ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「学習」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「学習」に関する情報が集まったページです。

こ、これは! 数学や歴史をAIで“悪魔”にしたら……? 驚愕の姿に「見た目が怖い」「もう勉強しない」と戦々恐々【海外】
勉強むずかしい……。(2024/6/25)

PR:AIで競争力を高めたい企業が「インテル Gaudi 3 AI アクセラレーター」の導入を検討すべき理由とは?
インテルが投入するAI(人工知能)の学習/推論処理に特化した「インテル Gaudi AI アクセラレーター」が、第3世代に生まれ変わる。その特徴をチェックしていこう。(2024/6/21)

イチから分かる! 楽しく学ぶ経済の話(9):
企業が黒字になった分だけ家計の黒字が減る? 「資金過不足」の推移で確かめる
勉強した方がトクなのは分かるけど、なんだか難しそうでつい敬遠してしまう「経済」の話。モノづくりに関わる人が知っておきたい経済の仕組みについて、小川さん、古川さんと一緒にやさしく、詳しく学んでいきましょう!(2024/6/24)

プロも認める“酷暑に負けない強い宿根草”に「参考になる」の声続々! 夏の心配を吹き飛ばすアドバイスが必見の価値
勉強になる!(2024/6/22)

リアルすぎる! 京都市消防局が再現実施した水災害対応訓練の様子に「臨場感すごい」
大変な訓練だ……。(2024/6/22)

「超かっこいい」 “闇堕ち”風に塗装した「HGマイティーストライクフリーダムガンダム」に称賛 「勉強になります」
「闇に落ちろ、キラ・ヤマト!」のイメージで。(2024/6/23)

スマホ充電レンタル、便利なのに大半の人が知らないワケ 「ChargeSPOT」の認知度向上に必要なこと
モバイルバッテリーシェアリングサービス「ChargeSPOT」を手掛けるINFORICH。6月20日にメディア向けの勉強会を開催し、市場の概況などを説明した。そこで見えた課題とは……(2024/6/21)

現社長の“AIクローン”が事業承継へ 堺の建設会社が挑戦中 「死んだ後も知見を残せるようにしたい」
堺市の建設会社、進和建設工業は生成AIを使ったデジタルクローンで日本初の事業承継に挑むと発表した。6月21日、現社長が退いて会長に就任し、副社長が新社長に昇格するが、あわせて現社長のデータを学習させたAIクローンを試験導入する。(2024/6/20)

私の本棚:
勉強していること、積んでいく安心感……本棚から見えるあれこれ
あるアイデアから「本棚を見せてください」と呼びかけ、本棚の写真をメールで募集しました。写真を送ってくださった方々、ありがとうございました!(2024/6/20)

セキュリティニュースアラート:
東芝グループの「経営層を巻き込んだセキュリティ施策」とは?
東芝は2023年度のサイバーセキュリティ報告書を発行した。この報告書はアタックサーフェスの管理や脆弱性対応の強化、経営層向けのメール訓練など、サイバーレジリエンスを強化する取り組みについて記載している。(2024/6/20)

吹田市消防隊員のロープブリッジ救出訓練が驚愕の1980万再生 「ソニックスパイダーマンを目撃した」「これは凄すぎて……」と世界中から反響
日々の努力が見て取れる。(2024/6/19)

Google、高精度天気予報「ナウキャスト」日本で提供 ウェザーニューズのデータで学習したAI採用
Googleは、最新AIモデル「MetNet-3」採用の高精度気象予報システム「Googleナウキャスト」を日本で7月から提供すると発表した。ウェザーニューズの数年分の観測データをAIの学習に使い、5分刻みの降雨予測も示す。(2024/6/19)

“NEXT GIGA”のスペック更新で各社が学習用端末をアップデート──「NEW EDUCATION EXPO 2024」レポート
6月6日〜8日にかけてTFTビル(東京・有明)で開催された「NEW EDUCATION EXPO 2024」。GIGAスクール構想第2フェーズに向けて更新された要件を満たす学習用端末のほか、校務用端末などさまざまなものが展示されていた。ここではハードウェアに焦点を絞って紹介する。(2024/6/19)

材料技術:
誤差やばらつきをAIが補正する高精度インクジェット製造技術を開発
エレファンテックは、個別の誤差やばらつきをAIが学習して補正する高精度インクジェット製造技術「NeuralJet」を開発した。2025年4月から、同技術を用いたプリント基板の量産を開始する。(2024/6/14)

