ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2010年06月01日 11時50分 UPDATE

ASUSのタブレットPCはどんなもの――投稿動画で実機を見る

ASUSのWindowsタブレット「Eee Pad」と電子書籍リーダー的デバイス「Eee Tablet」を、ネットに投稿されたリポート動画で見てみよう。

[ITmedia]

 ASUSTeK ComputerがiPadに対抗するタブレットPC「Eee Pad」をCOMPUTEX TAIPEIで発表した。動画投稿サイトYouTubeには、同イベントで実際にEee Padに触れた映像がアップロードされている。そうしたハンズオン動画を幾つかピックアップする。

Eee Pad EP121

 「Eee Pad EP121」は12インチディスプレイ、Intelの省電力版Core 2 Duo、Windows 7 Home Premiumを搭載。HDMIポート、SIMカードスロット、スタイラスが付いている。実機に触れたリポーターは「非常に軽い。たぶん1キロを切る」とコメントしている。キーボード付きドッキングステーションに差し込んで、ノートPCのように使うことも可能だ。(動画:http://wwwnetbooknews.de

Eee Pad EP101TC

 10インチディスプレイ搭載の「Eee Pad EP101TC」はOSにWindows Embedded Compact 7を採用し、電子書籍リーダー機能、音楽再生機能を備える。SIMカードスロットも付いており、携帯ネットワークへの接続も可能だ。展示機ではOperaブラウザが動いていた。実機を手にしたリポーターは「重さはiPadと同じくらい」とコメントしている(EP101TCは675グラム、iPadは680グラム)。(動画:http://wwwnetbooknews.de

Eee Tablet

 Eee Tabletは電子書籍リーダーに手書き機能を加えたようなデバイス。モノクロ64階調の液晶ディスプレイを搭載し、分解能は2450dpi。アルミ筐体で、背面にカメラがある。スタイラスで画面に文字や絵を描き込むことができ、ディスプレイの下にあるタッチパッドを指でスライドしてページを切り替えることができる。ASUSスタッフによると、価格は199〜299ドルで、9月ごろ発売。(動画:tkbangjkkmobile.com

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.