ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「バリアフリー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「バリアフリー」に関する情報が集まったページです。

歩行者エリアを強化:
浜松町駅エリアはどう変わる? JR東日本など5社が再開発計画を発表
世界貿易センタービルディング、野村不動産、JR東日本など5社は、浜松町駅エリアの整備計画を発表した。(2022/5/19)

近鉄伝統の赤が鮮やかに:
近鉄、24年秋に新型一般車両を導入へ 40両を新造
近畿日本鉄道は5月17日、2024年秋に新型一般車両を導入すると発表した。(2022/5/17)

豊穏の彩(ほうおんのいろどり):
JR西、岡山・備後エリアに新型車両 シンボルカラーにピンク
JR西日本は、2023年以降に岡山・備後エリアに導入を予定する新型車両(227系近郊形直流電車)のデザインを発表した。(2022/5/11)

幕末建立の古民家レストラン「久右衛門邸」がオープン 利益を障がい者の給与に
一般社団法人AOHは、自然豊かな里山で和洋折衷料理を提供する古民家レストラン「久右衛門邸」をオープンする。(2022/5/6)

総額263億円の設備投資:
小田急電鉄、最新の通勤車両「5000形」を新造へ 防犯カメラも搭載
小田急電鉄は4月28日、最新の通勤車両5000形の導入や3000形のリニューアル、本厚木駅のホームドア導入など総額268億円の鉄道事業設備投資を行うと発表した。(2022/4/28)

〈5社共催〉ヒートショック対策リフォーム セミナーレポート:
高齢化社会の住まいで避けては通れない「ヒートショック」、住宅設備メーカー各社の対応製品とは?
かつてない超高齢化社会へ向いつつある我が国において、住まいに関わる重要課題として、ここ最近クローズアップされているのが、「ヒートショック」問題である。現在でも、交通事故による死者数よりも多くの人々が、ヒートショックによる家庭内事故で亡くなっているという。(2022/4/25)

東京が変わる:
東京メトロ「有楽町線」「南北線」の延伸で、どうなる?
東京メトロ有楽町線と南北線の延伸が決定した。コロナ禍で事業環境が大きく変化する中、東京メトロが計画する今後の戦略とは。(2022/4/21)

組み込み開発 インタビュー:
プロジェクター市場半減の衝撃、カシオの生きる道は“組み込み”へ
コロナ禍もあってプロジェクター市場が急減している中、カシオ計算機は独自のプロジェクター技術を生かすべく、「プロジェクションAR」向けに用いられる組み込みプロジェクションモジュールを新規事業として立ち上げた。現在、最も強い引き合いがあるのが、スマートファクトリー向けの作業ガイドだという。(2022/4/20)

越智岳人の注目スタートアップ(4):
変形バイクを開発するICOMA――金型レス製造で目指す令和のバイクとは
四角形の形状から変形して、電動バイクとして使用できる「タタメルバイク」。開発段階からSNSで話題を呼び、多くのメディアにも取り上げられてきたこのプロダクトを手掛けているのは、タカラトミーで変形ロボットの設計に携わり、ハードウェアスタートアップ2社でエンジニアとしての経験を積んできた生駒崇光氏が代表を務めるICOMAだ。ICOMAが目指すモビリティ社会の未来について取材した。(2022/4/20)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
九州と北海道 2つの高級クルーズ列車は、リピーターを獲得できるのか
高級クルーズトレインの先駆者「ななつ星in九州」と北海道を巡る「THE ROYAL EXPRESS 〜HOKKAIDO CRUISE TRAIN〜」に新コースが設定された。どちらも国内観光需要の盛り上がりに向けた対応だ。しかし定員を減らして三密を避けつつ、運行とサービスを維持するには顧客単価を上げる必要がある。(2022/4/16)

法人課税はどう変わったか:
【経理必見】令和4年度税制改正、経理業務への影響は? ポイントを解説
「令和4年度税制改正」では所得拡大促進税制の拡充や住宅ローン減税の見直しなどが目玉となりそうです。その他、少額減価償却資産の損金算入特例の見直しなども要注目です。2021年に公表された税制改正大綱から、経理担当者が押さえておきたい改正ポイントを解説します。(2022/4/12)

東京建物などが推進:
渋谷駅東側の再開発 二丁目西地区にバスターミナルや歩行者デッキ 29年度竣工予定
東京建物は3月24日、東京都渋谷区二丁目西地区の再開発「Shibuya REGENERATION Project」について、東京都および渋谷区より都市計画決定の告示を受けたことを発表した。(2022/3/25)

“ベッドタウン”から“沿線中核都市”へ:
南海電鉄、大阪・泉ヶ丘駅前の「活性化計画」始動 25年の開業目指し複合施設を建設
南海電気鉄道が、沿線の重要拠点である「泉北ニュータウン・泉ヶ丘」において、行政と共創で「泉ヶ丘駅前活性化計画」を始動すると発表した。(2022/3/9)

プロジェクト:
「新大阪駅」の確固たる玄関口へ、変貌する東淀川区西部地域の都市開発
大阪市は、2017年に「新大阪駅東口まちづくり部会」を発足した後、「新大阪」駅東口での再開発の方向性や市営住宅建て替えに伴う余剰地活用の検討を進めている。(2022/2/28)

リテール&ロジスティクス:
滋賀県大津市で延べ1.5万m2の物流施設の開発に着手、中央倉庫
中央倉庫は、2023年5月下旬の竣工に向け、滋賀県大津市で物流施設「大津倉庫」の開発に着手したことを公表した。(2022/2/16)

リノベーション:
大和ハウス、“マンション建て替え円滑化”法活用のマンション完工
大和ハウス工業は、「マンションの建替え等の円滑化に関する法律」を活用した分譲マンション「プレミスト文京千石」を2021年12月2日に完工し、2022年1月15日から引渡しを開始した。(2022/2/8)

東海・近畿・九州も調査:
満足度の高い「新築分譲マンション」ランキング、首都圏の1位は?
調査対象は「部屋を一室ずつ販売している新築分譲マンションを取り扱う企業(中古の分譲マンションは対象外)」とした。(2022/2/5)

音の世界:
ただ読み上げるだけじゃない! オーディオブック制作の舞台裏
プロのナレーターや声優が本を読み上げる配信サービス「オーディオブック」の人気が高まっている。国内市場を牽引してきた、オトバンクの制作現場を取材すると、単に演者が読み上げるだけでは作れない、豊かな音の世界が広がっていた。(2022/2/4)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
全員に恩恵のある「駅のバリアフリー」、都市と地方でこんなに違う
国土交通省は2021年12月24日、全国鉄道駅のバリアフリー化を加速すると発表した。都市部では鉄道運賃にバリアフリー化費用を加算できる制度を作る。地方部では鉄道駅のバリアフリー設備の整備について、費用の補助率を最大3分の1から2分1のに増やす。「バリアフリー加算運賃」はすべての人に利点がある。(2022/1/21)

月刊乗り鉄話題(2021年12月版):
自粛から明るい話題へ、DMVデビューで大団円! 「2021年の鉄道ニュース・乗り鉄話題」10選
乗り鉄にとって、2021年も感染症の流行で自粛を強いられる年でした。それでも明るい話題、楽しいことがいくつもありました。日本の鉄道完乗率100%の筆者が振り返ります。(2021/12/31)

海辺の先進的な都会感:
横浜市交通局 地下鉄ブルーラインに新型車両「4000形」導入
横浜市交通局は、市営地下鉄ブルーラインに新型車両「4000形」を導入すると発表した。(2021/12/13)

30000系以来12年ぶり:
大阪メトロ、万博に向け中央線に新型車両 外観デザインは“宇宙船”をイメージ
Osaka Metro(大阪メトロ)が、中央線に新型車両400系(6両×23編成)と新造車両30000A系(6両×10編成)を導入すると発表した。(2021/12/10)

世代交代を成功させた新時代の「メガテン」 仕事の連絡を絶って遊び続けた歴年のファンが「真・女神転生V」をガチでオススメ
過去作への敬意も挑戦も兼ね備え、新たな境地も描いたシリーズ最高傑作!(2021/12/3)

全国に30カ所開設:
月給13万円 障がい者が、生き生きと働けるエスプールプラスの農園「わーくはぴねす」
障がい者に働いてもらえる場を見つけられないなど困っている企業に対して、エスプールの子会社エスプールプラスが大都市近郊にある農園を貸し出して働く場を提供している。(2021/12/1)

駅と街を一体的に:
赤坂駅周辺を“エンタメシティ”に TBSらが約230メートルの複合ビル建設
三菱地所とTBSHDが、赤坂2・6丁目地区の開発計画について、「国家戦略都市計画建築物等整備事業」として認定を受け、11月15日に都市計画が告示されたと発表した。(2021/11/22)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「駅のホームドア」が普及しているが、安全基準はどうなのか
京王電鉄京王線で発生した傷害放火事件は記憶に新しいが、犯人の動機などは社会学、心理学の範疇(はんちゅう)で鉄道側としてはなんともしがたい。ただし、鉄道については「防犯」と「防災」の議論が起きた。ホームドアなどの関連する各種施設や機器とその運用、これまでの法令等を見ながら、課題や今後のあり方を考える。(2021/11/20)

「経済成長にはどんなデジタル化が必要?」――デジタル庁が意見募集 「新重点計画」策定で
デジタル庁は、デジタル社会を実現するための方針を決める「新重点計画」の策定に向け、6つのテーマについて意見募集を始めた。期間は11月5日から18日まで。(2021/11/8)

新京成「80000形」の新造車を導入 安全・快適・省エネを追求
新京成電鉄は11月2日、「80000形」の新造車両1編成を導入し、新京成線の松戸駅〜京成津田沼駅間で営業運転を開始した。(2021/11/2)

そのまま車内に持ち込める:
西鉄が「サイクルトレイン」の実証実験 観光需要の喚起を図る
西日本鉄道が、自転車を折りたたまずそのまま車内に持ち込める「サイクルトレイン」の実証実験を行う。(2021/10/11)

プロジェクト:
大阪府摂津市鶴野で延べ1.4万m2の物流施設が着工、サンケイビルら
サンケイビルは、近畿総合リースとともに、大阪府摂津市鶴野で2022年9月の竣工に向け物流施設「(仮称)摂津物流計画」の開発を進めている。(2021/9/30)

新潟「上越新幹線 Max ありがとうオール2階建て弁当」(1634円):
感謝の気持ちもMax! ウワサの「オール2階建て弁当」を食べてみた
10月1日で引退するオール2階建て新幹線“Max”。Max引退記念駅弁の1つめ、2階建ての容器の「上越新幹線 Max ありがとうオール2階建て弁当」をどうぞ。(2021/9/27)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
2025年の大阪・関西万博で、鉄道の路線図はどうなるのか
2025年に大阪、夢洲で「2025年大阪・関西万博」が開催される。政府は主要公共交通機関に大阪メトロ中央線を位置付けた。このほか会場へのアクセスには船とバス、さらに具体化していない鉄道ルートが3つ、近畿日本鉄道の構想もある。また会場内の交通には、3種類のモビリティが計画されている。(2021/9/18)

「日本版MaaS支援事業」に見る、日本のモビリティにおける課題
人々の移動をテクノロジーで変える「MaaS」に求められるもの。特に日本という環境に適したシステムはどう設計するべきか。(2021/9/14)

製品動向:
JISが定める「T-4等級」の遮音性を備えたドアを開発、文化シヤッター
文化シヤッターは、独自の扉構造により、JISで定める最高等級である「T-4等級」の遮音性を備えた「高遮音スチールドア」を開発した。(2021/9/2)

PR:見えていなかった“データの因果関係”を可視化 「なんとなく」から脱却するには? NECワークショップで学ぶ
(2021/8/30)

JFMA調査研究部会のFM探訪記(2):
SDGsタスクフォースとユニバーサルデザイン研究部会
本連載では、日本ファシリティマネジメント協会(JFMA) 専務理事 成田一郎氏が「JFMA調査研究部会のFM探訪記」と題し、JFMA傘下で、マネジメントや施設事例、BIM×FMなどの固有技術をテーマにした合計18の研究部会から成る「調査研究部会」での研究内容を順に紹介していく。第2回では、2003年に発足した「ユニバーサルデザイン研究部会」と2020年に活動を開始した「SDGsタスクフォース」にスポットライトを当てる。(2021/8/26)

ニュース解説:「駅バリアフリー化」へ鉄道料金“値上げ”を国土交通省が検討
「鉄道駅のバリアフリー化促進のため、国土交通省が鉄道利用者に整備費用の負担を求める方向で検討に入った」という2021年6月のニュースを解説。(2021/8/14)

シン・エヴァ配信、日本語字幕の表記ミスを詫びるも視聴者は「問題ない」
エヴァンゲリオン公式Twitterアカウントは13日、Amazonプライムビデオで配信を始めた「シン・エヴァンゲリオン劇場版」で一部バリアフリー字幕に表記ミスが確認されたと発表した。(2021/8/13)

産業動向:
注文住宅の購入に関する調査、43%がアフターサービスに24時間対応の相談を要望
赤鹿地所は、兵庫県に住む20代〜50代の住宅購入経験者・購入検討者1032人を対象に、インターネット上で、「注文住宅の購入」に関するアンケート調査を実施した。リサーチの結果、注文住宅の購入で不安なことは総額費用であることやアフターサービスとして24時間対応の相談サービスが求められていることが分かった。(2021/8/3)

Green UNDER GROUND:
東急電鉄、駒沢大学駅のリニューアル工事着工 田園都市線の5駅を改修へ
東急電鉄が、田園都市線の地下区間5駅を対象としたリニューアルプロジェクト「Green UNDER GROUND」を開始する。(2021/7/30)

LIXIL、「DOAC」新機能追加 話しかけるだけで玄関ドアの自動開閉が可能に
LIXILは自宅の玄関ドアを「自動ドア」へ変えられる電動オープナーシステム「DOAC」に、スマートフォンやApple Watchでのタップ操作、音声操作にも対応する新機能を追加し、9月1日より全国で発売すると発表した。(2021/7/19)

首都圏の鉄道初:
東京メトロ、“斜めに進む”エレベーター設置 赤坂見附駅と永田町駅の乗り換えルートに
京メトロは7月9日、銀座線・丸ノ内線の赤坂見附駅と、有楽町線・半蔵門線・南北線の永田町駅を結ぶ乗り換え通路に「斜行型エレベーター」を設置すると発表した。(2021/7/9)

モビリティサービス:
東京のデジタルツイン化へ、2030年にリアルタイムデータを活用できる環境目指す
東京都が都内のデジタルツイン化に向けて動き出した。西新宿や都心部、湾岸エリア、八王子市南大沢、島しょ地域からモデル化をスタート。社会実装は、防災や街づくり、モビリティ活用、エネルギーの効率化、自然環境との共生、ウェルネス、教育、働き方の多様化、産業振興の9分野を対象とし、地域特性に合わせてデジタルツイン活用を始める。(2021/7/6)

マンション建て替えフォーラム:
マンション再生の円滑化に向けて──法令動向を読み解く
戦後高度成長期に供給された多くの集合住宅が老朽化し、各地でさまざまな問題を引き起こしている。「高経年マンション」と呼ばれる老朽マンションの再生は、社会課題となり、法制度の整備や民間事業者による建て替えなど、さまざまな取り組みが活発化している。2021年6月4日に開催された「マンション建て替えフォーラム」は、各当事者が多様な取り組みについて紹介するオンラインセミナー。その中で、国土交通省 宿本尚吾氏の基調講演を採り上げる。(2021/7/5)

湘南の海を水玉模様で表現:
JR東、相模線に新型車両「E131系」投入 安全性や利便性向上
JR東日本は6月17日、相模線に新型車両を投入すると発表した。(2021/6/17)

いまさら聞けない建築関係者のためのFM入門(12):
【最終回】発注者のニーズを知り、要求条件をまとめる(下)−ブリーフィング/プログラミングの重要性−
本連載は、「建築関係者のためのFM入門」と題し、日本ファシリティマネジメント協会 専務理事 成田一郎氏が、ファシリティマネジメント(FM)に関して多角的な視点から、建築関係者に向けてFMの現在地と未来について明らかにしていく。今回は、要求条件を伝える方法として、プログラミング/ブリーフィングの在り方について、モデルルームのコンセプトに詩を用いた事例を交えながら解説する。(2021/6/1)

産業動向:
中高年層の住み替えなどに関する調査、66%が住み替え時に資産価値を意識
三井不動産リアルティは、インターネット上で、2015年4月1日以降に不動産を購入あるいは売却した45歳以上の1851人を対象に「中高年層の住み替えなどに関する調査」を実施した。リサーチの結果によれば、対象者の65.9%は住み替え時に物件の資産価値を意識していることが判明した。(2021/5/27)

月刊乗り鉄話題(2021年5月版) 「小田急ロマンスカー」まめ知識(3):
【知ってる?】ロマンスカー10000形 HiSEの「Hi」の意味は?
これを知っておくとロマンスカーミュージアムをもっと楽しめちゃう「小田急ロマンスカーまめ知識」。え? HiSEのHiはハイデッカーじゃない……の? 20000形RSEには「実は双子の兄弟」がいるそうです……!(2021/5/23)

国内初「AI冷房」って何だ? 2021年度登場、JR東海の新型通勤電車「315系」 鉄道ファン目線でチェックしてみた
旧国鉄時代の車両はなくなりますが、ハイテク機能で快適そうです。(2021/5/21)

プロジェクト:
伊藤忠都市開発が建て替え円滑化法の個人施行方式により富ヶ谷でマンションを開発
伊藤忠都市開発は、東京都渋谷区富ヶ谷2丁目で開発中のマンション「クレヴィア渋谷富ヶ谷」を2021年2月20日に販売を開始した。(2021/5/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。