AWSと共に生まれたストレージ「S3」【前編】
「Amazon S3」は“2006年の誕生”からどう進化した? AI時代の新たな動向
AWSの「Amazon Simple Storage Service」(Amazon S3)は2006年にサービスを提供開始して以来、進化を続けている。昨今は機械学習などAI関連のアップデートが目立つ。どのような点が進化したのか。(2024/6/14)

英語学習、3人に1人が「うまくいかなかった」 効果的な学習に必要なものは?
ベンドが調査結果を発表した。(2024/6/13)

現場改善を定量化する分析手法とは(8):
見落としがちな物流分析で生産性を高めコストを低減する
工場の現場改善を定量化する科学的アプローチを可能にする手法を学習する本連載。第8回は、物流改善に着目し、「物流分析」「積載効率の分析」「物流コストの分析」について説明します。(2024/6/13)

@IT/Deep Insiderの歩き方:
初心者向け、データ分析・AI・機械学習の勉強方法 Deep Insiderで学ぼう
データ分析、AI/機械学習の実装、生成AIの活用(まとめてデータサイエンス)は、もはや多くの人に必要な知識となっています。これらの基礎はどうやって学べばよいのでしょうか? オススメの勉強方法を紹介します。(2024/6/13)

『ちいかわ』最新話、ちいかわとハチワレがくりまんじゅうを発見→勉強しているのかと思ったら…… “やっぱりな展開”に「久しぶりだね」
もろきゅうはいいぞ。(2024/6/12)

AIビジネスのプロ 三澤博士がチェック 今週の注目論文:
インストラクションデータを手作業で作る時代は終わった コスト削減につながる自動化法を解説
LLMの「忠実さ」を向上させるための学習で使う「インストラクションデータ」はこれまで人力で作られてきたが、この作業を自動生成するアルゴリズム「Evol-Instruct」が注目を集めている。ビジネス視点からメリットを解説します。(2024/6/12)

RHELとSLESの違い【中編】
「RHEL」対「SLES」 Linuxディストロの学びやすさや認定資格の違いとは?
「Red Hat Enterprise Linux」(RHEL)と「SUSE Linux Enterprise Server」(SLES)には、Linuxディストリビューションそのものだけではなく、周辺ツールやサービスにも違いがある。学習や認定資格から見た違いは。(2024/6/11)

エンタープライズアーキテクチャを理解する【後編】
「TOGAF」認定試験に合格するための“効果的な学習法”はこれだ
組織のITインフラを設計し、効率的に管理する際に役立つフレームワーク「TOGAF」。認証試験の概要と、効果的な学習方法を解説する。(2024/6/11)

CIO Dive:
「顧客データアクセス疑惑」のSlackがAIポリシーを微修正 AIの学習における顧客データの扱いは?
AIが日常的に使われるようになり、ユーザーは自身のデータがどのように取り扱われるのかますます敏感になっている。Slackはこうしたユーザーからの懸念を受け、プライバシーポリシーを更新した。(2024/6/17)

自社の製品画像を学習した生成AI環境構築 おもちゃのデザイン案、100倍に拡大 セガサミー
セガサミーホールディングスは、自社の製品画像を学習した画像生成AI環境を構築し、商品デザインに生かす実証実験で、デザイン案を従来の100倍に増やすことができたと発表した。(2024/6/7)

アーティストをAI学習から守るSNS「Cara」、ユーザー急増中
アーティストの作品を企業の生成AIトレーニングや盗作に利用されないように守ると謳うSNS「Cara」のユーザーが急増中だ。MetaやXは、ユーザーの投稿をAIのトレーニングに使っていると認めている。(2024/6/7)

キャリアアップ:
初任給9%アップやチーフ年収1.8倍増など待遇改善で、積水ハウスの社員工3.4倍採用
積水ハウス建設は、2024年4月入社の住宅建築を担う社員工「クラフター」として、前年の3.4倍にあたる134人を採用した。併せて2024年度から、自社訓練校の育成カリキュラム見直しや新たな人事評価制度の導入など、多能工人財の育成強化と待遇改善を図った。(2024/6/7)

COMPUTEX TAIPEI 2024:
自宅の自作ハイスペック環境でAI学習が可能に? GIGABYTEが「AI TOP」シリーズ製品群を一挙に投入 Intelの「新型CPU」対応マザーボードも
COMPUTEX TAIPEI 2024に合わせて、GIGABYTEが家庭での運用も可能なAIソリューション構想「AI TOP」を発表した。その他、ゲーミングマザーボードなどの新製品も発表したので、気になるポイントをチェックしていく。(2024/6/6)

Databricks、独自AI構築基盤を日本で提供 効率的な学習でコスト圧縮へ
データブリックス・ジャパンが大規模言語モデル(LLM)を構築するツール「Mosaic AI Training」の日本での提供を始めた。GPUの効率的な割り当てやエラー発生時の自動対応機能などで時間やコストの圧縮ができるとしている。(2024/6/5)

ビジネスパーソンのためのIT用語基礎解説:
業務効率化だけではない 「RPA」導入で期待できる効果とさまざまな課題
IT用語の基礎の基礎を、初学者や非エンジニアにも分かりやすく解説する本連載、第20回は「RPA」です。ITエンジニアの学習、エンジニアと協業する業務部門の仲間や経営層への解説にご活用ください。(2024/6/5)

ガーデナー必見、人工芝DIYを簡単にする“6つのコツ”が分かりやすい! 忘れがちなポイントや基本をチェック
勉強になる!(2024/6/4)

エンタープライズアーキテクチャを理解する【前編】
フレームワーク「TOGAF」は何の役に立つ? 学習メリットを解説
エンタープライズアーキテクチャのフレームワークであり、認証プログラムも存在する「TOGAF」。学習を通して得られるスキルやメリットを解説する。(2024/6/4)

日米韓、サイバー含む領域で新訓練「フリーダムエッジ」 防衛相会談、北朝鮮念頭に連携
木原稔防衛相は6月2日、訪問先のシンガポールで、米国のオースティン国防長官、韓国の申源?(シン・ウォンシク)国防相と3カ国による防衛相会談を行った。3氏はサイバーを含む複数領域に及ぶ新たな共同訓練を新設し、今夏に実施することで一致。核・ミサイル開発を進める北朝鮮を念頭に自衛隊と米韓軍の連携を強化する。(2024/6/3)

NVIDIA、難しいゲームでプレイをアシストしてくれるAI「Project G-Assist」
NVIDIAはPCゲームやアプリの操作を手助けするAIアシスタントプロジェクト「Project G-Assist」を発表した。RTXの機械学習性能を活用し、ゲームやアプリの状況を認識して適切なアドバイスを行う。(2024/6/3)

“土木×AI”で起きる建設現場のパラダイムシフト(25):
言語モデルはどのように言葉を学習しているのか? 転機となった「word2vec」【土木×AI第25回】
連載第25回は、目覚ましい進化を続ける生成AIの理解を深めるため、言語モデルに用いる“ニューラルネットワーク”が、どのように言葉を学習しているのかを土木学会の最新研究を引用しながら探ります。(2024/5/31)

なぜ日本の組織は「学び合わない」のか リスキリングを成功させる「コミュニティ・ラーニング」とは?
今、社員のリスキリングについて取り組む企業の中で、学び合い続ける組織をいかにつくれるかが重要課題として改めて議論されている。それぞれのキャリアに合わせて選択的・自律的な学習をいかに促進しても、多くの企業で「笛吹けども踊らず」状態が続いている。いくら研修プログラムの改定を続けても、学び続ける組織を開発できなくては、いつまでたっても一部の従業員のための施策にしかならない。(2024/5/31)

AIビジネスのプロ 三澤博士がチェック 今週の注目論文:
高性能な特化型生成AIを安く作る方法が登場 「進化的モデルマージ」の基礎論文を読む
生成AIの中でも特定の領域に特化した高性能モデルのニーズが高まっている。しかし、LLMは学習コストが高ことが問題だ。そこで注目されているのが、複数のモデルを組み合わせて新たなモデルを作る「モデルマージ」だ。生成AIを効率的に進化させられる。(2024/5/30)

AI:
ザハ・ハディドの特徴を捉えた住宅デザインをAIが生成 mignの画像生成サービス
mignは、生成AIで学習したデザインの特徴を踏まえた画像を生成する「stylus」の提供を開始した。数十枚以上の画像をアップロードすると、画像の特徴を解析し、そのデザインを踏まえたイメージが生成できる。(2024/5/29)

デザインの力:
生成AIで学習したデザインの特徴を踏まえて画像を生成するSaaSを発表
mignは、生成AIで学習したデザインの特徴を踏まえて画像を生成できるSaaS「stylus」を発表した。不動産や建設などの領域向けに、画像の特徴を数十枚の画像から解析して、そのデザインを踏まえて画像を生成する。(2024/5/29)

「人生2回目?」 YouTubeを見ていた赤ちゃん→しれっと読んでる“まさかの文書”がレベル高すぎ 「わろた」「これは天才」
もうお勉強を始めた。(2024/5/28)

「勉強している方がましだ」と思えたらシメタモノですわ:
お悩みその29 仕事で疲れて、勉強のやる気が湧かない(27歳 男性 SE)
アクセルとブレーキを同時にガン踏みするような行為はナーンセーンスですわね。(2024/6/3)

OpenAIにsakana.aiも:
有力AI企業が東京に拠点を設けるワケ 「日本は機械学習パラダイス」
OpenAIやsakana.aiなど、東京に拠点を設ける有力AI企業が増えている。著名AI研究者も「日本は機械学習パラダイス」と絶賛するほどだ。なぜ東京なのか、4つの理由がありそうだ。(2024/5/24)

Next GIGAで学習用端末のOSシェアが大きく変わる? PCメーカーやプラットフォーマーの動き【後編】
いわゆる「GIGAスクール構想」で導入された学習用端末が、2024年度から順次更新(リプレース)される。そこでプラットフォーマーや端末メーカーはいろいろな動きを見せている。その様子を見てみよう。【更新】(2024/5/23)

OpenAI、Wall Street Journalなどを擁するNews Corpともライセンス契約
OpenAIはメディアコングロマリットNews Corpとコンテンツ利用に関する複数年の契約を締結した。OpenAIはWall Street Journalなどの記事をユーザーへの回答とAIの学習に使えるようになる。(2024/5/23)

中国、インドネシア、タイで提供:
AIがパッケージデザインを数秒で評価するシステム インテージグループ会社がアジア3カ国で提供開始
パッケージデザイン開発のスピードアップとコストダウン、効率化と高度化を実現。調査結果をAIに学習させることで、各国の市場に即した消費者評価の予測が可能になる。(2024/5/22)

マテリアルズインフォマティクス:
日立ハイテクらが台湾の研究機関とMIの協創をスタート、最適な分析環境を提供
日立ハイテクと日立製作所は、台湾最大の産業技術研究開発機構である工業技術研究院(以下、ITRI)とともに、ITRIが運営するAI/機械学習プラットフォーム「MACSiMUM」と、日立グループのマテリアルズインフォマティクスソリューションを活用した協創を進めている。(2024/5/22)

切符を“間違えて”買っちゃったらどうすればいいのか 京王電鉄が公開した“豆知識”が750万再生「有用な情報」「勉強になる」
非公式みたいな公式のお役立ち情報。(2024/5/22)

デジタル庁「GIGAスクール 自治体ピッチ第2弾」から見えてきた、AppleのGIGAスクール対策とは
学習者用コンピュータ1人1台端末の整備・更新に当たり、デジタル庁が開催した「GIGAスクール 自治体ピッチ第2弾」。Apple製品を紹介した事業者の資料からは、GIGAスクール構想向けの販売価格や保証サービスなど、AppleのGIGAスクール対策がうかがえる。(2024/5/22)

ヤマダ、ロボット接客を導入へ 店員の接客スキルを学習した「接客AIサービス」開発に向け
ヤマダホールディングスは21日、ロボットスタートアップ・avatarinとの業務提携を発表した。遠隔操作ロボットを使った接客を行い、店員の接客スキルを学習した「接客AIサービス」の開発を目指す。(2024/5/21)

海自、練習艦「かしま」「しまかぜ」にStarlink導入 「職場環境を改善」
海上自衛隊が、練習艦「かしま」「しまかぜ」に米SpaceXの衛星ブロードバンドサービス「Starlink」の海上向けサービスを導入した。洋上のネット環境を向上し、遠洋航海訓練に参加する隊員の職場環境を改善するという。(2024/5/21)

開発者にお薦めのノウハウ【後編】
「知ったかぶりのエンジニア」にならないための学習方法はこれだ
理解力を高める学習方法として、「ファインマンテクニック」という手法がある。“知ったかぶり”にならないために、実践すべき正しい学習方法とは。(2024/5/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。