ニュース
» 2010年03月10日 13時57分 UPDATE

PCの元祖「Alto」設計者のチャールズ・タッカー氏がチューリング賞を受賞

2009年のチューリング賞受賞者は、Microsoft Researchの技術フェローで、かつてXerox PARCで「Alto」を開発し、イーサネットの構築にもかかわったチャールズ・タッカー氏に決定した。

[ITmedia]
thacker チャールズ・P・タッカー氏

 米国計算機学会(ACM)は3月9日、2009年のA.M.チューリング賞を、世界初のパーソナルコンピュータ(PC)「Alto」を構築したチャールズ・P・タッカー氏(67)に贈ると発表した。

 チューリング賞は1966年から続いている歴史のある賞。英国のアラン・M・チューリング博士の名を冠したこの賞の受賞者には、米Intelと米Googleの協賛により、25万ドルが与えられる。これまで、マウス考案者のダグラス・エンゲルバート氏やインターネットの先駆者、ヴィント・サーフ氏とロバート・カーン氏などが受賞している。

 タッカー氏は1970年に設立されたXerox Palo Alto Research Centerに参加し、PCの元祖とされているAltoを設計・構築した。また、ロバート・メトカルフェ氏が発案したイーサネットの開発にも大きく貢献した。1980年代には最初のマルチプロセッサワークステーションを米DECで構築したほか、現在も同氏が技術フェローを務める米Microsoftの研究所Microsoft Researchでは、同社の「Tablet PC」につながるタブレットコンピューティングの研究に従事した。

 チューリング賞の授与式は6月26日に予定されている。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -