ニュース
» 2010年04月15日 11時33分 UPDATE

「ウイルスセキュリティ」にPCが起動できなくなる不具合

ソースネクストの「ウイルスセキュリティ」シリーズをインストールしたPCの一部で起動できなくなる不具合が発生。ドライバソフトをウイルスと誤検知し、削除してしまうという。

[ITmedia]

 ソースネクストは、セキュリティソフト「ウイルスセキュリティ」シリーズをインストールしたPCの一部で4月10日ごろから、起動できなくなる不具合が起きたと発表した。12日に不具合を解消するアップデートプログラムを配布。現在、PCを起動できている場合は、同じ不具合が起きることはないとしている。

 不具合が起きたのは、Intel製チップセットを搭載し、ドライバソフト「Intel Matrix Storage Manager driver」(AHCI driver)のごく一部のバージョンを使用しているPCで、10日午後2時ごろ〜12日午後2時ごろに使用し、12日午後12時までにシャットダウンした場合。ウイルスセキュリティが同ドライバをウイルスと誤検知し、次回起動時にドライバを削除するため、PCが起動しなくなるという。

 起動しなくなった場合は、ダウンロード配布している修復ツールを使って起動用CD-ROMを作成・実行するよう呼び掛けている。修復用CD-ROMを送ってほしいユーザーは、メールで問い合わせれば、準備が整い次第送ってもらえる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -