ニュース
» 2010年05月21日 19時30分 UPDATE

顔認識APIを無料公開 商用利用もOK

顔を含む画像を送ると、顔や目、鼻など位置を認識して座標データを送り返す顔認識APIをソフトウェア開発のインクリメントが無料公開した。商用利用もできる。

[ITmedia]

 ソフトウェア開発のインクリメント(東京都多摩市)は5月21日、顔を含む画像を送ると、顔や目、鼻などの位置を認識して座標データを送り返す顔認識APIを提供するサイト「detectFace();」を公開した。APIの提供は無料で、商用利用もできる。

 顔、目、鼻、口、眉の位置と輪郭を認識し、その座標データをXML形式で送り返すWeb API。各パーツの輪郭情報まで提供するため、凝ったアプリケーションを構築できるという。

photo ぱんだらの利用イメージ

 同APIを使ったサンプルサービスとして、画像をアップロードすると、画像中の人間の顔がパンダのイラストに変わる「ぱんだら」も公開している。

 「価格はまちまちだが、顔認識エンジンの価格は安くても100万円以上。高い場合には1000万円以上するものもある」ため、個人のアプリ開発者は顔認識エンジンを使ったWebアプリが作りにくかったという。「今まで高価で手が出せなかったデベロッパーやWebクリエイターにこの顔認識技術を使ってもらい、新しいサービス構築の一助になれば」としている。

 同社は昨年6月の創業から顔認識技術の研究・開発を行って来た。開発成果を無料のWebサービスとして公開し、評価、意見を集めながら技術を向上していく。今後は、顔識別技術の開発やペットや食べ物など人間以外の認識技術を開発し、画像にタグを自動で付けるシステムなどの構築を検討している。

関連キーワード

API | 写真 | Webアプリケーション


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -