ニュース
» 2010年05月11日 19時03分 UPDATE

東北新幹線・新型車両の愛称募集、「はつね」は2位だった

東北新幹線で来年から営業運転する新型高速車両の愛称が決まったが、ネットでは「カラーリングが初音ミクに似てる」として「はつね」を応募する動きがあった。その結果は。

[ITmedia]

 JR東日本は5月11日、2011年3月から営業運転する東北新幹線の新型車両「E5系」の愛称を「はやぶさ」に決めたと発表した。愛称を公募した際、「新車両のカラーリングが初音ミクに似ている」とネット上で応募を呼び掛ける動きがあった「はつね」は、応募数で第2位だったという。

 E5系は最高速度300キロで東京〜新青森間を3時間10分で結ぶ高速車両。3編成を投入し、東京〜新青森2往復、東京〜仙台1往復を運転する。

 愛称の公募は3月に実施した。上部の緑と下部のグレー、その間のマゼンタの差し色という車両のカラーリングがVOCALOIDキャラ「初音ミク」に似ている、とネットで話題になり、「はつね」を応募しようという動きが一部で盛り上がっていた。

photo 初音ミク
photo E5系

 JR東によると、応募総数は15万372件。4396種類の愛称が集まった中、「はつね」の応募数は2位だった。1位は東北初の特急で2002年に廃止された「はつかり」。採用された「はやぶさ」には3129件の応募があり、7位だった。「スピード感があり親しみやすい」が採用理由だ。

 「はやぶさ」は6月に地球に帰ってくる小惑星探査機の名前でもある。そして金星探査機「あかつき」には初音ミクのパネルが搭載され、5月18日に打ち上げられる予定。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -