ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「バリアフリー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「バリアフリー」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

調査レポート:
東日本大震災で防災意識を見直すも、災害時に役立つ住宅設備を導入しない人が68%
ホクシンハウスは、戸建て住宅購入の経験者1082人を対象に、インターネット上で、戸建て住宅の災害対策に関する調査を行った。結果、東日本大震災以降に、防災意識を見直した対象者のうち68.1%は、災害が起きた時に役立つ住宅設備を導入していないことが明らかになった。(2021/4/12)

ミシュラン星付き:
JR東「サフィール踊り子」、密を避けた旅行需要で予約は好調 4月から新パスタ提供
JR東日本は、伊豆エリアへの観光特急列車「サフィール踊り子」で提供するメニューを刷新した。狙いは?(2021/4/3)

新制度がスタート:
4月から食料品などが値上げ、こう変わる
4月1日から福祉や働き方に関する新制度などがスタート、暮らしやすい社会に向けた施策の整備が進むほか、新型コロナウイルスによる影響を抑える税措置なども始まる。一方で……。(2021/3/29)

WELL認証:
竹中工務店の「深江竹友寮」がWELL認証シルバーを取得、集合住宅では国内初
竹中工務店の新入社員向け独身寮「深江竹友寮」が、WELL認証のシルバーランクを取得した。竹中工務店によると、これまで国内での取得実績は、オフィス用途がほとんどで、集合住宅でのWELL認証のシルバー取得は国内初の事例だという。(2021/3/18)

「邦画に日本語字幕を」 難聴の漫画家の切実な願いを描いた話に「めちゃくちゃ共感」「ハッとさせられた」
作者は『夏がとまらない』『大丈夫マン』などで知られる藤岡拓太郎さん。(2021/3/10)

【漫画】「あの世へつながる電話番号」都市伝説を検証したら…… 小学生の好奇心が招いた“恐怖体験”の結末にゾワリ
かけてはいけない電話番号のリストは確かに存在します。(2021/3/2)

通勤と観光6つの魅力:
西武鉄道、沿線顧客をどうやって増やすのか
首都圏の緊急事態宣言再発令に伴う終電繰り上げが1月20日から始まった。新型コロナウイルス感染拡大から1年が過ぎた。鉄道各社では「3密」を避けるため、車内放送で在宅勤務や時差出勤・通学を呼びかけ、車内や駅などの消毒に取り組む。社員のウイルス感染を防ぐためにマスク着用、手洗い、うがい、出勤前の体調確認なども徹底してきた。(2021/2/21)

アンジャ児嶋、“多目的トイレ”の名称変更案に「ビックリしましたよ」 松本人志からのイジりにツッコミ
本当に必要な人が多目的トイレを使いやすくするための名称変更。(2021/2/18)

BIM:
LIXILとコマニーがトイレ空間のBIMモデルを開発、寸法の調整で干渉性の確認も可能
LIXILは、コマニーと共同で、パブリックトイレ空間のBIMモデルを開発した。BIMモデルは、5種類のタイプを備えており、各BIMモデルは寸法を調整することで、円滑に行動ができるトイレ空間なのかを確かめられる。(2021/2/15)

ハウルの城は高さ16メートル:
「ジブリパーク」、愛知県に2022年秋開業 トトロやラピュタの世界観を再現
愛知県は2月3日、2021年度の整備内容を発表。大村知事が会見で解説した。(2021/2/4)

Autodesk University 2020:
歴史的建造物の調査を高精度に行う“クイックスキャン”、Revit連携でVR展開も
文化財保護法が一部改正され、以前は政府が行っていた歴史的建造物の管理が都道府県や市町村に委ねられることになった。実現には、歴史的建造物に関する管理や活用を市民参加型にする必要がある。レーザースキャナーや写真データを活用した歴史的建造物のデータ化は、将来的な建造物の修繕やバリアフリー化などの情報を共有化するのに有効だ。また、BIMとの連携で、調査や修繕の管理・立案などにも役立つ。(2021/2/1)

全座席に2口コンセント 京急が新型車両を春に導入 前面展望席も復活
京浜急行電鉄が自動回転式シートを備えた新造車両「1000形」を発表。春から4両編成2本を運行する。初めてバリアフリーの洋式トイレや座席ごとのコンセントを備えた。(2021/1/21)

