ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2010年04月06日 15時53分 UPDATE

電子書籍をバリアフリーに Word用「DAISY」文書作成アドイン

視覚障害者など向けの電子書籍規格「DAISY」(デイジー)に準拠した文書を作れるWordアドイン日本語版の無償提供が始まった。

[ITmedia]

 マイクロソフトとDAISYコンソーシアム、日本障害者リハビリテーション協会は4月6日、視覚障害者など向けの電子書籍規格「DAISY」(デイジー)に準拠した文書を作れるWordアドインソフト「DAISY Translator」日本語版の無償提供を始めた。障害者リハビリテーション協会のWebサイトで無料でダウンロードできる。

 DAISY(Digital Accessible Information System)は、電子書籍フォーマット「EPUB」を拡張したXMLベースの規格で、国際的な非営利組織「DAISYコンソーシアム」が策定。テキストの音声読み上げや、読み上げている文字のハイライト表示、文字の拡大・縮小、色の反転などが容易にできる。PCや専用再生機器、携帯電話での再生も可能だ。欧米では電子教科書や電子書籍のフォーマットとして採用されている。


画像 Word文書をDAISYに変換
画像 DAISY文書を再生中。読み上げている文字をハイライト表示している

 DAISY文書を作るための無償ソフトはこれまでにもあったが、XHTMLの知識や技術が必須でハードルが高かったという。アドインを使えば、Wordで文書を作成した後、DAISY変換メニューを選ぶだけで文書をDAISYフォーマットに変換できる。読み上げに必要な音声合成エンジンも、視聴覚障害者や支援団体向けに、マイクロソフトが別途、無償で提供する。

 アドインはオープンソースソフトとして提供。Windows XP/Vista/7、Word XP/2003/2007に対応した。DAISY文書の再生には別途、対応ソフトが必要。

 マイクロソフトの加治佐俊一CTOは「視覚障害などで印刷物を読めなかったり読むことが難しい人をサポートできるのはうれしい」などとコメント。DAYSYコンソーシアムの河村宏会長は、「出版物が電子化されると同時に、すべての人が書籍にアクセスできるようにしていきたい」と意気込んでいた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.