ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2010年03月18日 07時00分 UPDATE

東芝ライテック、白熱電球の製造を終了 120年の歴史に幕

東芝ライテックが3月17日、一般白熱電球の製造を終了。東芝の創業事業として120年にわたって製造してきたが、CO2削減の流れに対応。

[ITmedia]

 東芝ライテックは3月17日、一般白熱電球の製造を終了した。東芝の創業事業として120年にわたって製造してきたが、二酸化炭素(CO2)排出量削減の流れを受け、LED電球や電球形蛍光ランプへの置き換えを進める。

 鹿沼工場(栃木県鹿沼市)で製造している103機種の製造を終了した。年間約2000万個を出荷していた2008年比で、年間43万トンのCO2削減が可能としている。

 ミニクリプトン電球やハロゲンランプなど、置き換えが難しい特殊電球は当面製造を継続する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.