ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「タッチパネル」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「タッチパネル」に関する情報が集まったページです。

CES 2021:
電子ペーパーで手書きメモを電子化、『ずっと表示』で使い勝手は紙のメモと同じ
Shiftallは、オンラインで開催中の「CES 2021」に出展する新製品「Croqy(クロッキー)」を発表。電子ペーパーと抵抗膜式タッチパネルの組み合わせにより、日常のメモ書きを電子化するネット接続型の電子メモで、メモ表示をスマートフォンアプリや複数のCroqy間で同期できるとともに、電子メモの内容をクラウドに保存できる。(2021/1/13)

琉球銀行とOKI、画面に触れずに操作できるATMの実証実験
琉球銀行と沖電気工業(OKI)は1月13日から、画面に触れることなく操作できるATMの実証実験を始める。OKIが開発した「ハイジニック タッチパネル」の技術を使い、画面の数センチ上に指をかざすことで操作できる。新型コロナの感染防止対策の一環。装置への接触を減らすことを狙う。(2021/1/12)

空中に浮かんだキーボードに触れ、タッチパネルを“非接触”で操作 DNPが新技術
DNPが、空中に浮かび上がったキーボードなどの画像に触れることで画面を操作できる技術を発表。2021年度中に商品化し、銀行のATMなどに提供する予定。(2021/1/6)

コロナ対策にも:
非接触でも高精度に指を検知するタッチパネル、JDI
ジャパンディスプレイ(JDI)は「ファインテック ジャパン2020」(2020年12月2〜4日、幕張メッセ)で、非接触でも高精度に指を検知するホバーセンサー技術を活用したタッチパネルなどを展示した。(2020/12/9)

Wired, Weird:
タッチパネルの修理(2)―― 操作位置ズレの原因「電源基板」を修理
前回に続き、バックライトが薄くなり、タッチパネルの操作位置にずれが出てしまったタッチパネル「MT-250」の修理の様子を報告する。(2020/12/9)

製造マネジメントニュース:
接客の効率化・省人化を実現する次世代無人オーダー決済端末、客単価向上も期待
TOUCH TO GOは2020年11月25日、ハンバーガーショップ「R.ベッカーズ 田町店」に次世代無人オーダー決済端末「TTG-MONSTER」を導入した。商品注文と決済を一体化することで、顧客自身がタッチパネル上で操作するだけで商品を受け取れる。顧客対応の作業効率化と省人化を実現する。(2020/11/27)

天気・交通情報・地図など表示する“デジタル自販機” JR東が英国に設置 飲料やマスクを販売
JR東とパーク24が、英国ロンドンに“デジタル自動販売機”を設置。タッチパネル式ディスプレイを搭載し、周辺の地図や交通情報、天気予報などを表示する。販売する商品は、飲料や菓子、マスク、消毒液など。(2020/11/19)

新型宇宙船、次世代のデジタル仕様 再利用も
野口聡一さんが搭乗した新型宇宙船クルードラゴンは、世界で初めて本格的に民間が開発から輸送までを手掛ける有人宇宙船だ。タッチパネルの採用で手動の操作を極力削減。帰還カプセルなどは再利用してコストを抑える。(2020/11/17)

Wired, Weird:
タッチパネルの修理(1)―― 冷陰極管バックライトを自作LEDバーに交換
大手メーカーのタッチパネルの修理依頼があった。故障状況は『バックライトが薄くなり、タッチパネルの操作位置にずれがある』ということだった。今回から2回にわたり、このバックライトの修理について報告する。(2020/11/9)

タッチパネルでほしい商品を検索すると……:
“ロボット案内人”登場 目的の売り場まで誘導、カインズの新店舗
ホームセンターのカインズが、買い物客を案内するロボットを試験的に導入する。11月3日にオープンする「カインズ朝霞店」に設置。買い物客がタッチパネルで商品を検索して選ぶと、ロボットがその商品の並ぶ棚や通路の前まで動いて案内する。(2020/10/29)

FAニュース:
使いやすさを追求した小規模ライン向けスマート駆動制御システム
住友重機械工業は、小規模ライン向けのスマート駆動制御システム「System MXs」を発表した。専用ツールやPCへの接続なしで、ユーザー自身がシステムをセットアップできる。機械定数や制御方式もタッチパネル操作で設定可能だ。(2020/10/26)

CIDやカーナビなどの用途に提案:
航空電子、額縁レスで全面透明のタッチパネル開発
日本航空電子工業は、額縁配線がない全面透明の静電容量式タッチパネル「Full Touch Sensor」を開発した。車載向けの他、公共交通機関やデジタルサイネージといった用途に向ける。(2020/10/15)

エレベーターのボタンやつり革、触れずに使える「マルチタッチツール」にカラビナ型 エレコム
エレベーターのボタンやつり革、ATMのタッチパネルなどを手で直接触れずに使うためのフック型ガジェット「マルチタッチツール」。エレコムが新たに、カラビナ型フックタイプを開発した。10月下旬に発売する。(2020/10/14)

勝手に連載!「海で使うIT」:
タフネスタブレット「TOUGHBOOK FZ-A3A」の水滴誤動作防止モードはバッチリ動く? 試してみよう!
パナソニックのタフネスタブレット「TOUGHBOOK FZ-A3A」は、過酷な環境で使えることが魅力。タッチパネルの「水滴誤動作防止モード」はきっと航海に役立つ……ということで、模擬環境でこのモードの実力を試してみることにした。(2020/10/2)

羽田空港に試験導入:
触らず操作できるタッチパネル、コロナ対策でOKIが開発 指をかざすと反応
沖電気工業が、画面に触れずに指をかざして操作ができる「ハイジニック タッチパネル」を開発。新型コロナウイルスの対策として、不特定多数の人が使う端末への導入を見込む。(2020/9/9)

タッチ不要のタッチパネル、OKIが開発 赤外線で指の位置を検出
OKIは、画面に触れることなく操作できる「ハイジニック タッチパネル」を発表した。ATMや券売機などに応用する。(2020/9/9)

店舗在庫を少なくできる:
通販在庫1000万点から選び、店内で試着・採寸 洋服の青山が「ネットとリアル店舗の融合」に本腰
青山商事が、ECサイトと連動するタッチパネル式のサイネージやタブレット端末の導入を拡大する。地方を中心に10店舗で新たに導入し、合計41店舗で活用する。(2020/9/4)

JAL、自動チェックイン機の操作を非接触で可能に 赤外線センサー活用、羽田で実験
JALは、タッチパネル式の自動チェックインに赤外線センサーを搭載することで、画面を指で直接触れずに、非接触で搭乗手続きなどを行う実証実験を羽田空港で始めた。(2020/8/25)

PR:AIが磨き残しを判定 ディスプレイ搭載のスマート電動歯ブラシ「Oclean Xpro」
毎日歯を磨いているつもりでも、実は磨けていない部分があることは意外と多い。そこで活用したいのが、電動歯ブラシ「Oclean Xpro」。ブラッシングをAIが分析してスコアリングし、タッチパネル搭載のディスプレイから手軽に確認できる。(2020/8/14)

アニメと同じ音声を収録した液晶玩具「スマホロトム」7月18日発売 タッチパネル式で全25種類の機能
サトシの気分。(2020/7/17)

空間に浮遊して見える「エアータッチパネル」 博報堂が発売
博報堂プロダクツが、映像が空間に浮かび上がって見える特殊プレートを活用した非接触のタッチパネル式サイネージ「触れずに触れられる、エアータッチパネル」の提供を始めたと発表した。(2020/7/9)

SFでよく見るやつ! 空中に表示される「エアータッチパネル」博報堂プロダクツが提供開始
感染症対策で開発された「触らないタッチパネル」。(2020/7/8)

東京駅「東京野菜のいろどり寿司」(1250円)〜タッチパネルで心“踊る”旅のスタート!「駅弁屋 踊」がリニューアルオープン!
東京駅の「駅弁屋 踊」が新装開店! 満を持して登場した新店舗の看板駅弁です。(2020/7/1)

福田昭のデバイス通信(253) 2019年度版実装技術ロードマップ(61):
スマートフォンと車載情報機器の進化を支えるタッチパネル(後編)
今回はタッチパネルの機能、技術動向を解説する。主に、「大型化」「曲面化」「低反射技術」「表面カバーパネル」技術、「メタルメッシュセンサー(金属メッシュ電極)」技術という5つの方向と課題がある。(2020/6/26)

福田昭のデバイス通信(252) 2019年度版実装技術ロードマップ(60):
スマートフォンと車載情報機器の進化を支えるタッチパネル(中編)
今回は、タッチパネルの構造を解説する。タッチパネルの構造は「外付け型」と「内蔵型」に大別される。(2020/6/24)

福田昭のデバイス通信(251) 2019年度版実装技術ロードマップ(59):
スマートフォンと車載情報機器の進化を支えるタッチパネル(前編)
今回は、「入出力デバイス」からタッチパネルを取り上げる。タッチセンサーについて、主要な5つの方式を紹介する。(2020/6/22)

福田昭のデバイス通信(249) 2019年度版実装技術ロードマップ(57):
入出力デバイスの進化がヒトに優しいインタフェースを実現
今回から「入出力デバイス」の概要を紹介する。入出力デバイスとして取り上げるものは、ToFセンサー、タッチパネル、車載用HMIデバイスである。(2020/6/10)

高級感あるタッチパネルを実現へ:
黒色と電気的絶縁性を両立したセラミックス薄膜
東北大学の研究グループと日本電気硝子は、黒色なのに電気を流さないセラミックス薄膜を共同で開発した。タッチパネルに応用すると、電源を切った状態でパネル面は真っ黒となり、高級感ある漆黒の外観を実現できる。(2020/6/8)

富士経済が調査:
静電容量式タッチパネル、湾曲化のニーズ高まる
富士経済は、フォルダブル/フレキシブルディスプレイ用など静電容量式タッチパネルの世界市場を調査し、2024年までの市場予測を発表した。フォルダブル/フレキシブルディスプレイ用が市場をけん引する。(2020/5/22)

パイオニア、「Apple CarPlay」「Android Auto」に対応したディスプレイオーディオ2機種を発売
パイオニアは、スマホの主要機能を車載機のタッチパネルや音声で操作できる「Apple CarPlay」「Android Auto」に対応したディスプレイオーディオ2機種を発売。「Amazon Alexa」を搭載し、さまざまな音声操作も可能となる。(2020/5/13)

Zytronicが展示:
最大100点のタッチが可能なディスプレイ
タッチセンサー技術やタッチパネルの開発を手掛ける英Zytronicは「embedded world 2020」(2020年2月25〜27日、ドイツ・ニュルンベルク)で、最大100点のタッチが可能なディスプレイを展示した。同社のタッチコントローラー1個で制御できる。約1年半前に開発したもので、既に量産を開始している。(2020/3/31)

はま寿司が“回らない寿司”に 新型コロナの影響で全店レーン提供を停止 タッチパネル注文のみの営業
通常営業再開は未定です。(2020/3/3)

回転レーンは動き続ける:
はま寿司が「タッチパネルの注文だけ」に変更 新型コロナ対策だが回転レーンは動き続ける
はま寿司が新型コロナウイルスの対策を発表。全店でタッチパネルで注文した商品だけを提供する。通常の提供方法に戻す時期は決まっていない。(2020/3/3)

「フラッシュストレージ」に関するアンケート
アンケートに全問回答いただいた方の中から【抽選で1名様】Corkea 4Kモバイルモニター 14インチタッチパネル、【抽選で10名様】Amazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2020/2/17)

Amazon、タッチパネル内蔵スマートスピーカー「Echo Show」に8型モデル
Amazonは、同社製スマとスピーカー「Echo」シリーズに8型タッチパネル内蔵モデル「Echo Show 8」を追加した。(2020/2/5)

Innovative Tech:
タッチパネルに透明シートで、ジョイスティック的な操作可能に 東北大と芝浦工大が開発
重ねた透明シートを指でずらすことで、速度制御が簡単になる。(2019/11/27)

3.4型タッチパネル対応ディスプレイを搭載 ドコモの「キッズケータイ SH-03M」
ドコモが、シャープ製の「キッズケータイ SH-03M」を今冬に発売する。キッズケータイとしては大きく高解像度の3.4型qHD(540×960ピクセル)ディスプレイを搭載した。防水や耐衝撃性能をサポート。見守り機能や、子どもの成長に合わせた機能も用意する。(2019/10/11)

高コストパフォーマンス制御部品:
PR:「FA・金型部品販売のミスミ」が始めたFA用タッチパネルが面白いワケ
ミスミは、豊富な製品群を短納期で届けてくれることから「困ったときのミスミ頼み」といわれている。今でこそミスミはメーカーブランド品のEC販売が有名となっているが、元々はオリジナルブランドのFA・金型部品販売から歴史が始まっている。ここ最近は製品分野も拡大しており、産業用タッチパネルなどはヒット製品となっているという。ミスミのオリジナルブランド製品の動向を紹介する。(2019/10/23)

