ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2010年04月28日 08時41分 UPDATE

MS、Windows 2000向け更新プログラムの配布再開

Microsoftは配布を中止していたセキュリティ更新プログラム「MS10-025」を再リリースした。

[ITmedia]

 米Microsoftは4月27日(現地時間)、配布を中止していたWindows Media Serviceのセキュリティ更新プログラム「MS10-025」を再リリースした。影響を受けるのはWindows 2000 ServerでWindows Media Serviceをインストールしている場合のみ。

 「MS10-025」はWindows Media Serviceの脆弱性を解決する更新プログラムで、深刻度は「緊急」。4月の月例セキュリティアップデートで公開されたが、その後、この更新プログラムでは脆弱性に適切に対処できないことが分かり、配布を中止していた。

 同社は「影響を受けるすべてのユーザーに再リリース版の更新プログラムを適用してほしい」と呼び掛けている。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.