ニュース
» 2010年05月07日 20時24分 UPDATE

NEC、「瞬時に違法コピーを発見できる」動画照合技術 MPEG-7に採用

NECが、「瞬時に違法コピーを発見できる」動画照合技術を開発。「MPEG-7 Video signature Tools」として規格化される予定だ。

[ITmedia]

 NECは5月7日、同じ動画や似た動画を高精度に見つけられる技術を開発したと発表した。動画の指紋情報(ビデオシグネチャ)を照合する仕組みで、「瞬時に違法コピー動画を発見できる」としている。動画の識別技術などに関する国際標準規格「MPEG-7 Video signature Tools」として規格化される予定だ。

 動画の各フレームのさまざまな位置に、さまざまな大きさ・形の領域をペアで複数設定し、それぞれの領域の輝度の差分をシグネチャとして抽出。シグネチャを照合してコピーかどうかを判別する。

 丸ごとコピーした動画だけでなく、テロップを挿入したり、動画を映した画面をさらにカメラで映した場合などでも、高速・高精度に検出可能。国際標準化機関のテストで、平均識別率は96%、誤検出率は100万分の5だったという。

 2秒程度の短い動画でも適用できる。シグネチャは1フレーム当たり76バイトとコンパクトで、家庭用PC程度の処理能力でも、1秒間に1000時間程度の照合が可能という。

 同技術は、5月12日から東京ビッグサイトで開かれる「組み込みシステム開発技術展」に出展する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -