ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「学習」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「学習」に関する情報が集まったページです。

合理化が始まるのか?:
スタートアップがひしめくAIチップ市場の現状
AI(人工知能)チップ市場は現在、“深層学習が全て”という状態にある。深層学習は、実世界の中でAIアプリケーションを役立てるという機械学習の枠組みの中で、最も成功している分野である。(2020/8/13)

Innovative Tech:
「あの人、角を曲がった先でどんな格好してるだろう」を推定する技術 カーネギーメロン大学が開発
死角にある人の動きを強化学習で推定する技術が開発された。(2020/8/12)

AI・機械学習の用語辞典:
バーニーおじさんのルール(Uncle Bernie's rule)とは?
用語「バーニーおじさんのルール(Uncle Bernie's rule)」について説明。ニューラルネットワークの重みパラメーター数の10倍以上の訓練データが最低限必要であるとする経験則を指す。(2020/8/12)

オンライン交流、文化体験も:
JTBが「バーチャル修学旅行」を開発 360度映像を学校で体験、「京都・奈良編」8月末に予約開始
JTBは、VRを活用した体験型旅行商品「バーチャル修学旅行360」を開発した。全国の小・中・高校を対象に、「京都・奈良編」の予約受付を8月31日に開始する。子どもたちの学習機会や、観光関連事業者のサービス提供機会の創出を目指す。(2020/8/11)

リンクス、コンピュータのしくみを理解しながらSTEM学習ができるタブレットPCを発売
リンクスインターナショナルは、ロンドンの教育系メーカーであるKano製のWindowsタブレット「Kano PC」を8月22日に発売する。価格はオープンプライス。(2020/8/7)

Innovative Tech:
ロボット犬がリアル犬の動きを物真似 Googleが強化学習システム開発
犬に限らず、多様な動物の動きを物真似し、破綻なく動作する。(2020/8/7)

短期集中連載「プログラミング教育とGIGAスクール構想」 第3回:
忙しい先生を救え! 先進の事例に見る「教員のICT活用」最前線
2020年、改正学習指導要領が小学校で全面施行され、2021年には中学校でも完全施行される。従来よりもICT教育に注力していることが特徴……なのだが、肝心の教員もICTを使いこなすことで、現状において抱えている課題を大きく改善できる。その事例を紹介しよう。(2020/8/7)

新型コロナがMaaSに与えた影響とは? “密を回避する”シェアサイクルに注目集まる
新型コロナウイルス感染症で、移動に対する考えが変わりつつある。ナビタイムジャパンが8月5日に実施した「モビリティ勉強会」で、ゲストにドコモ・バイクシェアを招いて、シェアサイクルとMaaSの近況が語られた。シェアサイクルのニーズが急増しているそうだが、何が起きているのだろうか。(2020/8/7)

マルウェアが激増、人材は不足……セキュリティ業界で「AI×機械学習」が注目される背景
AIや機械学習を活用したセキュリティ対策が注目を浴びて久しい。初めて登場したのは10年ほど前だが、2020年に入ってからもなお、業界のトレンドとなっている。人手によるセキュリティ対策や、従来型のセキュリティソリューションによる対応では足りない理由を、最近の攻撃動向を踏まえながら解説する。(2020/8/6)

身の丈に合った「一人働き方改革」のすすめ:
プログラミングを味方につける――定型業務を自動化し、生産性を大きく向上する
プログラミングは、業務を格段に効率化する最適な手段です。今回は「どのプログラミング言語を学ぶべきか」「どうすれば効果的に学習できるのか」が分からず、始めの一歩を踏み出せない方に向けて、プログラミング学習のイロハを紹介します。(2020/8/14)

Wi-Fi 6は4機種を投入:
ジュニパーがAI機能の「Mist」をWANにも拡張、「全ての構成要素がそろった」
ジュニパーネットワークスは、同社のAI機能「Mist」を無線LAN、有線LANに加え、WANに拡張した。これで機械学習/AIにより自律運用ネットワークを目指す同社の取り組みは、全ての構成要素がそろったことになるという。(2020/8/5)

Innovative Tech:
動画内の素早い動きから3D人体モデルを連続生成 深層学習を活用
ダンスのような激しい動きでも破綻なく3Dモデルを生成できる技術が生まれた。(2020/8/5)

富士通のオンライン学習サービス「FMVまなびナビ」に子供向けのプログラミング個別指導コースが追加
富士通クライアントコンピューティングは、同社が提供するオンライン学習サービス「FMVまなびナビ」でプログラミングの個別指導コースを提供する。(2020/8/5)