リンクス、GPD製8.9型ミニノート「Pocket2 Max」Core m3モデルの取り扱いを開始
リンクスインターナショナルは、8.9型タッチパネル液晶ディスプレイを内蔵したミニノートPC「GPD Pocket2 Max」Core m3モデルの取り扱いを発表した。(2019/9/13)

JR池袋駅の駅ナカ飲食店、セルフ注文・キャッシュレス決済ができるタッチパネル導入 レジ無人化目指す
JR池袋駅内のハンバーガー店が、タッチパネル型の注文・決済端末「Oder Kiosk」を導入した。顧客は液晶画面を操作して約60種類のメニューから好きなものを選び、Suicaかクレジットカードで決済できる。店舗側は、一般的な券売機より多くのメニューを表示できる他、時間帯ごとにメニューを出し分けられる。スタッフのレジ打ち業務を効率化し、将来的なレジ無人化を目指す。(2019/9/4)

3キャリアの「Xperia 1」でソフトウェア更新 タッチパネルやカメラの動作を改善
ドコモ、au、ソフトバンクの「Xperia 1」でソフトウェア更新を実施している。タッチパネルの一部が反応しにくい場合がある不具合が改善される。また、最新のセキュリティパッチが適用される。(2019/8/20)

ロジクールが手軽にWeb会議システムを導入できる「Tap ルームソリューション」を発表
ロジクールは、Web会議/ビデオ会議向けタッチパネル端末にカメラやスピーカーなどをセットにしたビデオ会議ソリューションを発表した。(2019/7/18)

iiyama、高硬度パネルを採用した10点タッチ対応の業務用21.5型フル液晶ディスプレイ
マウスコンピューターは、iiyamaブランド製の業務用21.5型タッチパネル液晶ディスプレイ「ProLite T2234MSC-B6X」を発売する。(2019/6/6)

松屋フーズが運営する1139店舗が「Origami Pay」に対応 4月9日から
Origamiが提供する「Origami Pay(オリガミペイ)」が、4月9日から松屋フーズが展開する飲食店1139店舗で利用できるようになる。タッチパネル式券売機で食券を購入する際、Origamiアプリの「コード支払い」画面をかざせばOKだ。(2019/4/3)

リコー、大型タッチパネルを装備したA4モノクロ複合機「RICOH IP 500SF」など3機種
リコーは、10.1型タッチパネルを標準装備したA4モノクロ複合機「RICOH IP 500SF」など計3機種を発表した。(2019/4/3)

FAニュース:
産業用PCの新製品、ディスプレイ一体型パネルコンピュータ2機種を発売
三菱電機は、産業用PCの新製品を発表した。高解像度液晶とタッチパネルを標準搭載したディスプレイ一体型パネルコンピュータ「MI3000」2機種で、生産現場のデータ収集やエッジコンピューティングシステムの構築が容易にできる。(2019/3/5)

ビジコムのPOSレジ「BCPOS」、3月1日から「PayPay」に対応
ビジコムのPOSレジ「BCPOS」が、3月1日からPayPayの提供するスマホ決済サービス「PayPay」に対応する。POSレジでの会計時にタッチパネルから決済手段を選択して「PayPay」を選べば、シームレスな決済が可能。店舗側は小銭の取り違えやレジの待ち時間短縮などが期待できる。(2019/2/8)

ローデがフラグシップ機を発表:
全面タッチパネルのネットアナ、高いRF性能を実現
ローデ・シュワルツ・ジャパン(以下、ローデ)は2019年1月16日、ネットワークアナライザーのフラグシップ製品となる「R&S ZNA(以下、ZNA)」を発表した。使い勝手の向上、高いRF性能、シンプルなセットアップという3つの特長を備える。(2019/1/17)

electronica 2018:
押しボタンと組み合わせたタッチパネル、Zytronicが展示
静電容量タイプのタッチスクリーンを手掛けるZytronic(ザイトロニック)は、ドイツ・ミュンヘンで開催された「electronica 2018」で、同社が開発および製造するさまざまなタイプのタッチスクリーンを展示した。(2018/11/22)

材料技術:
帯電防止からメッキ技術に発展、皮革調の立体タッチパネルの“裏側”にあるものは
スポーツシューズや樹脂素材などを手掛けるアキレスは、取引先向けのイベント「マテリアル&プロダクト展 2018」(2018年11月20〜21日)において、開発中の皮革調立体タッチパネルを紹介した。(2018/11/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。