ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「裸眼立体視」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「裸眼立体視」に関する情報が集まったページです。

非常時にメガネが壊れたときに有用なものは? 専門店が教える応急処置法がためになる
つまようじは添え木にもちょうつがいの軸にも。(2024/1/6)

“俺の嫁”はポケットに 小さな立体ディスプレイ「Looking Glass Go」が魅惑的すぎた AI連携で会話も
国内でクラウドファンディングが始まり人気を集めている「Looking Glass Go」。なぜ「空間AIディスプレイ」とうたっているのか、ポイントを紹介します。(2023/12/6)

「iPhone 15 Pro」で現代に復活したAndroidスマホ黎明期の“ある機能” Vision Proとの合わせ技で復権なるか
Appleの「iPhone 15 Pro」に搭載される新機能「空間ビデオ」が面白い。というのもトレンドが12年越しに一周して戻ってきたからだ。スマホのカメラをウォッチしてきた記者が解説する。(2023/9/13)

「えぇ!?」「めっちゃ大人っぽい」 女子高生が流行りのヘアスタイルに変身したら…… 美容師によるイメチェンに大絶賛
本人も「別人ですね」と驚きつつも満足げ。(2023/4/17)

平野レミ、“娘”上野樹里との仲良しショットがほぼ母子 メガネなしのプライベート姿へ「可愛いらしい」
仲良しでほっこり。(2023/4/12)

角野卓造……じゃねーな! 「ハリセンボン」近藤春菜、眼鏡なし&“TWICE”風なメイクで別人になる
どこにいるのかと思った。(2023/2/10)

CES 2023:
ASUSが裸眼で3D表示を実現した有機EL搭載ノートPCを投入 手のひらサイズのファンレスデスクトップPCも
ASUSが1月4日(現地時間)、同社のクリエイター向けノートPC「ProArt Studiobook」シリーズやスタンダードな「Zenbook」シリーズ、ビジネス向けの「ExpertBook」などの新モデルを発表した。(2023/1/5)

エイサー、裸眼立体視を実現したゲーミングノートPC「Predator Helios 300 SpatialLabs Edition」を発売 実売64万円前後
日本エイサーは、裸眼での立体視を体験できる15.6型ハイスペックゲーミングノートPC「Predator Helios 300 SpatialLabs Edition」を発表した。(2022/11/9)

エイサー、裸眼での立体視に対応した15.6型4K液晶ディスプレイ
日本エイサーは、裸眼立体視機能を備えた15.6型液晶ディスプレイ2製品を発表した。(2022/8/31)

えっと誰……? ナイツ土屋、“脱メガネ&無精ひげ”で別人級の変身 ワイルド味あふれる風貌に「どこかの俳優さんかと」
イメチェン理由は「ハナコ菊田と区別をつけるため」とのこと。(2022/8/2)

PR:まだ見ぬ“すごいテクノロジー”を社会に浸透させるために SB C&Sの挑戦
(2022/7/11)

「相席スタート」山崎ケイ、眼鏡なしショットが“別人級”だと話題に 「誰だかわからなかった」「イメージ違いますね〜」
手島優さんと、もう1人誰だ……?(2022/6/7)

台湾Acer、裸眼立体視を実現できる15.6型4Kモバイル液晶ディスプレイを発表
台湾Acerは、裸眼での立体視を体験可能な15.6型4Kモバイル液晶ディスプレイ計2製品の発表を行った。(2022/5/19)

エイサー、デザイナー向け裸眼3D立体視PCを一般向けにも発売
日本エイサーは、裸眼での3D立体視を実現するSpatialLabsテクノロジーを搭載した、クリエイター向けブランドConceptD 7 SpatialLabs Edition 「CN715-73G-SL76Z」を、一般向けにも発売した。同社の直販サイト価格は64万6800円(税込み)。(2022/5/2)

エイサー、裸眼立体視を実現したクリエイター向けハイスペックノート「ConceptD 7 SpatialLabs Edition」 法人限定
日本エイサーは、同社初となる裸眼立体視対応のクリエイター向けノートPC「ConceptD 7 SpatialLabs Edition」を発表した。(2022/4/6)

VR/AR/MRニュース:
透明ARディスプレイにフォトリアルな3D映像を表示する実証実験に成功
凸版印刷と情報通信研究機構は、透明ARディスプレイにフォトリアルな3D映像を表示する実証実験に成功した。高精細な顔計測データから生成した3D映像は、複数人が同時に3Dメガネなしで見ることができる。(2022/2/14)

偶然丸まった猫のヒゲをよく見ると…… 丸メガネを装着したような姿が「かわいい!」「おしゃれ」と話題に
おしゃれさんだ!(2021/9/16)

Innovative Tech:
霧の中に立体映像、32台のプロジェクターで投影 ドコモと東大「RayGraphy」開発
どの方向からも裸眼立体視できる立体映像。(2021/8/20)