イノシシ捕獲で地域貢献、工業高校「テクノ工房」の技術力
イノシシによる獣害が続く岡山県笠岡市で、地元の県立笠岡工業高校の生徒がイノシシ撃退作戦に乗り出している。学習の一環としてドローンの作製なども行う「テクノ工房」では、センサーでイノシシを判別する仕組みを持つわなを作り、捕獲数を向上させた。(2020/8/5)

製造業DXの鍵−デジタルサプライチェーン推進の勘所(3):
機械学習で販売計画の精度はどこまで向上できるか、人の意志決定は不要なのか
サプライチェーンにおける業務改革を推進する中で、デジタルがもたらす効果や実現に向けて乗り越えなければならない課題、事例、推進上のポイントを紹介する本連載。第3回は、SCMにおけるDXの打ち手の1つとして、改善効果が高く成功体験を得やすい領域である「販売計画」における取り組みについて紹介する。(2020/8/5)

AI・機械学習のデータセット辞典:
アクティブに更新され続けている、お勧めの機械学習データセット一覧サイト
「300個以上のデータセットを紹介している大型サイト」「毎週/毎月のようにアクティブに更新されているサイト」という条件に該当するお勧めのデータセット一覧サイトとして「arXivTimes/DataSets」「Awesome Public Datasets」「UCI Machine Learning Repository」の3つを紹介する。(2020/8/5)

MLPerf Training v0.7:
NVIDIAとGoogle、AI指標でトップ性能達成を主張
機械学習の業界標準ベンチマーク「MLPerf」の第3ラウンド(「MLPerf v0.7」)において、8種類の機械学習モデルを対象としたスコア結果が発表された。ライバル同士であるNVIDIAとGoogleは、いずれもトップ性能を達成したと主張する。(2020/8/4)

人工知能ニュース:
教師データなしで異常値を検出できるAI技術を開発
富士通研究所は、教師データなしで高次元データの特徴を正確に獲得するAI技術「DeepTwin」を開発した。情報圧縮技術と深層学習を融合し、ネットワークへの不正アクセスや、医療データの異常値をAIで検知する。(2020/8/4)

親子の会話から学ぶクラウドセキュリティ(2):
1人では大変だなあ――クラウド上で安全なネットワークを構築・管理するために必要な基礎知識
親子の会話で出てくるような素朴な疑問点から、クラウド環境における情報セキュリティの技術を学習する連載。今回は、クラウド上で安全なネットワークを構築・管理するために必要な基礎知識について。(2020/8/4)

富士通、学習用Windowsタブレット向けの支援サービスを無償で提供
富士通は、学校に導入されるWindowsタブレットの利用に向けたオンライン学習支援サービスを発表した。(2020/8/3)

群馬県教委、オンライン学習支援サイト開設 ICT活用で理解を深化
 群馬県教育委員会は1日、児童・生徒向けの教材となる動画や関連サイトを一元化した「ぐんまの子供のためのオンライン学習支援サイト」を開設する。(2020/8/3)

各種データベースを共通書式に変換:
さまざまな物性データを単一のモデルで学習可能に 早稲田大学理工学術院の畠山氏らが手法を開発
早稲田大学理工学術院で講師を務める畠山歓氏の研究グループは、多彩な形式の材料科学データを単一のAIに学習させる手法を開発した。グラフ構造を利用して各種データベースを共通書式に変換することで、どのようなデータでも単一のモデルで学習できるという。(2020/8/3)

AI・機械学習の数学入門:
[AI・機械学習の数学]番外編1 「0」の取り扱い
連載の通常の流れとは別の番外編。「0」の取り扱いについて3つのポイントを解説。0で割ること、0乗、0の階乗について説明する。(2020/8/3)

作って試そう! ディープラーニング工作室:
PyTorchでCIFAR-10を処理するオートエンコーダーを作ってみよう
CIFAR-10の画像データのエンコード/デコードをうまく行うために、圧縮後の次元数とエポック数を変化させながら学習させてみましょう。(2020/7/31)

防衛医科大学校がオラクルのファイル共有サービスを導入 遠隔授業の環境を整備
防衛医科大学校医学教育部は、学習教材のオンデマンド配信やレポート提出向けのファイル共有基盤として、「Oracle Content and Experience」を導入した。モバイル端末からのアクセスや、自動のウイルススキャン機能を評価したという。(2020/7/30)

