ニュース
» 2010年04月02日 14時43分 UPDATE

タッチパネル対応の3D液晶、シャープが開発 「モバイル機器に最適」

シャープがタッチパネル対応の3D液晶ディスプレイを開発。3.4インチ/480×854ピクセル表示対応で「モバイル機器に最適」という。

[ITmedia]

 シャープは4月2日、タッチパネル対応の3D液晶ディスプレイを開発したと発表した。専用眼鏡なしに3D表示が可能で、従来品から画面サイズ、解像度、輝度を向上。「デジタルカメラや携帯電話、スマートフォンなどのモバイル機器に最適」としている。タッチパネルなしのタイプも開発し、2010年度上期からタッチパネルなしのタイプから順次量産を開始する。

photo 新ディスプレイのイメージ

 新ディスプレイは3.4インチ/480×854ピクセル表示が可能。従来の2.4インチ/240×320ピクセルから拡大し、輝度は業界最高レベルの500カンデラ/平方メートルと従来比2倍、コントラスト比は1000:1と同10倍に高めた。

 2Dと3Dの表示を切り替えられるのが特徴。3D表示には「視差バリア方式」を採用しており、裸眼による立体視が可能だ。液晶技術の改善と視差バリアの最適化で、従来品より3Dの表示品位を大幅に改善したという。画面は縦でも横でも3D表示が可能で、スマートフォンなどに最適としている。モジュールの厚さは2Dタイプと同等という。

 ニンテンドーが10年度中に発売を計画している新型携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」(仮称)は、裸眼立体視が可能な3Dディスプレイを搭載する予定。一部でシャープの視差バリア方式を採用すると報じられている。新パネルは、ニンテンドーDSiの液晶ディスプレイ(3.25インチ)よりやや大きい。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -