ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2010年04月27日 09時48分 UPDATE

RIM、BlackBerryの新モデルを発表

「BlackBerry Bold」の新機種と、BlackBerryでは最小サイズの「BlackBerry Pearl 3G」を発表した。

[ITmedia]

 カナダのResearch In Motion(RIM)は4月26日、スマートフォン「BlackBerry」の新モデル2機種を発表した。

 1つはプレミアムシリーズの新機種「BlackBerry Bold 9650」。QWERTYキーボード、光学トラックパッド、2.44インチディスプレイ、320万画素カメラ、GPSを搭載し、無線規格はEVDO Rev.AおよびHSPA/UMTS、Wi-Fi(802.11b/g)に対応する。Facebook、MySpace、Flickrに簡単にアクセスできる機能を備え、独自のアプリストアBlackBerry App Worldのアプリを利用できる。米国で5月に発売の予定。

ah_Bold_9650_Front.jpgah_Pearl_9100_Front.jpg Bold 9650(左)とPearl 3G 9100

 もう1機種は、コンシューマー向けラインの新端末「BlackBerry Pearl 3G」。BlackBerryの中では最小で、108×50×13.3ミリ、93グラムのストレート端末。3Gネットワーク(UMTS/HSDPA)をサポートし、Wi-Fiは802.11b/g/nと、BlackBerryでは初めて802.11nに対応している。BlackBerry OS 5、320万画素カメラ、GPSを搭載し、BlackBerry App Worldのアプリをサポート。小型ながらもQWERTYキーボードを搭載した「9100」と、従来のキーパッドを搭載した「9105」の2モデルある。5月に発売の予定。

 またRIMはこの日、BlackBerryをオフィスの固定電話のように使えるようにする企業向けソフトの新版「BlackBerry Mobile Voice System(MVS)5」を発表した。この新版は無線LAN経由のIP電話をサポートし、Cisco Unified Communications Managerと組み合わせると、BlackBerry端末でオフィスの電話番号と内線番号を使うことができる。1つの電話番号をデスクの電話とBlackBerryで共有し、オフィスにかかってきた電話を、携帯ネットワークだけでなく、無線LANを介してもBlackBerryで受けることができるという。同ソフトは年内にリリースの見込み。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.