ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「手書き」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

自宅待機中のノンスタ石田、妻からの手書きメッセージに「感謝しかない」 相方・井上が陽性で濃厚接触者に
今のところは元気に過ごしているようです。(2021/4/16)

CAD:
間取りスケッチから3Dイメージを作成、スマホに届けるサービス開始
スーパーワークスは、住宅購入検討者向けに、手描きの間取り図から3Dイメージを作成するサービス「ネットモケイfree」を提供開始した。空間イメージの把握・共有が容易になりトラブル回避に貢献する。(2021/4/7)

人工知能ニュース:
「Azure Sphere」を用いたTinyMLエッジAIサービスを開始
ヘッドウォータースは、MicrosoftのセキュアIoTプラットフォーム「Azure Sphere」を活用したTinyMLエッジAIサービス「SyncLect Tiny ML」を開始した。映像物体検知や画像解析、手書き文字認識、IoTデバイスデータからの予測分類などに対応する。(2021/4/1)

書き順に“クセ”がある手書きマシンにうっとり 周囲を描いてから中を塗りつぶすといった力技も
カタカタカタカタ。(2021/3/24)

職場用の上履きに手描きしたムーミンの絵が職人技の世界 若かりしムーミンパパの冒険が足下を彩る
パパ世代のキャラクターがたくさん。(2021/3/21)

AI insideの衝撃【前編】売上を250%成長させるSaaSの逆セオリー
手書き書類を人工知能(AI)を用いて高精度にデジタルデータに変換するOCRソフトウェア 「DX Suite」を提供するAI insideは、2021年3月期の業績予想売上高が対直近年度+281%を見込み、3月期決算の国内上場企業で最も高い成長率での着地を見込んでいます。同社がいかにSaaSプロダクトを急成長させたか。また、新たに展開を加速させているAI プラットフォーマー化への展望を前編・後編でお伝えしていきます。(2021/3/12)

メカ設計ニュース:
デスクトップ型レーザーカッターの個人向け販売を開始
SB C&Sは、Makeblock製デスクトップ型レーザーカッター「Laserbox」の個人向け販売を開始した。内蔵の超広角カメラが手描きのイラストや写真をスキャンして、さまざまな素材にデータを出力し、デザインに合わせて自動で切断、彫刻する。(2021/1/22)

三石琴乃がアニメ「セーラームーン」第1話の手書き台本公開 「月にかわって」が別物になりかけていたおしおき必至の凡ミス判明
関智一「ここから始まったんですね」。(2021/1/14)

CES 2021:
電子ペーパーで手書きメモを電子化、『ずっと表示』で使い勝手は紙のメモと同じ
Shiftallは、オンラインで開催中の「CES 2021」に出展する新製品「Croqy(クロッキー)」を発表。電子ペーパーと抵抗膜式タッチパネルの組み合わせにより、日常のメモ書きを電子化するネット接続型の電子メモで、メモ表示をスマートフォンアプリや複数のCroqy間で同期できるとともに、電子メモの内容をクラウドに保存できる。(2021/1/13)

CES 2021:
スマホから書き込める電子メモパッド、シフトールが発売 子どもやシニア層への連絡に
パナソニックグループのシフトールが家族との連絡を想定した電子メモパッド「Croqy」(クロッキー)を「CES 2021」で発表した。離れて暮らす祖父母や仕事中の父親に子どもの手書きメッセージを送れる。(2021/1/12)

ルフィ「それはゴムだな!!」 美川憲一手書きの「ONE PIECE」LINEスタンプが“ギリ言わなさそう”と話題
きれいなルフィになってる。(2020/12/17)

新発想 手書きメモが書けるiPhone 12ケース コスモテックから
コスモテック(東京都立川市)は油性ペンなどで手書きのメモが書けるiPhone 12用のスマホケースを発売した。シリコン素材に独自のコーティングを施すことで、油性ボールペンでメモを取ることができ、消しゴムや指で消せる。水に濡れても消えない。(2020/12/10)

「サンマルクカフェ」と「ジョージズ」がコラボ福袋を発売 おしゃれな手書きデザインのトートに「チョコクロ引換券」が入っています
コラボのテーマは「チョコっとした幸せ」。(2020/12/7)

Innovative Tech:
手描きスケッチからリアルな顔を生成 深層学習に画家の手法導入し改善
画家が実際にやっているような作業を取り入れることで、深層学習による合成精度を上げたという。(2020/12/3)

PR:オンラインでも「手書きの体験」を発信 ワコムが株主総会・事業説明会のオンライン化で得たものとは?
(2020/12/7)

現場管理:
アズビル、手書き記録作業のデジタル化クラウドサービスに新機能
アズビルは、PC上での直感的な画面操作のみで、スマートフォンやタブレット端末向けのWebアプリが構築できる「現場でつくる作業記録サービス」に新機能を追加し、2020年10月28日から運用開始した。(2020/11/11)

