ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「天気」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「天気」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

気象データから生成「サイバー和菓子」、電通など開発 3Dプリンタで印刷、風速・気圧・気温を反映
電通が、気象データを基に3Dプリンタで成形する和菓子「サイバー和菓子」を発表。独自のアルゴリズムを活用し、風速・気圧・気温などのデータから和菓子の形や色をデザイン。3Dプリンタで出力する。(2020/2/17)

石油製品の出荷量を「異種混合学習技術」で予測、出光がNECのAI技術を活用
出光興産はNECのAI技術を活用し、国内の油槽所で石油製品の出荷予測に基づいた在庫管理を開始した。出荷実績や市場情報、気象情報などを基に油種ごとの出荷量を予測し、サプライチェーンの効率化を目指す。(2020/2/10)

売り上げ、人流分析に活用できる:
ウェザーニューズ、1キロ四方の高精度な過去気象データセットを提供開始
ウェザーニューズは1キロメッシュの過去気象データセットの提供を開始した。気象条件が業務やビジネスにどのような影響をもたらすか分析できる。(2020/2/5)

太平洋側は大荒れに 関東甲信は大雪の所も
1月27日は低気圧が発達しながら、九州付近を進みます。沖縄や九州から関東の太平洋側を中心に雨や風が強まり、荒れた天気に。暴風や高波に警戒が必要です。また寒気が流れ込むため、関東甲信は山沿いを中心に雪が降り、大雪になる所も。(2020/1/27)

「ヒロインとしてはこのままではマズイ!」 森七菜、祈りで雨をやませる“リアル天気の子”っぷりが話題に
全国高校サッカー選手権大会の応援マネージャーとして大活躍。(2019/12/31)

「ワンピースやキテレツを延々再放送」「天気予報はソーセージおじさん」 静岡県民の悲哀描く漫画に大反響
アニメ以外にも、いろいろモヤモヤすることがあるようで……。(2019/12/29)

Twitterとのデータ連携も:
日本気象協会が挑む気象データからの需要予測 データ同士がつながることで初めて生まれる価値がある
データは単体で使うよりも、他のデータと掛け合わせることでより大きな付加価値を生む。気象データを通じた未来予測を企業のビジネスに生かすため、日本気象協会が試みていることとは。(2019/12/20)

「特務機関NERV防災アプリ」Android版が配信開始 先行するiOS版は40万ダウンロード突破
自然災害関連の情報や防災気象情報などをユーザーの位置情報に基づいて配信するアプリ「特務機関NERV防災アプリ」のAndroid版の配信が始まった。9月から先行して配信しているiOS版は40万ダウンロードを超えたという。(2019/12/18)

「頑張って出社していますアピール」はいらない:
時間も場所も無制限の完全テレワークを実現 経営者の決断と「4つの秘訣」
2017年から「時間、場所無制限の完全テレワーク」を導入したブイキューブ。社長の間下氏は「天気が悪い日の朝なんか、誰も来ませんよ」と笑う。同社にできて、他社にできないのはなぜなのか。無制限テレワークを「絵に描いた餅」にしない秘訣を聞いた。(2020/1/8)

太陽光:
卒FIT太陽光の余剰電力を予測、日本気象協会が新サービスを展開
日本気象協会が卒FITを迎える住宅太陽光を対象とした、余剰電力の予測サービスを開始。卒FIT太陽光の余剰電力を買い取るリソースアグリゲーターや小売電気事業者の支援を目的としたサービスだ。(2019/12/5)

地震が起きると震度・範囲・震源地をWeb地図に表示 リアルタイムで更新 「Yahoo!天気・災害」に新機能
ヤフーが、地震が起きた際に、揺れの強さと地震が広がる様子をWeb地図上で瞬時に配信するサービスをスタート。情報サイト「Yahoo!天気・災害」のトップ画面で「地震」を選択すると閲覧できる。正確な情報を視覚的に伝えることで被害の低減につなげる狙い。(2019/11/28)

IBM、高精度で更新頻度の高い天気予報システムを全世界で提供 これまで天気予報がなかった地域にも
米IBMは、天気予報システム「IBM GRAF」を世界中で提供すると発表した。これまで気象データを提供できていなかった地域に、細かい範囲の天気予報を高い更新頻度で提供する。(2019/11/21)

11月中旬、2つの流星群が見頃に 気になる天気は?
11月中旬は流れ星を見つけるチャンス。13日は「おうし座北流星群」、18日は「しし座流星群」が見頃を迎えます。(2019/11/10)

商品の需要予測にツイートを活用 日本気象協会、「暑い」「寒い」など人の体感を見える化
Twitter Japanと日本気象協会が、Twitterのデータと気象データを活用した商品の需要予測の取り組みに関する説明会を開催した。(2019/11/7)

危険予知:
気象情報から労働災害を予知する新システム、安藤ハザマとライフビジネスウェザー
安藤ハザマとライフビジネスウェザーは、気象情報から起こりうる労働災害を推測し、電子看板やメールで注意喚起情報を配信する危険予知システムを共同開発した。データに裏付けられた客観的な情報から労働災害の発生可能性を予知することで、広く具体的な視点からの労働災害対策が可能となる。(2019/10/25)

【漫画】感情が天気に影響する幼なじみの女の子 晴天になった理由にキュンとする人続出
もきゅ。(2019/10/20)

アカデミー賞長編アニメ部門エントリ32作品発表 邦画からは「天気の子」「プロメア」「若おかみは小学生!」「海獣の子供」
受賞作は出るでしょうか。(2019/10/17)

気象庁、台風19号への“備え”呼びかけ 「大切な人の命を守るため、早めの対策を」
先日の台風15号や、2018年の台風21号と「同程度の暴風」になるとの予測も。(2019/10/9)

こだわりいっぱいのコラボ「天気の子カフェ」東京・大阪で開催 陽菜さんのチャーハンを内覧会で食べてきた
あっねぎねぎ、ねーぎー!(2019/10/7)

『旅と鉄道』増刊は「アニメと鉄道2019」 長井龍雪監督「空の青さを知る人よ」などを特集
「天気の子」「響け! ユーフォニアム」などの作品やラッピング列車も紹介します。(2019/10/2)

イラスト制作方面で役に立ちまくりそうな「建築知識」10月号の「パースと背景画特集」 「天気の子」背景アーティストが技術を伝授
吉田誠治さんの表紙が目印。(2019/9/20)

台風も吹き飛ばしてくれそう 森七菜、アニメ映画「天気の子」の聖地で“100%の晴れ女”天野陽菜になりきり
名シーンを思い出し感激する声が多数届いています。(2019/9/8)

App Town 天気:
「特務機関NERV防災」アプリ提供開始 “国内最速レベル”で防災情報を配信
ゲヒルンは、9月1日に「特務機関NERV防災アプリ」を提供開始。利用者の現在地や登録地点に基づき、地震、津波、噴火、特別警報の速報や洪水や土砂災害などの防災気象情報を最適化して配信する。(2019/9/2)

気象庁「災害は、使徒と同じように突然やってくる」 「特務機関NERV防災アプリ」ゲヒルンが開発
地震や津波、特別警報などの速報や防災気象情報を、ユーザーの位置情報に基づいて配信するiOSアプリ「特務機関NERV防災アプリ」が登場。「災害をもたらす現象は、使徒と同じように、いつも違った形で突然やってくる」(気象庁)。(2019/9/2)

「特務機関NERV」防災アプリが提供開始 ユーザーの現在地・登録地点から最適化し国内最速レベルで通知
気象庁と協力して開発した「大雨危険度通知機能」も搭載。(2019/9/1)

ディープラーニングで降水量を1時間単位で予測 日本気象協会が開発
日本気象協会が、ディープラーニングの技術を活用して従来より詳細な降水予測ができる技術を開発した。(2019/8/30)

「まどマギ」から「天気の子」まで、2010年代アニメを読み解く書籍 『ぼくらがアニメを見る理由 2010年代アニメ時評』発売
ライムスター・宇多丸さんが推薦しています。(2019/8/25)

「海賊版防ぐためにも『天気の子』正規上映を」 インドで5万人がネット署名、新海誠監督に届く 10月劇場公開へ
アニメ映画「天気の子」を、インドで正規に見たい――インドのアニメファンによるこんな署名が新海誠監督や東宝に届き、インドで同作が10月から劇場公開される。インドで日本のオリジナルアニメ映画が劇場公開されるのは初という。(2019/8/22)

稼働期間世界一のWebカメラ、25年の歴史に幕 「適切な設置場所を確保できなくなった」
サンフランシスコ州立大学で稼働し、キャンパスの天気をサイトで配信し続けていました。(2019/8/21)

「天気の子」森七菜、新海誠監督とコラボカフェへ「感動しっぱなしでした」 再現度の高さに監督も驚き
8月27日まで開催中です。(2019/8/17)

陽菜や帆高のあのメニューが食べられる! 「天気の子」初コラボカフェがhotel koe tokyoで開催
限定メニューやグッズもたくさん。(2019/8/7)

熱中症の予防法や対処法がよく分かる! 気象研究者監修の漫画を読んで安全に夏を過ごそう
無理をしないのが一番。(2019/8/3)

登山家コミュニティサイト「ヤマレコ」が長野県周辺の「山岳遭難マップ」を公開 天気や時期ごとの危険箇所が丸わかり
全国の各都道府県警察にも提携を要請する予定。(2019/7/27)

気象庁、東京五輪の観戦を支援するポータルサイトを公開 各競技会場の気象情報を提供
競技名から各会場の天気を調べられるのが便利そう。(2019/7/25)

陽菜のチャーハンが気になっていた人に朗報 「天気の子」劇中の「のり塩すごもりチャーハン」レシピ公開
映画メシはジブリだけじゃなかった。(2019/7/24)

飛行機から撮った写真が完全に新海誠監督の「天気の子」の世界だった
眼福。(2019/7/24)

雨の日だけ流れる「天気の子」とサントリー天然水のコラボ新CMが公開 主演2人の歌声にキュンキュンする
こんな同級生がいたら…….。(2019/7/22)

気象庁、大雨災害の危険度上昇をスマホ通知 ヤフーなど5社のアプリで対応
気象庁は、大雨や洪水の災害危険度が高まっている際、メールやスマートフォンでプッシュ通知するサービスの提供を、ヤフーなど5つの事業者と共同で始める。(2019/7/11)

IoTのイノベーションは問題解決から(12):
IoTによる問題解決、求められるのは想像する力【後編】
今回は、前回に引き続き、「個別の状況に合わせた天気予報にするには(細かなエリアでの天気予測をするには)」に対し、技術進化も想定しながらIoTのソリューションで実現させることができるかを検証します。(2019/7/11)

気象庁が「避難すべき」大雨危険度になったら通知をするサービス開始 「特務機関NERV」のゲヒルンなど民間5業者と協力
Yahoo! JAPANアプリやお天気ナビゲーターWEBなどが対応済み。(2019/7/10)

Appleのスマートスピーカー「HomePod」、日本で今夏発売 3万2800円
Appleはスマートスピーカー「HomePod」を日本でこの夏に発売する。Siriを使った音楽再生、ニュースや天気予報の読み上げ、iPhoneのメッセージ送信、家電の操作などができる。価格は3万2800円(税別)。(2019/7/10)

「土砂降りは『激しい雨』『強い雨』のどっち?」「雲がどれくらいあったらくもり?」 イメージと違うかもしれない“天気予報用語”の意味
知っておくと、天気予報が理解しやすくなるはず。(2019/7/11)

「記録的な大雨」と気象庁が注意喚起 7月3日〜4日にかけ西日本では土砂災害の恐れ
24時間の雨量が平年1カ月分を超えるかも。(2019/7/2)

「お天気どうかなー?」 雨でお散歩に行けないことに気付いたワンちゃん 尻尾までションボリとしてしまう
がっかりだワン。(2019/7/2)

“俺の嫁召喚装置”「Gatebox」がLINE「Clova」と連携、今秋以降発売へ 天気予報など読み上げ
“俺の嫁召喚装置”「Gatebox」の量産モデルに、LINEのAIアシスタント「Clova」と連携する機能が追加。天気予報やスケジュールの読み上げに対応する。(2019/6/27)

屋内の犬や猫も熱中症になることがある 日本気象協会と日本動物愛護協会がペットの熱中症予防マニュアルを作成
人もペットも熱中症への正しい理解を。(2019/6/23)

山形県沖地震の前に地震雲が出ていた? → 雲研究者が否定「全て気象学で説明できる」
陰謀論にもご注意を。(2019/6/19)

IoTのイノベーションは問題解決から(11):
IoTによる問題解決、求められるのは想像する力【前編】
今回は、前回IoT活用の可否を検討した「個別の状況に合わせた天気予報にするには」のソリューションについて、近未来についての想像力を働かせながら再度検討を行います。(2019/6/13)

技研公開2019:
ラジオの気象番組、AIで原稿作成から読み上げまで完結 NHKが公開
NHK放送技術研究所が「技研公開2019」で、AIの活用でラジオの気象予報番組を自動作成する技術を披露した。(2019/5/28)

空に浮かぶ怪しい光の正体は? はい/いいえ選ぶだけでわかるチェック表を天文台が公開
担当者いわく、自分で調べるうちに、天文や気象に興味を持ってくれるとうれしいとのことです。(2019/5/17)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。