ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「日本気象協会」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「日本気象協会」に関する情報が集まったページです。

Twitterとのデータ連携も:
日本気象協会が挑む気象データからの需要予測 データ同士がつながることで初めて生まれる価値がある
データは単体で使うよりも、他のデータと掛け合わせることでより大きな付加価値を生む。気象データを通じた未来予測を企業のビジネスに生かすため、日本気象協会が試みていることとは。(2019/12/20)

2位の「令和」、押しのけ1位は? 2019年のGoogle検索ランキング
(2019/12/12)

太陽光:
卒FIT太陽光の余剰電力を予測、日本気象協会が新サービスを展開
日本気象協会が卒FITを迎える住宅太陽光を対象とした、余剰電力の予測サービスを開始。卒FIT太陽光の余剰電力を買い取るリソースアグリゲーターや小売電気事業者の支援を目的としたサービスだ。(2019/12/5)

商品の需要予測にツイートを活用 日本気象協会、「暑い」「寒い」など人の体感を見える化
Twitter Japanと日本気象協会が、Twitterのデータと気象データを活用した商品の需要予測の取り組みに関する説明会を開催した。(2019/11/7)

ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト:
“空の道”の整備進む、ドローン37台を運行管理システムに相互接続
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト」を推進している。この計画では、インフラ点検などの分野で活用できる無人航空機やロボットの開発、社会実装するためのシステム構築および飛行試験などを実施。物流ドローンが都市部で安全に使える環境の整備を目指している。2019年10月23〜24日、福島県南相馬市の「福島ロボットテストフィールド」で行われた運行管理システムの相互接続試験では、一般事業者のドローンとつなげることを成し遂げ、ドローンを危険なく扱える土壌をさらに整えた。(2019/11/5)

千葉県で記録的大雨、広範囲で冠水・氾濫の報告も 身の安全を第一に行動を
今後さらに激しい雨との予想も。(2019/10/25)

今年最強クラスの台風、日本列島接近の恐れ 内閣府が対策をTwitterで呼び掛け
10月6日に発生した台風19号が、「非常に強い」勢力で今週末の3連休(12〜14日)に日本列島へ接近する恐れがある。内閣府政府広報オンラインは事前の対策を呼び掛けている。(2019/10/7)

ディープラーニングで降水量を1時間単位で予測 日本気象協会が開発
日本気象協会が、ディープラーニングの技術を活用して従来より詳細な降水予測ができる技術を開発した。(2019/8/30)

JR西、台風10号影響で15日の山陽新幹線を終日運休 東海道新幹線、九州新幹線も始発から減便
「できれば予定変更も検討して」とJR。移動時は最新状況確認と共に細心の注意を。(2019/8/14)

「産業×ドローンセミナー」(上):
“有人地帯での目視外飛行”に向け国が年度内に方針策定、秋には飛行前点検が義務化
国が示す「空の産業革命のロードマップ」では、2019年度からはレベル3「無人地帯での目視外飛行」のフェーズに入った。最終のレベル4「有人地帯での目視外飛行」が実現すれば、建築物の点検、物流、警備業務といった都市部でのドローンサービスが本格化することが見込まれる。この前段階として、東京都では、ドローン特区の多摩地域での実証実験やインフラ点検の有効性検証に乗り出している。(2019/7/3)

2020クラボウグループ繊維展(後編):
スマートTシャツによる暑熱対策、クラボウが取り組む「コト」売りビジネス
クラボウは2019年5月28〜29日、都内で開発商品や新たな取り組みを提案する「2020クラボウグループ繊維展」を開催。「ヒューマン・フレンドリー発想 〜人にやさしく、地球にやさしく〜」をテーマとし、新規開発素材や新規サービスなどを出展した。後編は、「モノ」から「コト」へのサービスビジネス化を実現するシャツ型スマート衣料「Smartfit for work」を紹介する。(2019/6/24)

屋内の犬や猫も熱中症になることがある 日本気象協会と日本動物愛護協会がペットの熱中症予防マニュアルを作成
人もペットも熱中症への正しい理解を。(2019/6/23)

前代未聞の暑さでドラえもんが溶けた!? スライムで演出したプラモにドキッとする人続出
ひみつ道具「サンタイン」の効果ではない。(2019/5/27)

関東の週間 5月としては 経験したことのない暑さに
この先の関東は危険な暑さの所もあり、「暑さが長く続く」のがポイント。暑さのピークは、26日(日)頃になりそう。(2019/5/24)

野菜から日用品まで、気象データとPOSデータで「本日の売上傾向」予測――日本気象協会が小売向けにサービス開始
日本気象協会は、小売事業向けの商品需要予測サービス「売りドキ!予報」を開始。気象データとPOSデータをAIで解析し、7分野で最大550カテゴリーの商品について気象条件に伴う売上傾向を予測する。関東エリアでサービスを開始し、夏には全国に展開する。(2019/4/24)

ドローン:
時速100kmのドローンが衝突回避、1km四方で100機飛ばす管制システムの検証も
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と福島県南相馬市は2019年4月10日、東京都内で会見を開き、ロボット関連人材の育成などに関する協力協定を締結したと発表した。具体的な協力として、2019年度はさまざまな企業が参加して1km2のエリアで100機のドローンを飛ばす他、南相馬市ー浪江町間の13kmで長距離飛行試験を予定している。(2019/4/11)

“今日、何着ればいい?”の参考に 街行く人の服装をAIがリアルタイム判定――「めざましテレビ」でAI天気の試験放映を開始
日本気象協会、フジテレビ、スペクティは、フジテレビの朝の情報番組「めざましテレビ」の天気コーナーで、AIを活用した服装情報を提供する実証実験を開始。天気カメラの映像から、コートの着用率など、街行く人の服装をAIが判定する。(2019/4/5)

ドローン:
同一空域での複数事業者のドローン運航管理システムを実証
新エネルギー・産業技術総合開発機構は、同一空域で複数事業者のドローンが安全に飛行するための運航管理システムの実証試験を実施。「運航管理統合機能」「運航管理機能」「情報提供機能」で構成されるシステムが正常に作動することを確認した。(2019/3/25)

太陽光:
“卒FIT太陽光”の余剰電力の買い取り、日本気象協会が支援サービスを提供
住宅太陽光の卒FITユーザーの登場に向けて、日本気象協会が余剰電力の買い取りに関するコンサルティングサービスの提供を本格化。リソースアグリゲーターや小売電気事業者向けに、買電量シミュレーションや需給管理などをワンストップで支援する。(2018/12/27)

2018年の天気を表す漢字は「災」「荒」――日本気象協会、気象予報士が最も印象に残ったのは「平成30年7月豪雨」
日本気象協会が選ぶ2018年お天気10大ニュース・ランキングが決定。(2018/12/6)

流通関係者のジレンマとは?:
知ってるようで意外に知らない食品ロス問題を“そもそも”から考える
大きくクローズアップされるのになかなか解決しない食品ロス問題。そもそも、なぜ食品ロスは発生するのだろうか? 根本的な原因を考えながら、現実的な解決策を考えてみる。(2018/10/11)

日本気象協会かたる迷惑メールに注意 「台風は最悪のコースへ」など気象情報装う
日本気象協会は個人に対する電子メールでの案内はしていません。(2018/10/5)

憎きアイツがやってくる 2019年春の花粉飛散量は「例年並み」か「やや多い」予測
特に東海地方は注意が必要とのこと。(2018/10/5)

関西電力、台風21号による全停電の復旧を発表
ついに復旧。(2018/9/21)

かつてない揺れと40時間を超える停電 「平成30年北海道胆振東部地震」を体験して感じたこと
停電時に白ご飯をあたためる裏技も。(2018/9/21)

【台風21号接近】JR西の京阪神エリア、9月4日は「早朝から一部区間運休」「10時までに在来線全線で運休」
十分な警戒を。(2018/9/3)

「ラピュタは本当にあったんだ!」と言いたくなる 竜の巣みたいな巨大な雲が発生
迫力がすごい。(2018/8/28)

台風13号、関東直撃 めったにない大雨か
強い台風13号は関東甲信地方に直撃の恐れ。8日(水)夜から雨風がピークに。めったにないような大雨となり、暴風が吹き荒れる恐れがあります。(2018/8/6)

この暑さ、災害級 熱中症搬送者が激増
災害級の暑さです。(2018/7/24)

「いまだに、水筒持ち込み禁止とか」 木下優樹菜、子を持つ母として学校の熱中症対策に持論 さまざまな反響を呼ぶ
確かに心配だ。(2018/7/20)

「昔はエアコンがなくても大丈夫だったのは今より気温が低かったから」は本当か 日本気象協会に聞いた
答えは気象庁の「ヒートアイランド監視報告2017」にありました。(2018/7/18)

太陽光:
複数年の日射情報を比較可能に、NEDOが「日射スペクトルデータベース」刷新
NEDOが国内5拠点の日射データをまとめた「日射スペクトルデータベース」を刷新。3年分のデータを追加し、複数年の日射データを比較できるようになった。(2018/6/12)

