ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2010年03月29日 19時33分 UPDATE

産総研、コンパクトな脳波コミュニケーター開発 10万円以下で実用化目指す

コンパクトな「モバイル脳波計」などを使って脳波で意思伝達を行う「ニューロコミュニケーター」を産総研が開発。10万円以下での実用化を目指す。

[ITmedia]
photo システムの概要

 産業技術総合研究所(産総研)の脳神経情報研究部門ニューロテクノロジー研究グループは3月29日、脳波を読み取って意志伝達を行うための「ニューロコミュニケーター」を開発したと発表した。運動障害者の自立支援や教育分野などでの利用を目指し、2〜3年後に10万円以下の一般的な製品として実用化を目指す。

 開発したブレイン−マシンインタフェース(BMI)は、頭部に装着して脳波を読み取る「モバイル脳波計」と、脳内意志を解読するための高速・高精度アルゴリズム、効率的に意思表示を行えるメッセージ生成システム──で構成する。

 モバイル脳波計は、携帯電話の半分以下という小型設計。実用化を目指す装置としては世界最小レベルで、将来の量産化を見込んで設計しているという。コイン形電池で長時間駆動するため外出先でも使用可能だ。

photo モバイル脳波計

 従来の意思伝達技術は高価で大がかりな装置が必要だったが、新システムは3つのコア技術を組み合わせることで安価かつコンパクトにした。今後パーツや製造工程を見直すことで、最終的には10万円以下(PC除く)の製品として2〜3年後に実用化を目指す。脳波を活用した家庭での健康管理や、教育やスポーツ分野、マーケティング調査への応用など、さまざまな市場開拓が見込めるとしている。

関連キーワード

| 脳波 | 産総研


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.