21年春の導入:
京急、座席の切り替えができる新造車両を導入 コンセントや洋式トイレも設置
京浜急行電鉄は1月20日、ロングシートからクロスシートに切替可能な自動回転式座席を採用した新造車両を2021年春に導入すると発表した。車両には、洋式トイレやコンセントを設置し利便性の向上を目指すとしている。(2021/1/21)

「絶妙に助かる!」「大人用も欲しい」 表裏どちらでも着られる服「どっちもおもて」、丈が長めの肌着「おなかでぬ」がクラウドファンディングを開始
あると助かる〜!(2021/1/15)

ブランド力向上:
「片道5分で大人1000円」 横浜市、桜木町駅と新港ふ頭を結ぶロープウェイの運行を4月22日に開始
横浜市は、桜木町駅と新港ふ頭を結ぶロープウェイの運行を4月22日に開始すると発表した。移動自体が楽しく感じられるような多彩な交通サービスの充実を狙う。(2021/1/14)

駅で聞こえる「ピーンポーン音」と「鳥のさえずり音」の正体は?
そういえば……鳴ってます。大切な役割があります。(2021/1/12)

導入事例:
西松建設のオフィスビル「NCOメトロ神谷町」が「DBJ Green Building 認証」を取得
西松建設が設計・施工を手掛けた自社保有の「NCOメトロ神谷町」が、日本政策投資銀行の「DBJ Green Building 認証」を取得した。(2021/1/12)

コロナ以前からの課題:
鉄道会社の終電繰り上げは「必然」、これだけの理由
コロナ禍で利用者が減少し、鉄道各社の決算見通しが悪化している。10月下旬以降、各社が来春のダイヤを公表し始めたが、揃って「終電繰り上げ」を表明。原因として、コロナ禍による利用減少が浮かぶかもしれないが、実はそれはきっかけに過ぎない。鉄道業界では、以前から終電繰り上げが検討されていたのだ。(2020/11/27)

交通政策白書2020を読み解く(後編):
超高齢社会の「移動の足」を支えるには? 生きがいになる外出の促進を
本稿では交通政策白書2020の「要旨」を基に、前編ではCOVID-19の影響も含めた交通の動向について確認した。後編では、テーマ章である第2部について、日本における高齢者の生活と生きがいづくり、外出の実態について考察した上で、超高齢社会の「足」を支える施策の最新動向や先進的な取り組みを紹介する。(2020/11/27)

ET&IoT Digital 2020:
withコロナ時代に果たすべきIoTの役割、AIによる「社会の自動運転」を見据えよ
オンライン開催されている「ET&IoT Digital 2020」において、東洋大学 INIAD 学部長の坂村健氏が「ウィズコロナ時代のIoT」をテーマにとする基調講演に登壇。コロナ禍におけるIoTの役割や、坂村氏が会長を務めるトロンフォーラムの活動を紹介した。(2020/11/25)

やっぱり魔法少女だ! 山本美月、“車椅子”への配慮にファンから感謝の声「すごく嬉しいです」
ドラマ「パーフェクトワールド」で車椅子の鮎川樹に寄り添うヒロインを演じた山本さん。(2020/10/30)

九州新幹線の武雄温泉・長崎ルート、列車名は「かもめ」に
車両は「N700S」6両編成。(2020/10/28)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
鉄道業界で大流行の「SDGs」 背景に見える、エコテロリズムへの危機感
東急で環境保護などをうたったラッピング車両「SDGsトレイン」が走り始めた。こういった取り組みが鉄道業界でも浸透し始めている。環境に配慮した車両は以前から開発されてきたが、あらためてSDGsを発信する背景には、環境保護を訴える若者などへのメッセージの意図がある。(2020/10/2)

コロナ禍で延期の「東京BRT」、10月1日からプレ運行 都心と臨海地域を結ぶバス高速輸送システム
東京都都市整備局は、都心とベイエリア(臨海部)を結ぶバス高速輸送システム「東京BRT」(Bus Rapid Transit)のプレ運行を10月1日に始める。新型コロナウイルスの影響で延期していた。(2020/9/9)

JR東、終電時刻を30分繰り上げ 2021年春から 一部路線は始発時刻の繰り下げも
JR東日本が2021年春をめどに各路線の終電時刻を30分繰り上げる。東京100km圏の路線を対象とし、詳細は10月に発表予定。(2020/9/3)

「特務機関NERV防災アプリ」、運用費は年間6000万円 収益化に向け“サポーターズクラブ”設立
セキュリティ企業のゲヒルンは、自然災害関連の情報や防災気象情報などをユーザーの位置情報に基づいて配信するスマートフォン向け「特務機関NERV防災アプリ」(iOS/Android)に月額制の会員制度「サポーターズクラブ」を設立したと発表した。(2020/9/1)

東京メトロ有楽町線・副都心線の新型車「17000系」お披露目 何がすごい? どこが変わった? 早速見てきました
2021年2月から有楽町線・副都心線で活躍しますよ〜。(2020/8/13)

医療機器ニュース:
「オンライン資格確認」に対応する顔認証付きカードリーダーを発表
パナソニック システムソリューションズ ジャパン(PSSJ)は、2021年3月から開始予定の「オンライン資格確認」に対応する「顔認証付きカードリーダー(マイナンバーカード対応)」を発表した。(2020/8/12)

東京駅の公式ガイドアプリ、リアルタイム混雑状況表示やチャットbotによる案内に対応
JR東京駅内の情報を表示するスマートフォン向けアプリ「東京ステーションナビ」(iOS/Android、無料)が8月3日にアップデート。構内や店舗の混雑状況やコインロッカーの空き情報、チャットbotを活用した案内などの新機能を追加する。(2020/7/30)

東西が、結ばれる:
新宿駅東西自由通路の開通で、どんな未来が待っているのか
「新宿駅は複雑で、迷いやすい」といった不満を感じていた人も多いのでは。そんな不満を解消するかのように「東西自由通路」が開通した。どのように変わったのかというと……。(2020/7/26)

イノベーションのレシピ:
開き戸タイプの玄関ドアを自動ドアに、LIXILの新規事業部門が1年で開発
LIXILが日本国内の多くの住宅で用いられている開き戸タイプの玄関ドアを後付けで自動ドアに変えられる電動オープナーシステム「DOAC(ドアック)」を発表。システム単体の価格(税別)は20万8000円から。同年8月3日から先行受注を開始し、9月1日から全国で発売する。(2020/7/8)

「食堂車」模したレストランも 東京駅ナカに飲食施設が充実した新エリア「グランスタ東京」8月3日オープン
乗り換え時間がもっと楽しくなりそう。【訂正】(2020/7/3)

祝就航! “新”さるびあ丸の「私、見えないところがマジすごいんです」
伊豆諸島へ向かう新造船「(三代目)さるびあ丸」が就航! 船乗りライターが気になる内部や設備を写真たっぷりでチェックします。ユルーい船旅も楽しそうですよ〜【写真92枚】(2020/6/25)

87分の1サイズの模型を改造した超小型ラジコンがすごい! なめらかな動作とランプ点灯のギミックに驚きの声
小さいのにリアルな動きで脳がバグる。(2020/6/11)

フェリシモからディック・ブルーナのバリアフリーグッズが発売 車いすのロッテや補聴器のベンが生活雑貨になったよ!
もちろんミッフィーもいます!(2020/6/2)

しなの鉄道、初の新車「SR1系」7月4日デビュー 「特急みたいな装備」「軽食が気になる」……どんな車両?
平日は通勤ライナー、休日は観光列車として走ります〜。(2020/6/1)

「Googleマップ」に車椅子対応アイコン、「音声文字変換」に“名前で振動”機能
Googleが世界アクセシビリティ気づきデー(GAAD)にあわせ、アクセシビリティ関連の新機能を複数発表した。Googleマップでバリアフリー対応場所を見つけやすくし、「音声文字変換」アプリに名前に反応して端末が振動する機能、認知障害者用の操作ボタンなどだ。(2020/5/22)

テレビの音が聞き取りやすくなる「ミライスピーカー」に家庭用の小型モデルが登場
サウンドファンは、家庭のテレビなどに接続する「MIRAI SPEAKER HOME」を5月12日に発売する。独自の曲面振動板を搭載し、お年寄りにも聞き取りやすい音になるという。価格は2万7000円(税別)。(2020/5/7)