Innovative Tech:
落書きを即3Dモデル化、つまんで動かし即アニメーションに Googleなど「Monster Mash」開発
簡単な操作で手描きのラフスケッチをアニメーションにできる。(2020/11/2)

AI・機械学習のデータセット辞典:
QMNIST:手書き数字の画像データセット(MNIST改良版)
データセット「QMNIST」について説明。MNISTを改良してテストデータを1万から6万に増やし、合計12万枚となった手書き数字の「画像+ラベル」データが無料でダウンロードでき、画像認識などのディープラーニングに利用できる。PyTorchにおける利用コードやTensorFlowにおける情報も紹介。(2020/10/14)

ミスド創業50周年の限定エコバッグ発売 1号店とドーナツの手描き風イラストがほっこりかわいい
持ち帰りにぴったりの大きさも魅力的。(2020/9/30)

Innovative Tech:
手描きキャラクターに深層学習で影 カラーでも
カラー画像も背景のある画像にも影を付けられる。(2020/9/28)

AI・機械学習のデータセット辞典:
EMNIST:手書きアルファベット&数字の画像データセット
データセット「EMNIST」について説明。81万枚〜7万枚の手書きアルファベットおよび数字の「画像+ラベル」データが無料でダウンロードでき、画像認識などのディープラーニングに利用できる。PyPIパッケージ、TensorFlow、PyTorchにおける利用コードも紹介。(2020/9/28)

缶ビールのネイルが驚きのクオリティー! 「スーパードライ」「金麦」から缶チューハイの「ストロングゼロ」まで
爪の上に手描きでお酒パッケージを描いています。(2020/9/25)

ブログを手で書く「てがきはてなブログ」登場 iPadに最適化
手書きでブログを書くことができる「てがきはてなブログ」が実験サービス群「はてラボ」で公開。絵日記を書いたり、マンガを描いたりできる。(2020/9/24)

作って試そう! ディープラーニング工作室:
MNISTを使ってオートエンコーダーによる異常検知を試してみよう
オートエンコーダーの活用例の一つである異常検知を、MNISTの手書き数字を例に体験してみましょう。(2020/9/11)

FAニュース:
手書きの記録作業を簡単にデジタル化するクラウドサービス正式版を販売
アズビルは、手書きの記録作業を簡単にデジタル化するクラウドサービス「現場でつくる作業記録サービス」正式版を発売した。PC上の画面操作のみで、スマートフォンなどの端末向け作業記録アプリケーションを容易に構築できる。(2020/8/13)

妻「何食べたい?」に夫「わかんない」→妻が作った手書きメニュー表に「夫さん幸せ者すぎる」「羨ましい」と22万“いいね”
うらやましい……!(2020/8/11)

8万7000ページを保存できる手書きのデジタルノート「フリーノ」 キングジムが発売
キングジムは手書きできるデジタルノート「フリーノ」を7月31日から発売する。6.8インチの電子ペーパーディスプレイを備え、ワコム製のデジタルペンで「まるで紙にペンで書いたようなスムーズな書き心地」(同社)を実現した。(2020/7/15)

キングジムのデジタルノート「Freno」が便利そう 手書きメモを約8万7000ページ記録、PDFの閲覧・追記も
クラウドファンディングの成功を経て、7月31日から一般販売。(2020/7/14)

作って試そう! ディープラーニング工作室:
PyTorchでオートエンコーダーによる画像生成をしてみよう
画像生成の手始めとして「オートエンコーダー」と呼ばれるニューラルネットワークを作って、MNISTの手書き数字を入力して、復元してみましょう。(2020/7/10)

WWDC 2020:
Apple、ジェスチャー命令や空間手描きを可能に Vision Frameworkの新機能を紹介
ARKitにも類似の機能があるが、それとはどこが違うのか。(2020/6/26)

WWDC20:
「iPadOS 14」発表 「ユニバーサル検索」やApple Pencilの手書き対応など
米Appleが開発者会議WWDC20でiPadの新OS「iPadOS 14」を発表した。同時発表の「iOS 14」と同じ新機能に加え、「ユニバーサル検索」や「サイドバー」、Apple Pencilでの手書き文字のテキスト化などの新機能がある。(2020/6/23)

FAニュース:
現場の負担を軽減、容易に作業記録アプリを構築できるクラウドサービス
アズビルは、作業記録アプリを構築できる「現場でつくる作業記録サービス」のプレビュー版の提供を開始した。PC上での直感的な画面操作のみで、手書きの記録作業を簡単にデジタル化するWebアプリが構築できる。(2020/6/15)

夫婦と食材がたわむれる手描きイラストに胸キュン! 妻が夫のお弁当に入れる「お弁当メモ」が素敵すぎる
お気に入り作品について作者に聞きました。(2020/6/4)

作って試そう! ディープラーニング工作室:
MNISTの手書き数字を全結合型ニューラルネットワークで処理してみよう
より高度なニューラルネットワークの作成に移る前に、これまでの知識を使って、MNISTの手書き数字を認識するプログラムを作ってみます。(2020/5/21)

