ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2010年03月05日 09時28分 UPDATE

偽ウイルス対策ソフトもWindows 7にアップグレード?

偽ウイルス対策ソフトの画面はこれまでWindows XPに見せかけてあったが、Windows 7にアップグレードしたものが見つかったという。

[ITmedia]

 セキュリティ企業の英Sophosは3月4日のブログで、これまでWindows XPのマイコンピュータに見せかけた画面を表示していた偽ウイルス対策ソフトが、Windows 7の画面を採用し始めたと伝えた。

 偽ウイルス対策ソフトは、ユーザーのシステムをスキャンしていると見せかけて虚偽のウイルス感染報告を表示し、マルウェアを導入させようとするのが常套手段である。ユーザーをだますため、これまでの画面はWindows XPのマイコンピュータに見せかけてあった。

fakeavwin7.jpg Windows 7の画面に見せかけた警告画面(Sophosより)

 ところがSophos研究者がこのほど、検索結果を汚染するSEOポイズニングの手口で表示されたリンクをたどったところ、偽ウイルス対策ソフトの画面のルックがWindows 7にアップグレードされていたという。ユーザーがWindows 7を使っている場合、Windows XPのマイコンピュータ画面ではだまされる確率が低そうだと判断したのではないかとしている。

 今後、偽ウイルス対策ソフトの画面が徐々にWindows 7風に切り替わっていくのか、それともここだけの現象なのか、今後の展開は興味深いとSophosは述べている。

関連キーワード

Windows 7 | 偽ウイルス対策ソフト | 詐欺


企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.