ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「学習」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「学習」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

Aimerのプロデューサーが手掛ける「ヒット曲を学習した作曲AI」 人気曲のどんな部分を学んでる?
アーティスト・Aimerのプロデューサーが監修するAI作曲アプリ「FIMMIGRM」。搭載しているAIは膨大な数のヒット曲の特徴を学習しているという。AIは一体、人気曲のどんな部分を学習しているのか。(2021/4/14)

荒木飛呂彦さんが描いた聖徳太子のトートバッグ、集英社「日本の歴史」全巻購入特典に 6月発売
集英社は学習まんが「日本の歴史」のコンパクト版を6月15日に発売する。全巻購入特典として荒木飛呂彦さんによる厩戸皇子(聖徳太子)のイラストが入ったトートバッグをプレゼント。(2021/4/13)

人工知能ニュース:
自動並列化深層学習ミドルウェアを開発、オープンソースとして公開
情報通信研究機構と東京大学は、自動並列化深層学習ミドルウェア「RaNNC」を開発し、オープンソースとして公開を開始した。「GitHub」にソースコードを公開しており、商用目的を含めて無償で利用できる。(2021/4/13)

半径300メートルのIT:
新たなマルウェアはあなたの“心理”に働きかける 巧妙化する手口を学ぼう
メールを媒介にしたマルウェアと言えば「Emotet」が有名ですが、近年新たなマルウェアの手法が注目を集めています。Emotetと架空請求詐欺を足したようなこの手法をしっかりと学習して対策を講じましょう。(2021/4/13)

AI・機械学習の独学リソース:
AI/機械学習の認定資格ガイド(主要テクノロジー別)
AI/機械学習エンジニア向けの認定資格にはどのようなものがあるのか。TensorFlow/PyTorch/GCP/AWS/Azure/IBM/NVIDIA Jetson AIといったテクノロジーに関する認定資格について紹介する。(2021/4/12)

作って試そう! ディープラーニング工作室:
[文章生成]パープレキシティーとドロップアウトにより、よりよい文章生成を目指してみよう
パープレキシティーと呼ばれる指標を用いて、どのくらいの精度で文を生成できるかを確認した後、ドロップアウトと呼ばれる手法で過学習状態を回避してみましょう。(2021/4/9)

rinna、日本語に特化した「GPT-2」の言語モデルをオープンソース化 学習済みモデルも公開
rinnaが、日本語に特化した「GPT-2」の言語モデルをオープンソース化。開発に向けた実験のために構築したもので、「GitHub」や「HuggingFace」で公開している。(2021/4/8)

「第三者検証に関するアンケート調査」:
テストや品質保証技術を学びたい人は多いが、社内の体制が追い付いていない バルテスが調査結果を発表
バルテスは、「第三者検証に関するアンケート調査」の結果を発表した。テストや品質保証技術についての学習意欲は高いものの、品質保証専門スタッフの育成に力を入れている企業は少なかった。(2021/4/8)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
コンテナや機械学習でデータの価値を最大化、次世代ストレージの実力とは?
データ駆動型ビジネスの浸透に伴い、ストレージに求められる要件は、運用の簡素化、俊敏性の向上、データの価値発揮など、いっそう高度化している。その中で注目されるのが、マイクロサービスや機械学習を採用した次世代アプライアンスだ。(2021/4/8)

Intelが「第3世代Xeonスケーラブルプロセッサ(Ice Lake)」を発表 最大40コアで処理能力を向上
Intelが、Ice Lakeアーキテクチャに基づく第3世代Xeonスケーラブルプロセッサを発表した。クロック当たりの処理性能を向上し、機械学習ベースのAI処理も高速化している。なお、既存のCooper Lakeアーキテクチャの製品は継続販売(併売)される。(2021/4/7)

組み込み開発 インタビュー:
エッジAIの可能性を広げる「MST」、なぜCortex-M0+マイコンでも動くのか
エッジAIスタートアップのエイシングは、マイコンを使って、AIによる推論実行だけでなく学習も行えるアルゴリズム「MST」を開発した。ローエンドの「Cortex-M0+」を搭載するマイコンでも動作するMSTだが、より多くのメモリ容量が求められるランダムフォレストと同等の精度が得られるという。開発の背景を同社 社長の出澤純一氏に聞いた。(2021/4/6)

失敗例に学ぶ優れたUI(終):
しつこいポップアップ、早過ぎるサインイン要求はNG――主導権をユーザーに渡し「愛されるUI」になるデザインとは?
デザインを専門的に勉強したわけではないけれど、Webデザインも手掛けるエンジニアに向けて「よく見る」失敗例から改善案を提案する本連載。最終回となる今回は「ユーザーの行動を操ろうとし、目的地へたどり着かせない」UIと、それに対する解決案を解説します。(2021/4/6)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
コンテナや機械学習でデータ活用はどう変わる? 次世代型ストレージ基盤の実力
データの複雑性と規模の増大により、ストレージシステムには、信頼性やコスト効率、データ削減など、多様かつ高度な要件が求められるようになった。その中で注目される、コンテナや機械学習を採用した、次世代型のストレージ基盤とは?(2021/4/8)

産業用ロボット:
専門知識なしでロボットをAIで模倣学習、デンソーウェーブが出荷開始
デンソーウェーブは2021年4月1日、デンソーロボットをAI(人工知能)でリアルタイムに制御する汎用ソフトウェア「AI模倣学習」の出荷を開始した。(2021/4/5)

要約する条件を5種類から選択できる:
「長文を要約するAI」、朝日新聞社がAPIとして公開
朝日新聞社は長い文章を要約するAIを開発した。過去30年分の朝日新聞記事のデータなどをディープラーニングによって学習させた。文字数や割合を指定して、長い文章を入力すると、要約文を得られる。AIの機能をAPIとして公開しており、評価用途に限って無償で利用できる。(2021/4/5)

5分で分かるシリーズ:
5分で分かる機械学習(ML)
機械学習をビジネスで活用したい人に向け、最新技術情報に基づき、機械学習の概要、統計学との違い、機械学習の作業フローと学習方法、回帰/分類/クラスタリング/次元削減に使える手法、次の一歩を踏み出すための参考情報を、5分で読めるコンパクトな内容で紹介する。(2021/4/5)

「期待をお掛けします」「勉強する姿勢と執念とユーモア」 工事中にしか見えない重機レンタル会社の入社式看板がユニークすぎて二度見する
工事中かと思ったら……?(2021/4/2)

Microsoftが米軍と開発する「統合視覚増強システム(IVAS)」とは? HoloLensやMicrosoft Azureの使われ方
Microsoftと米国陸軍が進めてきた統合視覚増強システム(IVAS:Integrated Visual Augmentation System)の開発が、開発段階を抜けて製造の段階へ向かおうとしているようだ。Microsoft HoloLensやMicrosoft Azureなどの技術を活用して開発されたヘッドマウントディスプレイ形式の戦闘支援システムで、兵士に対してさまざまな情報に基づく支援ができるとされている。拡張現実と機械学習を使った複合現実によるトレーニングも可能だという。(2021/4/1)

組み込み開発ニュース:
「Armv9」は「富岳」の技術で性能向上、「レルム」コンセプトでよりセキュアに
Armが最新アーキテクチャとなる「Armv9」を発表。日本のスーパーコンピュータ「富岳」向けに追加した拡張機能「SVE」をベースに開発した「SVE2」により機械学習やデジタル信号処理(DSP)の性能を大幅に向上するとともに、よりセキュアなコンピューティングを実現する「Arm Confidential Compute Architecture(CCA)」を導入するなどしている。(2021/3/31)

最古の仏教経典「スッタニパータ」を機械学習:
悩みや課題に対して仏教的観点から回答するAI「ブッダボット」を開発 京都大学
京都大学の熊谷誠慈氏らの研究グループは、現代人の悩みや社会課題に対して仏教的観点から回答するAI「ブッダボット」を開発した。Googleの自然言語処理モデル「BERT」を活用し、最古の仏教経典「スッタニパータ」を機械学習した。(2021/3/30)

車両や路線の異常を即時に配信:
5Gと深層学習を活用、鉄道インフラを遠隔監視
中央復建コンサルタンツとNTTドコモ、京浜急行電鉄および、横須賀市の4者は、5Gと高速AIディープラーニングを活用して、遠隔地から鉄道インフラをリアルタイムに自動監視する実証試験に成功した。(2021/3/30)

Innovative Tech:
好きな視点と照明でリアルな合成画像 Googleなど「Neural Light Transport」開発
リライティングと多視点合成を同時に行える深層学習フレームワーク。(2021/3/26)

Innovative Tech:
身体の一部しか見えていなくても、全身を3Dモデル化 機械学習で
人物の3Dメッシュを生成するための新しい手法。(2021/3/26)

作って試そう! ディープラーニング工作室:
[文章生成]PyTorchのRNNクラスを使って文章を生成してみよう
RNNを組み込んだニューラルネットワークを定義して、そこに分かち書きされたテキストから作成したデータを入力して学習を行い、文章がうまく生成されるかを見てみます。(2021/3/26)

選択肢は「目視検査」以外にもある!:
PR:半導体検査をより低コストに、高精度に――鍵は「深層学習採用のマシンビジョン」
半導体などの部品や基板の検査にも使われるマシンビジョン。マシンビジョンに深層学習を採用することで、従来のルールベースのマシンビジョンが苦手な“イレギュラーな欠陥”を検出できるようになる。深層学習採用のマシンビジョンは、検査の低コスト化のみならず、製造の最適化にも貢献する。(2021/3/29)

Innovative Tech:
単眼カメラの映像から人物の3Dモデル(衣服込み)をリアルタイム生成 深層学習で
深度センサーなしで背面の衣服のテクスチャも推定し、高精度の3Dモデルを作成できる。(2021/3/23)

Innovative Tech:
Ubisoft、ゲームキャラを自然に動かせる低コストな深層学習モデルを開発
ゲーム制作のコスト引き下げに効果のあるアニメーション手法。(2021/3/23)

Innovative Tech:
機械学習でミツバチに学ぶドローン 障害物回避しスムーズに着地
ミツバチが花にスムーズに着地できる仕組みをドローンに組み込む。(2021/3/21)

Innovative Tech:
顔から感情をリアルタイムで読み取り分類 深層学習技術で
感情をカテゴライズと連続の両方で予測する技術。(2021/3/20)

Innovative Tech:
「知恵の輪」攻略法、深層学習で自動計算 米研究チームが開発
深層学習の知恵で、知恵の輪を攻略。基本は同じ。(2021/3/19)

「体験型サービス」で脅威を理解:
PR:スパム、フィッシング、BEC メール経由の脅威に対抗する従業員のリテラシー向上策とは
テレワークによってメール運用が個人に任されている今、重要性を増すサービスが標的型メール訓練だ。マルウェアスパムやフィッシング詐欺、ビジネスメール詐欺などのリスクが取り沙汰される中、従業員のセキュリティリテラシーを高めるために必要なことは何か。(2021/3/19)

Innovative Tech:
白黒スクリーントーンを使った漫画をカラーに自動変換 深層学習で
モノクロ原稿で使われるスクリーントーン。カラー化はやっかいな作業だが、それを自動化する。(2021/3/18)

専門家がいない環境でも手根管症候群をスクリーニング可能:
スマホゲームで「手の疾患の有無」を推定する方法を開発 慶應大学の杉浦准教授ら
東京医科歯科大学の藤田浩二講師と慶應義塾大学の杉浦裕太准教授の研究グループは、ゲームを操作する親指の軌跡を機械学習によって解析することで、手根管症候群を簡便にスクリーニングする方法を開発した。(2021/3/18)

AI・機械学習の独学リソース:
機械学習/ディープラーニングの「数学」が学べるオススメ本
機械学習やディープラーニングに必要な数学項目をピックアップし、そういった項目を教科書的〜実践的にカバーしているオススメの「数学」本を紹介する。また中学〜大学までの数学全体を学び直したい人向けの本も紹介。(2021/3/18)

消費電力が1000分の1以下になるかも:
PR:意外と簡単に使える! 究極のエッジコンピューティングデバイス「機械学習コア内蔵MEMSセンサー」活用法
IoTセンサー端末の消費電力を大幅に低減できる「機械学習コア内蔵MEMSセンサー」をご存じだろうか。文字通り、機械学習を行う回路を組み込んだMEMSセンサーであり、マイコンやプロセッサを介さずに、センサー自ら状態を判断できるデバイスだ。この次世代型センサーとも呼べる機械学習コア内蔵MEMSセンサーの使い方などを詳しく紹介していこう。(2021/3/22)

ハワイ在住歴6年の吉川ひなの「いまさらだけど英語の勉強を始めました」 子どもたちは既にバイリンガル
過去には「100万回挫折済み」。(2021/3/17)

『鬼滅の刃』日輪刀を鉛筆&キャップで再現 勉強に全集中できそうな文具セットが4月発売
悪鬼滅殺!(2021/3/16)