九州南部が梅雨入りか 2018年の梅雨は平年並みか平年より早く、気温も平年並か平年以上
もうそんな季節。(2018/5/26)

【画像36枚】写真でお花見! 都内の“絶景”花見スポットで満開の桜を撮ってきました
桜だああああ!(2018/4/1)

タイムアウト東京のオススメ:
花見の計画を立てる
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2018/3/13)

常見陽平のサラリーマン研究所:
人事異動は“深読み”しなければいけない、これだけの理由
人事異動の季節である。「自分の上司は誰だ?」「あの人が出世するのか」といった話題がつきないかもしれないが、楽しんでばかりいてはいけない。人事異動を深読みすることで、自分の未来が変わるかもしれないからだ。どういうことかというと……。(2018/3/9)

製造ITニュース:
食品業界の需給をサプライチェーン全体で最適化、NECがデータ流通基盤を提供
NECは、「NEC the WISE IoT Platform」上に構築したデータ流通基盤「需給最適化プラットフォーム」を、2018年7月から食品業界を中心に提供を始める。これまでサプライチェーンを構成する製造、卸/物流、販売/小売がそれぞれ行っていた需給最適化を、サプライチェーン全体を横断する形でより効率化できるようになる。(2018/3/1)

「食のバリューチェーン」全体の最適化を目指す:
「食品ロス・廃棄」の解決に向けてAIで需要予測、NECと日本気象協会が協業を発表
NECと日本気象協会は製造、卸・物流、販売のバリューチェーン全体で需給を最適化するビジネスに関して協業すると発表した。(2018/3/1)

女性と子どもの不安解消が鍵:
花粉症商戦本格化 トレンドは“やさしさ”
今年も花粉症商戦が盛り上がってきた。年々拡大する花粉症マーケットを取り込むために各社は知恵を絞っている。(2018/2/17)

2018年の桜開花予想を日本気象協会が発表
2018年の桜は強烈寒波で休眠バッチリ。開花トップは宮崎と熊本、高知で3月21日。東京や福岡は24日、大阪は28日の開花。全国的に平年並みの開花が予想されます。(2018/2/7)

桜の開花予想、宮崎・熊本・高知が3月21日で最速 東京は24日 日本気象協会
日本気象協会は、桜の開花予想(第1回)を発表した。(2018/2/7)

【考察】「T.M.Revolutionごっこ」ができるギリギリの風速は?
一度でいいからストームパフォーマンスで酔いしれたい。(2017/12/3)

「AIで弁理士が失業」に異議 「そんなに単純な仕事じゃない」 日本弁理士会の梶副会長
AIは弁理士の仕事を奪うのか? 日本弁理士会の梶俊和副会長が当事者の視点から反論した。(2017/11/16)

電力供給サービス:
電力スポット市場のエリアプライスを予測、日本気象協会が提供
日本気象協会は日本卸電力取引所(JEPX)のスポット市場における、全国9地域のエリアプライスの予測データを配信するサービスを開始。(2017/10/25)

釧路で初雪 今シーズン全国初
10月17日、北海道の釧路で初雪を観測しました。今シーズン、初雪が観測されるのは全国の気象台で初めてのことです。(2017/10/17)

千葉県で1時間に100ミリの猛烈な雨 記録的短時間大雨情報が発表
千葉県富津市付近で午前6時20分までの1時間に約100ミリの雨が降ったとみられ、記録的短時間大雨情報が発表されました。(2017/9/28)

台風18号 三連休、日本への影響は
最新の5日間予想をみると、台風18号は「敬老の日」にかけての三連休、列島に接近する可能性がでてきました。あすは沖縄で大荒れとなり、「ブーメラン台風」になれば、三連休は西日本を中心に、大雨の恐れがあります。(2017/9/12)

電力供給サービス:
AIがスポット市場の電力価格を予測、日本気象協会がオンライン配信
日本気象協会は日本卸電力取引所(JEPX)のスポット市場を対象とした、電力取引価格の予測サービスの提供を開始した。スポット市場の30分ごとの電力取引価格を人工知能で予測するサービスで、小売電気事業者の電力調達計画の作成を支援する。(2017/8/28)

「2月の寒い日は白菜が売れる」 気象データで需要予測、日本気象協会が本腰
「雨の日は客足が遠のくので来週は廃棄が増える」「2月の寒い日は白菜が売れる」――商品の売上と気象データの関係を予測する事業に、日本気象協会が本腰を入れる。(2017/8/21)

常見陽平のサラリーマン研究所:
「クールビズ」が浸透しにくい理由とは?
この時期、話題になるのがクールビズである。実施率は6割にとどまっているようだが、その理由について考えてみたい。(2017/8/11)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。