ニュース
» 2010年04月07日 16時44分 UPDATE

radiko「予想をはるかに超える結果」 公式ガジェット、12日に公開

ラジオを放送と同時に丸ごとPC向けに配信する「radiko.jp」の反響は、「予想をはるかに超える結果」。Webブラウザを起動しなくてもradikoを聴けるガジェットも公開予定だ。

[ITmedia]

 IPサイマルラジオ協議会は4月7日、3月15日にスタートした、AM・FMラジオを放送と同時に丸ごとPC向けに配信する「IPサイマルラジオ」の試験サービス「radiko.jp」の反響が「予想をはるかに超える結果だった」と発表した。Webブラウザを起動しなくてもradikoを聴けるガジェットを、12日に公開する予定だ。

 radikoは、関東・関西圏の民放AM・FM局のラジオ放送をCMを含めて丸ごと、Webブラウザからストリーミングで聴けるサービス。開始から1週間(21日まで)の総ストリーム数523万、Webページの総ページビューは約4710万と「予想をはるかに超える結果」。ユーザーからは、サービスを高く評価する声が届いているという。

 Webブラウザを起動しなくてもradikoを聴ける、WindowsとMac対応のデスクトップ常駐型ガジェット「radikoガジェット」を4月12日に公開予定。スマートフォン対応や、「ネットの特性を生かした新しい放送連動サービス」も検討しているという。

 radikoを便利に使うための非公式の周辺サービスはすでに、個人開発者などが多数公開しており、Webブラウザなしで聴けるサービスや、iPhoneアプリもリリースされている。

関連キーワード

radiko | ラジオ | サイマル放送


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -