ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2010年03月25日 09時35分 UPDATE

迷惑メールは誰がどこから送信するのか?

セキュリティ企業がスパムメール約500万通のIPアドレスを分析し、世界のどこから来ているのかなどを調べた。

[ITmedia]

 迷惑なスパムメールは誰がどこから送信し、なぜこれほど大量に出回っているのか――。スペインのセキュリティ企業Panda Securityが3月24日のブログで分析結果を紹介した。

 同社は「スパムトラップ」というおとり用のメールサーバを仕掛けており、2010年1月と2月だけで約500万通のスパムメールを分析。送信に使われたコンピュータのIPアドレスをチェックし、世界のどこから来ているのかを調べた。

 この2カ月間で、スパム送信に使われたIPアドレスは約100万に上ったといい、他人に操られてボットネットに加担させられているコンピュータから送信されていることがうかがえるという。国別ではブラジル、インド、韓国がこの期間のスパム送信国の筆頭だった。

spamorigine.jpg スパムの送信元別の割合(Pandaより)

 スパムはマルウェアをばらまいたりさまざまな商品を宣伝する目的で使われているビジネスにほかならず、内容を信じてしまうユーザーがいる限り、なくなることはないだろうとPandaは解説している。

関連キーワード

スパム | 迷惑メール対策 | Panda Security


企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.