Google Lensアプリ、手書き文字をデータ化してPCに転送する新機能
Googleの画像情報検索アプリ「Google Lens」で取り込んだ手書き文字をPCに転送できるようになった。100カ国語の単語を音声で再生する機能(Androidのみ)と単語の意味を解説する機能も追加された。(2020/5/8)

「紙の上にイカ置きました?」「もう写真やん」 手描きのイカの絵がリアル過ぎて今にも動きだしそう
ヌメッとした感じも伝わってくる。(2020/4/3)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
ペンで手書きができるタブレット「Galaxy Tab A」 2万円台の安さが魅力
Samsungのペン対応タブレットには「Galaxy Tab S」シリーズがあり、最新モデルの「Galaxy Tab S6」は5Gモデルも販売されます。しかし高スペックなCPUも搭載しており価格は高く、万人向けといえる製品ではありません。そこで出てきたモデルが「Galaxy Tab A 8.0 & S Pen(2019)」です。(2020/3/25)

「書くこと」とテクノロジーの関係を整理する
手書きからPC、ワープロ、携帯、フリック、音声と、書くための技術は変遷を遂げている。これらのテクノロジーは書くことに、どう関係してくるのか、あらためて考えてみた。(2020/2/28)

PR:慣れ親しんだ「紙とペン」、手書きのワークフローを変えずにデジタル化
(2020/2/28)

学生、人事双方の意見:
履歴書は手書きが良い? やっぱり私服はNG? 人事側の意見は
i‐plugが主催する就職活動に関するプロジェクト「就活の変」が就職活動の実態に関する調査結果を発表した。学生側と人事側双方に調査を実施。「履歴書は手書きが良いのか」「私服だと評価が下がるのか」といった項目を調査した。(2020/2/7)

AI・機械学習のデータセット辞典:
KMNIST/Kuzushiji-MNIST:日本古典籍くずし字(手書き文字)データセット
データセット「KMNIST」について説明。7万枚の手書き文字(くずし字)の「画像+ラベル」データが無料でダウンロードでき、画像認識などのディープラーニングに利用できる。データセットをダウンロードできるPythonファイルについても紹介。(2020/1/27)

AI・機械学習のデータセット辞典:
MNIST:手書き数字の画像データセット
データセット「MNIST」について説明。7万枚の手書き数字の「画像+ラベル」データが無料でダウンロードでき、画像認識などのディープラーニングに利用できる。scikit-learn、Keras/tf.keras、TensorFlow、PyTorchにおける利用コードも紹介。(2020/1/22)

Innovative Tech:
文字列を移動させ手書きメモを挿入 Microsoftなど「SpaceInk」開発
これからの電子校正は変わるかもしれない。MSなどが新しいアプローチを編み出した。(2019/12/29)

手書き文字をAIが電子データ化、月額3.3万円のクラウドOCRサービス開始 NTT西
ディープラーニングAIによる画像認識技術と文章の前後関係を判定する自然言語処理の組み合わせに加えて、ゆがみや傾きの自動補正、訂正マーク部分の文字飛ばしにも対応。中堅中小企業向けのサブスクリプションサービスとして提供する。(2019/11/26)

手書き文書をクラウド経由でデジタル化できるサブスク型サービス「おまかせAI OCR」
AI insideと西日本電信電話は、サブスクリプション型OCRサービス「おまかせAI OCR」の提供を発表した。ディープラーニングを活用した高い識字率が特徴。(2019/11/26)

ジャーナリスト数土直志 激動のアニメビジネスを斬る:
「アニメの絵を自動で描く」AIが出現――アニメーターの仕事は奪われるのか?
手描きが主流だったアニメ制作でも自動化が到来。ソフトやAIが自動で描画や彩色する技術開発が進む。果たして、人間のアニメーターは不要になるのか、最前線を追う。(2019/10/21)

Go AbekawaのGo Global!〜David Malkin編(前):
「起業していたけど翌日にクローズを決めた」――英国育ちの社交的なエンジニアが日本で働く理由
手書き文字認識「Tegaki」などAIを使ったサービス開発をするDavid Malkin(デイビッド・マルキン)氏。本を読むのが大好きだった少年は、「起業した次の日にスカウト」されるほどのAIエンジニアとなった。しかし、同氏はエンジニアリングだけが仕事ではないと語る。マルキン氏が考える本当の問題解決とは何か。(2019/10/7)

レポートの手書きが面倒くさい! → ペンプロッターを自作して手書き風に出力する猛者あらわる
楽をするためなら苦労をいとわないスタイル。(2019/10/3)

ジブリ美術館新企画展「手描き、ひらめき、おもいつき」展を開催 美術館約20年の歩みを宮崎駿監督の手書き資料で振り返る
チケットの予約は10月10日から。(2019/10/2)

りゅうちぇる、24歳の誕生日を家族で祝福 息子・リンクくんからは手描きイラストで「だいすき」
ステキな24歳になりますように!(2019/9/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。