「キズナアイ」の裸眼立体映像、献血ルームで公開 画素数は約3.7億
裸眼でバーチャルYouTuber「キズナアイ」の立体映像が視聴できるイベントを、リコーが横浜駅の献血ルームで開催。事前予約すれば、約1分間の立体映像が楽しめるという。(2021/6/29)

next@acer:
Acerが「裸眼立体視」対応クリエイター向けノートPCを試作 開発者を対象にモニター募集
Acerが、SpatialLabsの裸眼立体視技術を利用したクリエイター向けノートPCを試作した。同社の「ConceptD」での搭載を想定しているが、まずはUnreal Engineを使っている開発者を対象に3カ月間の無料モニターを募集して実用化に向けた検討を行う。(2021/5/28)

Google I/O 2021:
Google、目の前に相手が実在するかのような「Project Starline」発表 精細な3Dモデルのリアルタイム伝送と裸眼立体視で
米Googleが、5月19日未明に開催したオンラインイベント「Google I/O 2021」で、同社が開発中の先進的なオンラインコミュニケーションシステム「Project Starline」を発表。(2021/5/19)

世界で最も完全で美しいトリケラトプスの全身骨格、日本上陸 ソニーの恐竜展で
ソニーグループ主催の恐竜展でヒューストン自然科学博物館が所蔵するトリケラトプスの全身骨格「レイン」が日本に初上陸する。会場ではソニーならではの展示も。(2021/4/8)

2月26日ニンテンドー3DSの発売日! 次のうち、DSにはない3DSからの新機能はどれ?
まさか記念日を前にして修理受付終了が発表されるとは……。(2021/2/26)

CloseBox:
視点を変えても立体物がそこにあるように見える「Looking Glass Portrait」ディスプレイ、クラファン中(ただし、ホログラムではない)
ホログラムではない、立体視技術を使ったディスプレイがKickstarterに。(2020/12/4)

富士通エレクトロニクスが展示:
ドイツ発、視線検知で最適表示する裸眼3Dディスプレイ
富士通エレクトロニクスは、「第6回 IoT&5Gソリューション展 秋」(2020年10月28〜30日、幕張メッセ)において、ドイツ3D Globalが開発した裸眼3Dディスプレイのデモなどを展示した。(2020/11/13)

VRニュース:
「モノ感すげー」、ソニーの空間再現ディスプレイが設計開発を進化させる!?
ソニーは高精細の3D CG映像を裸眼で見ることができる空間再現(SR:Spatial Reality)ディスプレイ「ELF-SR1」を開発。特別なメガネやヘッドセットなどを使わず、その場に実物があるかのような立体的な空間映像を再現して裸眼で見られることが最大の特徴だ。(2020/10/19)

ソニー、裸眼で3D映像を体験できる空間再現ディスプレイ「ELF-SR1」 50万円前後
ソニーは、裸眼での立体視を実現した空間再現ディスプレイ「ELF-SR1」を発表した。(2020/10/16)

3DCGを裸眼で立体視 ソニーが“空間再現ディスプレイ”発売 実売50万円で
ソニーは空間再現(Spatial Reality )をうたう高精細の裸眼3Dディスプレイ「ELF-SR1」を発売する。実売50万円前後。(2020/10/16)

南キャン山里、しずちゃん宅初訪問で思わず照れ顔 眼鏡なしの姿に「初めてみた」「誰だか分かんない」の声も
相方のそばだから出せる顔。(2020/6/9)

ロッチ中岡、眼鏡なし&ヒゲ面のワイルドぶりに反響 「髭はやしたらかっけえな」「まじいい男やん」
一瞬、「誰?」ってなる。(2020/4/29)

NHK技研、裸眼立体視でフルHD相当のテレビを開発
NHK放送技術研究所は、特殊なメガネを用いずに視聴できる、ハイビジョン解像度相当(約200万画素)の3次元映像を表示するシステム「アクティナビジョン」を開発した。(2020/3/27)

テック・イン・ワンダーランド:
ディズニーのアトラクションは「視線誘導強制装置」 米国「タワテラ」後継に隠れた“目を欺く”仕掛け
ディズニーのテーマパークには、来園者の視線を強制的に誘導する仕掛けが多数隠れている。「言われなければ全く気が付かない」レベルの技術を解説。(2020/3/24)

羽生善治がInstagramを開設 貴重な“眼鏡なし姿”に「幼少期の笑顔と全くお変わりない」「普段のお姿を拝見できるなんて」
羽生先生の日常楽しみすぎる。(2019/12/2)

「欅共和国2019」、全披露楽曲の見所を1万5000字でレポート! 前年比5倍の水量に船長平手友梨奈が立ち向かう
今年も素晴らしいライブをありがとー!(2017)(2019/7/8)

