ニュース
» 2010年03月09日 08時33分 UPDATE

Google、統計データ視覚化サービス「Google Public Data Explorer」公開

「Google Public Data Explorer」は、世界銀行などが公開する統計データでバブルチャートやGoogle Mapsを使った分布図などを作成し、サイトに組み込むことができるGoogle Labsのツールだ。

[ITmedia]

 米Googleは3月8日、公開されている統計データなどを分析・グラフ化できるオンラインツール「Google Public Data Explorer」をGoogle Labsで公開した。

 Google Public Data Explorerでは、世界銀行や経済協力開発機構(OECD)などが公開しているデータセットを利用して、グラフやバブルチャートを作成できる。現在利用できるデータセットは12あり、今後追加していく計画。グラフは、折れ線グラフ、棒グラフ、Google Mapsを利用した分布図、バブルチャートの4種類が用意されている。

 グラフにはタイムスライダーを付けることでデータの推移を動的に表示することもできる。このデータの視覚化には、2007年にGapminderから買収したTrendalyzerの技術を利用している。作成したグラフやチャートは、自分のサイトやブログに組み込むことができる。

Google Public Data Explorer 世界銀行の人口統計データを利用して作成した出生率のバブルチャート
making chart 右下のExplore dataリンクをクリックするとチャートを編集することもできる

 Googleは、Google検索で頻繁に検索されている統計データのランキングも発表した(トップ80のPDFファイル)。このランキングは、Google Public Data Explorerにどのようなデータセットを追加していくべきかを検討するために調査したものだ。トップは学校の比較で、失業率、人口、消費税、給与と続く。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -
激変する企業ITシステムに対応するための知見を集約。 ITの新しい潮流に乗り遅れないために。