ニュース
» 2010年05月11日 20時35分 UPDATE

Google日本語入力、一部がオープンソースに

Google日本語入力の一部がオープンソース化。Chromium OSに組み込む部分が対象で、プロジェクト名はmozc。

[ITmedia]

 Googleは5月11日、「Google日本語入力」の一部をオープンソース化した。Chrome OSのオープンソースプロジェクト「Chromium OS」に組み込む部分が対象で、プロジェクト名は「mozc」(もずく、BSDライセンス)。Ubuntu 9.10/10.04での動作を確認している。

 Windows/Macintosh版と異なり、同IMEの特徴である、Webから自動抽出した大規模語彙辞書は含まない。同辞書にはGoogleの検索アルゴリズムを反映するような単語の頻度情報も含まれているため、オープンソース化の対象に含めなかったとしている。またWindows/Macintosh用インストーラや設定ツールなど、GUIによるツールも公開してない。

 Chromium OSに組み込む部分をオープンソース化する方針は、同IMEの発表当初から明らかにされていた。Googleは同IMEを、ストレスなくインターネットを使うためのコンポーネントの1つと位置付けており、こうしたビジョンを実現するためにはオープンソースコミュニティーの助けが必要だとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -