ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2010年06月08日 17時00分 UPDATE

電通と東大、「デジタルシニア」を共同研究

ネットやデジタル機器とシニア層との関わりなどについて研究する「DENTSU デジタルシニア・ラボ」を、電通と東大が共同で発足した。

[ITmedia]

 電通は6月8日、インターネットやデジタル機器とシニア層との関わりなどについて研究する「DENTSU デジタルシニア・ラボ」を、東京大学大学院情報学環の橋元良明教授と共同で発足した。60代以上でネットやデジタル機器を使いこなすアクティブな人びとを「デジタルシニア」と名付け、情報行動などについて研究する。

 60歳以上のシニア層の消費は不況下でも堅実に伸びており、「企業のマーケティング活動でも重要なターゲット」(電通)。ラボではさまざまな調査を行い、発表していく予定だ。デジタル機器を使ったシニアライフ向上に関する提言や、ビジネス開発に役立つコンサルテーションなども行う計画。Twitterで5000人以上のフォロワーを持つ“カリスマシニア”のミゾイキクコさんがアドバイザーを務める。

 両者はこれまでにも共同で、デジタルシニア層のメディア生活や情報行動の実態などを研究してきた。グループインタビューなどでは、デジタルシニアは「時事について自分の見解を交えTwitterで情報発信する」「“おやじバンド”での活動をネット動画サイトで発信する」「離れて暮らす子どもたちの様子をブログでチェックする」「IP電話を使って遠くの孫としりとりして遊ぶ」といったライフスタイルが浮かび上がってきたという。

関連キーワード

電通 | 東京大学


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.