Pose Detection API β版も機能強化:
Google、モバイルアプリ開発で視覚処理などの機械学習を利用しやすい「ML Kit」をリリース
Googleは機械学習に対応したモバイルSDK「ML Kit」の一般提供を開始した。合わせてSelfie Segmentation API β版のML Kitへの追加と、ML Kitに含まれるPose Detection API β版の機能強化も発表した。モバイルアプリケーション開発者が視覚処理と自然言語処理に関する機械学習を利用しやすくなる。(2021/3/16)

コロナで出席停止、学びはオンラインで保障 GIGAスクール構想で
小中学生が新型コロナウイルスに感染したり濃厚接触者になったりした場合、一定期間の出席停止が必要だ。学習の遅れを防ごうとオンライン授業を行う学校が増えてきた。GIGAスクール構想で1人1台の学習用端末が配備される見通しで、遠隔授業はより身近になってきた。(2021/3/16)

人手不足は機械学習を活用した“自動化”“効率化”で解決を:
PR:「2025年の崖」を超えるためのファーストステップはツールによる開発効率の向上――テスト業務効率化の秘策とは
DXに取り組まなければ今後の企業成長は困難。しかし、人手不足も相まって現行システムのメンテナンスで手がいっぱい――そんな課題に直面している企業は少なくないはずです。解決の鍵は、AI/機械学習を活用した支援ツールを取り入れることで、“人手”を減らすことにあります。(2021/3/16)

シャープ、アクオスの「AIレコメンド」終了 「キーワード登録の方が使われた」
シャープは、薄型テレビ「AQUOS」向けのクラウドサービス「COCORO VISION」をリニューアルする。AI(人工知能)が利用者の視聴履歴などを学習してコンテンツを紹介する“AIレコメンド”は終了する。(2021/3/15)

プロジェクト:
三井不動産がビル管理研修施設を開設、屋内で実際の火を使用する消火体験が可能
三井不動産は、所属するビル管理者の育成や専門知識の習得を目的に、体験形式で、さまざまな施設設備の操作方法や緊急時の対処を学べる研修施設「三井不動産 総合技術アカデミー」を開設した。施設内では、実際の粉末消火器を用いた放出訓練と実際の火を使用する消火体験も屋内で行える。(2021/3/15)

Innovative Tech:
医療探知犬の嗅覚を真似した機械学習装置 前立腺がんを同じ精度で検出
訓練された犬と同程度の精度を実現した。(2021/3/12)

Innovative Tech:
転んでも段差を踏み外しても颯爽と立ち上がる、4足歩行ロボット 深層学習で運動スキル習得
厳しい環境でも走破性能が高いロボットが開発された。(2021/3/12)

Innovative Tech:
コメディー作品の“笑いどころ”を機械学習で予測 「ビッグバン・セオリー」でユーモア学ぶ
シットコムが簡単に作れてしまうかもしれないし、ぜんぜん笑ってくれないかもしれない。(2021/3/12)

Innovative Tech:
カムフラージュ画像を深層学習で自動生成する「Deep Camouflage Images」
だまし絵を簡単に作成できるツール。(2021/3/11)

コクヨ、のり面が四角で角まできれいに塗れる「カクノリ」を発売 小学生のプリント学習に最適な液体&スティックのり
ありそうでなかった!(2021/3/24)

産業動向:
三菱地所が大手町でコロナ対策を取り入れた帰宅困難者受け入れ訓練を実施
三菱地所は、ソーシャルディタンスを保ちながら1000人弱の帰宅困難者を受け入れできる大手町パークビルディングで、新型コロナウイルス感染症陽性疑いの体調不良者2人を含む帰宅困難者23人の受け入れを想定した訓練を行った。(2021/3/11)

失敗例に学ぶ優れたUI(2):
「操作が難解」「ミスを誘引する」事例から学ぶUIデザイン改善方法――「何ができるのか」が伝わるデザインとは?
デザインを専門的に勉強したわけではないけれど、Webデザインも手掛けるエンジニアに向けて「よく見る」失敗例から改善案を提案する本連載。第2回はさまざまな人に伝わるデザインとは何かを解説します。(2021/3/11)

ネガティブな声も:
「オンライン中心の生活、自分に合っている」大学生の42.7%
新型コロナの感染拡大を受けて、多くの大学でオンライン授業が導入されたが、PCを使って勉強することに学生はどのように感じているのだろうか。現役の学生に聞いたところ……。(2021/3/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。