ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2010年06月07日 18時50分 UPDATE

全国の天気の「今」をマッピング 関連ツイートを地図上に、tenki.jp新機能

日本気象協会の「tenki.jp」に、各地のユーザーの天気関連ツイートを地図上に自動表示する新機能が加わった。

[ITmedia]
photo

 日本気象協会が運営する天気ポータル「tenki.jp」はこのほど、全国各地のTwitterユーザーによる天気関連ツイートを自動的に地図上に表示する新機能を公開した。外出先の天気が気になる時など、各地の天気の「今」を知ることができるとしている。

 天気をきっかけにしたコミュニケーションサービス「みんなの気持ち」の新機能。天気に関連したツイートを自動的に収集して地図上に表示するほか、地図上が場所を選択し、天気に関連した「ヒトコト」を投稿する機能(要会員登録)が加わった。「ヒトコト」の投稿は、Twitterにも都道府県別ハッシュタグを付けて同時ポストすることができる。

 TwitterとはOAuthで認証する。地図はYahoo!地図APIを利用した。

 同協会は昨年6月1日から「@tenkijp」で気象情報をTwitter配信し、6月7日時点で約43万5000のフォロワーがいる。新サービスは、Twitterを活用したサービスの第2弾。

関連キーワード

天気 | 日本気象協会 | Twitter


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.