光ナノプリント法で隔壁を作製:
液晶で実現、実用的な電子ホログラフィ立体表示
東北大学は、視域角(回析光)が広く実用的な電子ホログラフィ立体表示を可能とする液晶基盤技術を開発した。(2019/5/27)

180度3Dも360度も5.7Kで撮れる「Insta360 EVO」の実力
180度立体視、360度全天球を撮影できるカメラが登場した。その実力を動画を交えて試してみる。(2019/4/10)

立体じゃないのに立体的 JDIの縦型動画プレーヤー「ミオン」、春にクラウドファンディングを実施
JDIが据え置き型の縦型動画プレーヤー「XLP-01 MiOn」(ミオン)を発表した。映し出された人物が背景から浮き上がって見える不思議なディスプレイ。そのヒミツとは?(2018/12/4)

「さっきメガネしてなかった?」「わ……わすれた」 マスク+メガネでうっかり不審者っぽくなってしまったメガネ女子の漫画に「尊すぎて死ぬ」
「でもさっき」「わすれたの」(食い気味)。(2018/11/13)

好きなキャラと話せる立体ディスプレイ、JDI「LF-MIC」のマジカルな未来
ジャパンディスプレイ(JDI)が、裸眼立体視に対応する「ライトフィールドディスプレイ」(型番:LF-MIC)を開発した。特別なメガネを装着しなくても立体映像が見られる縦長の小型ディスプレイで、ゲームやアニメのキャラクターを映し出し、会話もできるスマートスピーカーのようなデバイスを目指す。(2018/8/22)

一体、何がどうなった? ジャパンディスプレイ変貌の秘密
中小型液晶パネル大手のジャパンディスプレイ(JDI)がコンシューマー向け製品やサービスの提供も含めた事業の多角化に舵を切った。純粋なB2Bの会社だった同社に何が起きたのか。そこには1人の「プロ経営者」の姿があった。(2018/8/22)

バーチャルキャラを表示、JDIが5.5型ディスプレイ 課金型サービスを検討
ジャパンディスプレイとNHKメディアテクノロジーが、立体感のある動画を再生できる5.5型ディスプレイを開発。アイドルやバーチャルキャラクターを画面上に表示できる課金型のサービスなどを検討する。(2018/8/3)

NHK、新しい3Dテレビ「アクティナビジョン」公開
NHK放送技術研究所は、毎年恒例の「技研公開」で新しい3D表示方式「アクティナビジョン」を披露した。「インテグラル3Dテレビ」の高精細版だ。(2018/5/23)

ウェアラブルEXPO:
網膜にレーザーで映像投影 近未来の眼鏡型デバイス「RETISSA Display」を体験
「網膜に直接映像が映る」――そんな近未来の眼鏡型デバイスが登場。ピントを合わせる必要がないので、視力が悪くても鮮明な映像を見られる。(2018/1/18)

360度方向から立体像を観察できる マクセル開発の「裸眼3Dディスプレイ」でよりリアルな表示が可能に
コンテンツ生成技術と組み合わせれば動画再生も行えます。(2017/10/25)

浮遊する立体像が大きくリアルに マクセル、裸眼立体視ディスプレイ開発
マクセルは、曲面スクリーンの上に立体像を表示する技術「Glasses-free 3D-Display」を発表した。特別なメガネなどを必要とせず、複数の人が同時に、異なる視点で立体像を見ることができる。(2017/10/24)

ハイエンドデジカメのRED、“ホログラフィック”スマートフォン「HYDROGEN ONE」予約開始
プロ向けデジタルビデオカメラメーカーの米REDが、“ホログラフィックマルチビュー”が特徴のAndroid端末「HYDROGEN ONE」の予約を開始した。価格は1195ドル(約14万円)から。2018年第1四半期出荷予定だ。(2017/7/7)

マストドンつまみ食い日記:
マストドン1.4.6とオイゲンさんの変身
すごい勢いでバージョンが上がっていく中、オイゲン・ロチコさんのアイコンもバージョンアップした。(2017/6/24)

1万4980円:
「ニンテンドー2DS LL」発売 3D省いた折り畳み式
任天堂は、携帯型ゲーム機「Newニンテンドー2DS LL」を7月13日に発売する。(2017/4/28)

CeBIT 2017:
日本の製造業が集結した「CeBIT 2017」ジャパン・パビリオン見聞記
ドイツ・ハノーバーで開催された「CeBIT 2017」のジャパン・パビリオンには総計118社もの日本の企業/団体が出展した。その多くを、IoT(モノのインターネット)の活用を目指す製造業が占めていた。本稿では、CeBIT 2017のジャパン・パビリオンの様子や(記者が)気になった展示を紹介する。(2017/4/14)

産業用VRカレイドスコープ(1):
ゲーム少年の熱意で生まれたHMDと、Holographicのインパクト
本連載では産業全体のVRの動向や将来展望について深堀りして解説していきます。今回は、これまでの産業VRの歴史と、今後予想される動きについて説明します。(2017/3/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。