AI関連でいえば半数以上が深層学習に関する特許:
出願数増加の要因は深層学習 特許庁が「AI関連特許出願件数」の調査結果を発表
特許庁は、AI関連特許出願件数の調査結果を発表した。2018年のAI関連特許出願件数は4728件。AI関連出願が増加している最大の要因は深層学習で、2018年にはAI関連出願のうち機械学習関連が85%を占めた。(2020/7/29)

使えなくなるAIアプリも?
COVID-19で変革を強いられるAIシステムのアーキテクチャ
AIシステムにもCOVID-19の影響が及ぶだろう。COVID-19によってあらゆるものが変わり、以前に学習したモデルは適用できなくなるかもしれない。この変化に対応できるAIシステムのアーキテクチャとは?(2020/7/29)

人工知能ニュース:
ランダムフォレストで自動追加学習を可能にしたエッジAI向けアルゴリズムを開発
エイシングは、機械学習アルゴリズムの1つである「ランダムフォレスト」で自動追加学習を可能にしたエッジAI向けアルゴリズム「SARF」を開発した。パラメーターチューニングが少ないため、初期学習モデルが迅速に構築でき、運用上の変化にも柔軟に対応できる。(2020/7/28)

「この部品、あそこに並べといて」:
目標を達成するための作業手順をロボットが自動で学習 ティーチング作業の自動化AIをNECが開発
NECは、目標を設定するだけで、ロボットが自動的に作業を完遂するAI技術を開発した。「部品AをトレイBに整列」というように部品と仕分け先の対応関係を指定すると、自動的に部品を仕分けるという。(2020/7/28)

AI・機械学習の数学入門:
[AI・機械学習の数学]偏微分を応用して、重回帰分析の基本を理解する
これまでに見てきた、説明変数が1つだけの回帰分析と偏微分の基本知識を踏まえて、複数の説明変数がある重回帰分析を行うための基本的な方法を理解しよう。(2020/7/28)

CAEニュース:
CAEエンジニアのためのeラーニング教材に「熱流体編」を追加
サイバネットシステムは、CAEエンジニアのためのeラーニング教材「e-CAEユニバーシティ」の提供コンテンツに「熱流体編」を追加した。「計算力学技術者資格認定試験」の熱流体力学分野の受験学習やエンジニアの知識整理に役立つ。(2020/7/27)

AI・機械学習の無料電子書籍:
無料で読める「機械学習/ディープラーニング」の有名書籍 厳選4冊
「PyTorch公式のディープラーニング本」に加え、「Goodfellow本」「PRML本」「カステラ本」といった通称で愛される、超有名な書籍が無料で読める。厳選したこの4冊のリンク先と概要を紹介する。(2020/7/27)

製造マネジメントニュース:
AIシステムの品質管理方法をまとめたガイドラインを公開
産業技術総合研究所は、AIシステムの設計開発における品質管理方法をまとめた「機械学習品質マネジメントガイドライン」を公開した。AIシステムの品質要件が整理され、開発者が客観的に評価できる枠組みが示されている。(2020/7/22)

AI・機械学習のデータセット辞典:
PyTorch/TensorFlow/Keras/scikit-learnライブラリ内蔵のデータセット一覧
機械学習やディープラーニング用の主要ライブラリが提供する「画像/音声/テキストなどのデータセット」の名前とリンクを表にまとめ、典型的な使い方を簡単に紹介する。(2020/7/22)

AI・機械学習の用語辞典:
ノーフリーランチ定理(No Free Lunch theorem)とは?
用語「ノーフリーランチ定理(No Free Lunch theorem)」について説明。全ての問題において優れた性能を発揮できる“万能”の「教師ありの機械学習モデル」や「探索/最適化のアルゴリズム」など(=無料のランチ)は理論上、存在しないことを指す。(2020/7/17)

迅速に学習用端末を展開 日本マイクロソフトが「GIGAスクール」端末の導入支援サービスを無償提供
日本マイクロソフトが「GIGAスクール構想」に準拠するWindows 10 Pro PCを迅速に導入するためのソリューションをパートナー企業を通して無償で提供することになった。GIGAスクール構想における学習用端末の導入計画が前倒しされたことを受けての措置だ。【訂正】(2020/7/15)

ベンダーロックインさせないためのインフラ整備とは:
ANAが「リアルなサンドボックス」から発信する、5Gのオープンイノベーション
ANAは、羽田空港を再現する訓練施設として設置した拠点「ANA Blue Base」にローカル5Gのインフラを敷いた。同社の構想する「ハニカム構造のイノベーション」を支える、IT部門の取り組みを追った。(2020/7/15)

「親がイライラしちゃだめよね」 田丸麻紀、5歳長男への怒声を反省 開校延期による自宅学習がストレスに
育児ストレスとはどう付き合えばいいんだろう……。(2020/7/14)

萌えキャラを腐らせたくない 「東北ずん子」運営会社がAI向け学習データを無料公開、その狙いは
萌えキャラの運営会社が、AI研究向け学習データを無料で公開している。自社の収益には直接つながらないが、「AIの研究を促進する」「腐らないコンテンツを作りたい」「女の子の声になりたい」など、無料公開にはさまざまな理由があった。(2020/7/14)

AI・機械学習の数学入門:
[AI・機械学習の数学]偏微分の基本(意味と計算方法)を理解する
「偏微分」って何? いかにも難しそうな名前だが、微分を理解していれば意外に簡単。前回までの知識を踏まえて、今回は偏微分の意味と計算方法を理解しよう。(2020/7/14)

人工知能ニュース:
エッジデバイスに非接触UIを組み込めるAI基本モジュールを開発
ディープインサイトは、深層学習を用いた非接触UIの開発者向けエッジAI基本モジュールを開発した。Raspberry Piに最適化されたAI推論エンジンと指先動作判定用ライブラリーで構成されており、小型デバイス上で動作する。(2020/7/13)

Gartner Insights Pickup(166):
AIベースの分析アプローチ「拡張アナリティクス」から価値を最大限に引き出すには
アナリティクスのプロセスに機械学習/AIを活用する「拡張アナリティクス」は、ユーザーのデータ活用、意思決定、洞察に基づく行動の在り方を変え得る力を秘めている。ただし、利用の仕方には考慮が必要だ。(2020/7/10)

ゲーム感覚で保険募集人材教育 エヌエヌ生命がオンライン学習プラットフォーム採用
エヌエヌ生命保険は、Salesforce Platformと連携したオンライン学習プラットフォームを導入した。代理店向けの教育に利用し保険募集人の獲得を目指す。同プラットフォームは、代理店ごとの学習度合いと保険募集人の実績の相関関係を容易に把握できるという。(2020/7/9)

AI・機械学習のデータセット辞典:
Large Movie Review:IMDb映画レビューコメントの「肯定的/否定的」感情分析用データセット
データセット「Large Movie Review」について説明。IMDbサイト上での5万件の「テキスト(映画レビューコメント)」+「ラベル(ポジティブ/ネガティブの感情)」が無料でダウンロードでき、二値分類問題などのディープラーニングや機械学習に利用できる。元データの内容や、TensorFlow、Keras、PyTorchなどにおける利用コードも紹介。(2020/7/9)

「花よりうんこ」「論よりうんこ」 うんこも踏むし韻も踏む『うんこことわざ辞典』8月発売 「うんこドリル」初のクソ学習漫画
「花より団子」「論より証拠」が覚えられるかは知りません。(2020/7/8)

ITmedia エグゼクティブ勉強会スケジュール
ご入会いただくとビジネスに役立つ情報をはじめ人材育成、ライフスタイル、カルチャー分野も含めた勉強会に参加できます。(2020/7/8)

Edge Impulse:
TinyMLの簡素化に取り組む米スタートアップ
筆者は最近、TinyML(スマートフォンでも動作可能なほど低消費電力の機械学習)関連の動向について取り上げることが増え、その中でEdge Impulseの名前が頻繁に登場するということに気付いた。Edge Impulseはどのような企業なのか。(2020/7/8)

パロアルトネットワークス株式会社提供ホワイトペーパー
SOCの課題から分かる最適なSOARプラットフォーム、機械学習の活用がカギに
セキュリティの自動化を実現するSOARは、SOCのインシデント対応を変えると期待されるが、地理的環境、成熟度、運用範囲が多様なSOCにおいて同じ効果を発揮できるとは限らない。そこでポイントとなるのが機械学習テクノロジーだ。(2020/7/7)

KDDI、コロナ休校の高校生を支援 9月1日からイーオン英会話レッスンを4カ月間無償提供
KDDIは、新型コロナウイルス感染症防止のための休校により学習が困難になった高校生の教育環境を支援。9月1日〜12月31日にイーオンの英会話レッスンを1万人へ無償提供する。(2020/7/7)

AIベンチャーのプリファード プログラミング教育事業に参入
学習塾運営のやる気スイッチグループと提携し、独自開発のカリキュラムを小学生向けに提供する。(2020/7/7)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。