患者をスクリーニング
東京医科歯科大学と慶應義塾大学は、非接触型センサーを用いて手指動作のデータを取得し、機械学習によって疾患の有無を推定する、頸髄症を簡便にスクリーニングする手法を開発した。(2021/10/14)

まんが「免疫のひみつ」、キリンと学研プラスが共同制作 学研キッズネットで無料公開
キリンホールディングスは小学生向け学習教材「免疫のひみつ」を学研プラスと共同制作したと発表した。全国の小学校や図書館などに寄贈する他、ネットで無料公開する(2021/10/12)

人工知能ニュース:
経年劣化にも対応する「リアルタイム学習AI-PID制御」、エイシングが特許取得
エイシングは、PID制御を飛躍的に高度化できる「リアルタイム学習AI-PID制御」に関する特許を取得したと発表した。PID制御にAIアルゴリズムに基づく予測器を組み合わせる「AI-PID制御」に対して、制御対象の経年劣化などによって起こり得るAIアルゴリズムの予測精度低下を防ぐための追加学習を行える仕組みが特許取得の対象となる。(2021/10/12)

「さくらのクラウド」に「NVIDIA V100」搭載サーバを使える新プラン 1時間481円から
さくらインターネットが、IaaS「さくらのクラウド」の新プランとして、GPU「NVIDIA V100」を搭載した仮想サーバを1時間単位で利用できる「さくらのクラウド 高火力プラン」の提供を始めた。短期間に高いパフォーマンスの計算資源が必要な機械学習などで利用を見込む。(2021/10/8)

Innovative Tech:
ペラペラ曲がる紙に合わせて映像合成 NVIDIAなどが技術開発
動画内の画像を別の画像や映像に変換できるオプティカルフロー推定のための深層学習フレームワーク。(2021/10/8)

成果につながる学びとナレッジ共有で全社のDX提案力を底上げ
VUCA時代に必須なDX「提案力」を伸ばす教育、チームで学び合う「土壌」の作り方
営業担当者の提案力を高めるには、商材に対する理解を深めることと常に学び続けることが重要だ。だが業務の合間に学習や訓練のための時間を確保するのは難しい。不確実かつ曖昧なVUCAの時代に、効率的に営業のレベルアップを図る方法とは。(2021/10/14)

AWSチートシート:
機械学習を簡単に試したい人向け、「Amazon Lookout for Vision」で画像データを使った学習、ラベル付け、精度向上の手順
AWS活用における便利な小技を簡潔に紹介する連載「AWSチートシート」。今回は、「Amazon Lookout for Vision」を使って、画像で簡単に異常検知を行う方法を紹介する。(2021/10/7)

実在しない顔の画像3000点を無償配布、AI学習用データセットに 法人向け・商用利用可
AI活用のコンサルティング事業を手掛けるAPTOなど2社が、AIの学習データとして利用できる、実在しない男女の顔写真3000枚の無償配布を始めた。法人を対象に11月30日までの期間限定で提供し、商用利用も認める。(2021/10/6)

AIりんなの兄「りんお」、ゴリラになって再登場 4年ぶりに復活した目的は?
元女子高生AI「りんな」の兄「りんお」がTwitterアカウントとして4年半ぶりに復活。Twitterの返信を学習して変化するAIとして、当初はイケメンのようなアイコン・口調で投稿していたが、10月5日時点ではなぜか口調もアイコンもゴリラになっている。(2021/10/6)

大学が企業向けIT製品を教える訳【前編】
UiPath、Power BI、Tableauを講義で勉強――大学が「RPA」「BI」を教える理由
カリフォルニア州立大学フラトン校が、会計学の講義の一つとして「RPA」ツールや「BI」ツールを扱う講義を開講した。これらのツールの使い方を実践的に教える講義は、大学や学生にどのような効果をもたらすのか。(2021/10/6)

「Ghost of Tsushima」で学ぶ元寇 福岡市の図書館、歴史学習にゲーム活用
福岡市総合図書館が、元寇をテーマにしたゲーム「Ghost of Tsushima」を活用した歴史学習の講演会を開催する。講師は九州大学の服部英雄名誉教授が担当。プレイ映像などを見ながらゲームに登場する武器や戦闘の歴史的背景などを解説するという。(2021/10/4)

自動運転車用モデルのトレーニングを進化:
最大362TFLOPSの「D1」チップなど、Tesla AI Dayハイライト
Teslaが2021年8月半ばに開催した「AI Day」では、自動車用チップの他、機械学習(ML)/ニューラルネットワーク(NN)トレーニング向けシステムとソフトウェアが紹介された。それらを共に用いることで、自動運転車用モデルのトレーニングが進化するという。(2021/10/4)

WebエンジニアからみたRust(1):
なぜわざわざ学習コストを払ってまでRustを採用するのか? Webエンジニア目線でRustを考察
Web開発者としての興味、関心に基づきRustを端的に紹介し、その強みや弱みについて理解を深める本連載。第1回では、Rustを採用するモチベーションとは何かを整理、考察します。(2021/9/30)

小学校のプログラミング教育をサポート「LINE entry」 動画教材を無償で公開
 LINEみらい財団は9月28日、小学校におけるプログラミング教育実施のサポートのため、無償のプログラミング学習プラットフォーム「LINE entry」において動画教材を新たに開発し、無償で公開したと発表した。(2021/9/29)

壁掛けもOK:
Amazonが「Echo Show 15」を発表 15.6型フルHD液晶搭載で2万9980円 米国では2021年後半に発売
Amazonが、スマートディスプレイ「Echo Showシリーズ」に15.6型モデルを投入する。より高速化した機械学習プロセッサを活用して、音声に加えて映像でもオンデバイス処理で個人認識が可能となり、個々人に最適化されたウィジェットやコンテンツを自動表示できるようになった。(2021/9/29)

マイクロラーニングを成功に導くヒント【後編】
「マイクロラーニング」はゲーミフィケーション、AI、モバイルでどう進化するか
マイクロラーニングは学習時間を短くすることで、研修の取り組みやすさや特定トピックの覚えやすさを高めている。L&D部門の取り組み方によっては効果をさらに高めることができる。その方法は。(2021/9/29)

コロナ禍でCGを勉強した人の成長度がエグい 15カ月前は「板」が精一杯→今やCMに使えそうなiPhoneを1日で作成
継続は力なり。(2021/9/24)

米Alif Semiconductor:
AI対応IoT向けフュージョンプロセッサを発表
米国のAlif Semiconductorは、これまでステルスモードで開発を進めていたスケーラブルなフュージョンプロセッサファミリーを発表した。MPUやMCU、人工知能(AI)および機械学習(ML)に加え、セルラー接続やセキュリティを単一デバイスに統合したもので、人工知能(AI)を用いたIoT(モノのインターネット)市場をターゲットとしている。(2021/9/27)

文鳥さんとの運命の出会いは突然に! おうちに迎えるために猛勉強する女性を描いた漫画があたたかい
優しい世界。(2021/9/24)

日本財団、AI使った手話学習ゲーム「手話タウン」を正式リリース Googleや関西学院大と協力
日本財団が、画像認識AIで手話を判別する「手話認識技術」を活用した、手話を学べるオンラインゲーム「手話タウン」を正式リリースした。ゲーム型の教材を提供することで、手話のさらなる普及促進を目指すとしている。(2021/9/22)

14時間分の機械学習教材も GMOペパボ、エンジニアの研修資料を公開
GMOペパボが、新人エンジニアの研修資料を今年も無償公開。今年は機械学習教材を一新した。(2021/9/22)

サプライチェーン改革:
機械学習で新商品にも対応したサプライチェーン需要予測ソリューション
PwCコンサルティングは2021年9月16日、サプライチェーンの計画業務向け需要予測ソリューション「Multidimensional Demand Forecasting」の利用開始を発表した。従来手法では困難だった新商品やリニューアル品などの需要予測を、機械学習アルゴリズムで可能にする。(2021/9/21)

浅草東武ホテルに「ホンモノ」を設置した運転シミュレータールーム登場 東上線の運転士訓練用をそのまま移設
うわぁぁぁ! これはガチで本気のやつだぁぁ……!!(2021/9/16)

eスポーツ選手の癖をあぶり出すAI、KADOKAWA子会社が開発へ プレー映像から分析
KADOKAWA子会社が、eスポーツチームのゲームプレイ映像から選手の癖や特徴を評価する機械学習モデルを開発する。指導や戦術の立案に生かし、チームのパフォーマンス向上を目指す。AWSの専門チームが技術支援をする。(2021/9/15)

デジタル参考書200冊以上を月額980円で読み放題に 学習管理のスタディプラスが新サービス
学習管理サービス「Studyplus」を手掛けるスタディプラスが、学習参考書などの電子書籍サービス「Studyplusブック」を2022年1月に提供する。月額980円で参考書200冊以上が読み放題になるサービスなどを用意する。(2021/9/15)

第9世代の「iPad」登場 A13 Bionic搭載、インカメラはセンターフレームに対応
Appleが第9世代の「iPad」を発表した。プロセッサはA13 Bionicを搭載しており、先代のA12 Bionicからパフォーマンスが2倍向上した。インカメラは機械学習を活用したセンターフレームに対応する。(2021/9/15)

「指輪物語」のエルフ語を翻訳するAI登場 これで中つ国からコンタクトがあっても大丈夫(?)
シンダール語のみ対応。クウェンヤへの対応は学習データセットの集まり次第だそうです。(2021/9/15)

「不正取引の手口が巧妙化し、審査の負担が増えている」:
「根拠を説明するAI」でインサイダー取引の審査を効率化 SBI証券とNEC
SBI証券はNECと共同で、インサイダー取引の審査業務にAIを導入する。2022年度に運用を開始する。「異種混合学習技術」を活用してAIモデルを構築し、SBI証券のインサイダー取引に関する取引データや重要事実データなどを学習させた。(2021/9/15)

“エルフ語”対応のAI翻訳サービス 「指輪物語」パロディーだけではなかった本当の目的
AI翻訳サービスを手掛けるオルツは、音声翻訳サービス「AI翻訳」が“エルフ語”に対応したと発表した。日本語を「指輪物語」シリーズに登場するエルフ(妖精)の言語に翻訳できる。ジョーク機能だが、独自の機械学習モデルを開発する研究の一環として作成したという。(2021/9/14)

僕たちのKaggle挑戦記:
「無料のKaggle公式講座×コンペ初参戦」で機械学習を始めよう
Kaggle公式講座の内容がなかなか良かったです。これに沿って、Titanicコンペを卒業して、住宅価格コンペに参戦することで、自分自身の機械学習実践スキルの成長が実感できました。その体験を共有します。(2021/9/13)

AWS、機械学習でサッカーのシュート効率やパスの動きを可視化 独リーグが採用
米Amazon Web Servicesが、機械学習で可視化したサッカーのシュート効率やパスの動きに関するデータを、独リーグ「ブンデスリーガ」の2021-2022シーズンの試合放送に提供する。(2021/9/10)

ルンバ新モデルにペットのフンを避ける機能 フンを床に広げてしまう悲劇を回避
フンの模型を使ってアルゴリズムを訓練。(2021/9/10)

ドワンゴ、量子コンピュータの入門講座を無料配信 「高校生でも取り組める形に」
ドワンゴが、量子コンピュータによる計算の仕組みを学べる講座を、オンライン学習アプリ「N予備校」で無料配信する。9月15日から12月8日にかけて全12回を生配信。見逃した場合もアーカイブを視聴できる。「量子コンピュータの入門的な部分を、高校生でも取り組める形で提供する」(N高)としている。(2021/9/9)

速度を犠牲にせず、ポータビリティーが向上する:
Microsoft、WebブラウザでMLモデルを実行できる「ONNX Runtime Web」を公開
Microsoftはあらゆる機械学習(ML)モデルを実行できる「ONNX Runtime Web」を公開した。オープンソース推論エンジン「ONNX Runtime」の新機能だ。JavaScript開発者はMLモデルをWebブラウザで実行、デプロイできる。(2021/9/8)

人工知能ニュース:
Pepperに新AIエンジンを搭載、少しの追加学習で会話機能が向上
rinnaの法人向けAIチャットbot開発プラットフォーム「Rinna Character Platform」の最新版が、ソフトバンクロボティクスの人型ロボット「Pepper」に採用された。少量の追加学習でPepperの会話機能が向上する。(2021/9/8)

【育児あるある】疑問があると「調べてみよっか」と図鑑を出す親に「俺を学習させようとしている」と気付き絶対に調べない反骨精神あふれる子ども
その能力に長けていたがゆえに……。(2021/9/7)

凸版印刷がイヤフォン型の脳波計測デバイス 集中状態を可視化 オフィスや教育での活用見込む
凸版印刷が、イヤフォン型の脳波計測デバイス「b-tone」を8日から販売すると発表した。専用アプリを通して装着者の集中状態を可視化でき、仕事の生産性や学習効率の向上に役立てられるという。教育やスポーツの現場、オフィスなどでの活用を見込む。(2021/9/7)

65歳以上にスマホを無料貸し出し 渋谷区とKDDIが実証事業
渋谷区とKDDIは、65歳以上でスマートフォンを保有していない約1700人へ無料で貸し出す実証事業を開始。勉強会など利用促進に向けた継続的なサポートを行い、デジタルデバイド解消を目指す。(2021/9/6)

電子ブックレット(組み込み開発):
スパコンのAI性能が10倍に/教師なし学習で高精度の画像分類AI
MONOistやEE Times Japanに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は2021年4〜6月に公開した人工知能関係のニュースをまとめた「人工知能ニュースまとめ(2021年4〜6月)」をお送りする。(2021/9/6)

コロナ禍対応「ノベルゲーム」な会社案内が登場 ゲーム内で代表取締役とも遭遇するドキドキ仕様
仕事体験でのクイズが普通に勉強になる。(2021/9/6)

CAEニュース:
最適化アプローチを自動で実行する、最適設計支援ソフトウェアの最新版
サイバネットシステムは、最適設計支援ソフトウェア「Optimus」の最新版「Optimus 2021.1SP1」の提供を開始した。最適化アプローチを学習して自動で実行する機能など、初心者でも容易に高精度設計ができる機能が追加されている。(2021/9/3)

人工知能ニュース:
機械学習プラットフォーム市場が大幅成長、AI主要8市場の調査レポート公開
ITコンサルティングを手掛けるアイ・ティ・アールは2021年8月26日、AI関連領域の主要8市場について、市場規模推移や予測結果を発表した。(2021/9/2)

競争力を高める「スキルアップ」と「リスキリング」【第1回】
「スキルアップ」「リスキリング」の違いは? スキルギャップを埋める人材開発手法
ビジネスの競争力を維持し、ポジティブな従業員エクスペリエンスを提供するには、継続的な成長を重視する学習文化を構築する必要がある。その手段となり得る人材開発手法「スキルアップ」と「リスキリング」とは。(2021/9/2)

公立小中学校の「学習用端末」の普及率は? 持ち帰れる? OSは何が優勢? 文科省が実態調査の結果(速報値)を公表
文部科学省が、2021年7月末時点における「GIGAスクール構想の実現に向けた端末の利活用等に関する状況」の速報値を公表した。GIGAスクール構想が目指す「1人1台端末」を実現できている自治体は全体の96.1%に達しているが、約1%の自治体は2021年度内の達成が困難な見通しだという。(2021/9/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。