業界動向:
丹青社が仏エコバディスのCSR審査で、5.5万社のうち上位16%の「シルバー」評価
丹青社は、環境的かつ社会的パフォーマンスの企業評価を行っているフランスの機関「EcoVadis」のCSR(社会的責任)評価で、上位25%の企業に与えられる「シルバー」評価を取得した。(2020/4/28)

VR:
3D計測の点群データとVRを活用した新たな文化財研究/展示手法
ライカジオシステムズは、同社の3Dレーザースキャナーを用いて取得した点群データでVRコンテンツを作成し、展示会の来場者に公開する取り組みを始めている。建物内外を短時間で3D計測し、VRデータ化する技術は、魅力的な一般展示と効率的な文化財研究の両面から活用が期待できる。(2020/3/25)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
国交相発言はみっともない 新幹線の車椅子スペース、増やすための“一手”
東海道新幹線の新型車両N700Sの車椅子スペースについて、不満を示した赤羽国交大臣。国交省の基準に従って作った設備に対して“物申す”パフォーマンスは勘弁してほしい。実際、同省では新幹線のバリアフリー対策の議論を深めているところだ。もっと便利にするためには……(2020/3/6)

待ち合わせスペースも新設:
東京駅に新エキナカ商業施設、66店舗が出店 JR東として最大規模
JR東日本と鉄道会館は6月17日、東京駅の改札内で、新エキナカ商業施設「グランスタ東京」を開業する。待合空間や改札口も新設する。(2020/2/18)

ALS公表の“ニャンちゅう声優”津久井教生、腫瘍摘出後の状況を報告 「やはり筋肉の能力低下が進んでしまいました」
自主トレを続け、今の状態を維持していきたいとつづっています。(2020/2/14)

JR東海、新型通勤電車「315系」を2021年度に導入 国鉄時代の211系はついに消滅へ……
「何か」に似てる……!? 全編成トイレ付きがうれしいところ。JR東海の新しい顔になりそうです。(2020/1/24)

渋谷の宮下公園が6月に「MIYASHITA PARK」へ 公園・商業施設・ホテルが一体となった複合施設に
災害発生時の一時待避所にも。(2020/1/22)

プロジェクト:
全長330m2・延べ床面積4万6000m2の大規模低層複合施設が渋谷に誕生
渋谷区と三井不動産は、宮下公園およびその周辺の整備を進めている。2020年4月には再開発が完了し、延べ床面積が4万6000平方メートル、全長330平方メートルの大規模低層複合施設が誕生する。(2020/1/21)

インバウンド客への分かりやすさも強化:
東武鉄道、19年度中に川越駅など5駅をリニューアル 地域性あるデザインの取り入れやバリアフリー設備増強へ
東武鉄道は、2019年度中にスカイツリーライン、ならびに東上線内の数駅をリニューアルする。バリアフリー設備の増強や、壁面を活用した構内案内の分かりやすさ向上を狙いとしている。また、各駅の地域性を生かしたデザインも取り入れるという。(2020/1/7)

プロジェクト:
万博需要を見込み大阪駅が西側へ拡大、西日本最大のオフィスビルや新改札口
大阪駅が、うめきた2期など周辺の街づくりと連動する形で、西側の再開発を加速させる。駅自体も西側に新改札口を開設する他、新駅ビルと、日本郵便ら4者共同の複合ビルが高架下の連絡路で連結し、西側エリア一帯の回遊性を高める。2025年大阪万博の需要を見込み、新たなにぎわいの拠点を創出する。(2019/12/24)

「特務機関NERV防災アプリ」Android版が配信開始 先行するiOS版は40万ダウンロード突破
自然災害関連の情報や防災気象情報などをユーザーの位置情報に基づいて配信するアプリ「特務機関NERV防災アプリ」のAndroid版の配信が始まった。9月から先行して配信しているiOS版は40万ダウンロードを超えたという。(2019/12/18)

省エネ型の車両も:
JR九州が新型車両を投入 2020年3月14日から
JR九州は2020年3月14日から新型車両を投入する。福岡・九州地区に821系電車。長崎地区にYC1系ハイブリッド車。(2019/12/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。