ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「電通」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

企業SNS「中の人」がいま考えるべきこと:
これからのSNS運用で必要なものがケロッグ、バーガーキングの成功事例から見えてきた
SNSは、今や必要不可欠な存在となっている。企業側も、マーケティング手法の一環として活用するのが当たり前の時代になってきた。消費者との新たな関係性を築ける一方で、いわゆる「中の人」がトラブルになったり反感を買ったりしてしまうケースも。電通メディアイノベーションラボ主任研究員を務め、SNSに詳しい天野彬氏は、これからの企業SNSは「ファスト」になるべきだと解説する。国内外の成功事例をひもときながら、解説する。(2020/1/16)

企業SNS「中の人」がいま考えるべきこと:
SNS担当者は「中の人」から「そばの人」へ? そのために知っておくべき「3つのM」とは
SNSは、今や必要不可欠な存在となっている。企業側も、マーケティング手法の一環として活用するのが当たり前の時代になってきた。消費者との新たな関係性を築ける一方で、いわゆる「中の人」がトラブルになったり反感を買ったりしてしまうケースも。電通メディアイノベーションラボ主任研究員を務め、SNSに詳しい天野彬氏は、これからの企業SNSは「中の人」よりも「そばの人」になるべきだと解説する。そのために必要な「3つのM」とは。(2020/1/15)

サッカーの勝敗をAIでリアルタイム予測 ディープラーニングで480試合を学習 電通など3社が開発
電通など3社が、AIを使ってサッカーの試合映像を分析し、勝敗をリアルタイムに予測するシステムを開発した。対戦チームそれぞれが勝つ確率と引き分けの確率を算出し、パーセンテージで表示する。国際試合などのサッカー大会への導入を目指す。(2019/12/25)

ブラック企業大賞2019、大賞は2年連続で三菱電機 「あまりに異常」「二度目の大賞を与える企業が生まれてしまったことに激しい怒り」
特別賞は電通、セブン-イレブン・ジャパンがダブル受賞。(2019/12/23)

今日のリサーチ:
CMO? CIO? CDO? デジタルトランスフォーメーション(DX)の担い手は誰か――電通デジタル調査
日本企業の7割がデジタルトランスフォーメーション(DX)に着手。社内で旗を振るのは誰でしょうか。(2019/12/23)

生活者の約7割がキャッシュレス決済の頻度増加 中小事業者(店舗)の導入は49.6%に――電通調べ
電通が「キャッシュレス意識に関する調査」の結果を発表した。生活者編では約7割が「10月以降、キャッシュレス決済の頻度が増えた」と回答し、中小事業者(店舗)編では全体の49.6%がキャッシュレス決済を導入していることが分かった。(2019/12/19)

政府のキャッシュレス還元が功奏 7割でキャッシュレス頻度増加
電通が行った調査で、10月以降、生活者の7割でキャッシュレス決済の頻度が増えたことが分かった。その理由として、「政府のキャッシュレス還元施策を受けたいから」が最も多く、しっかりと効果を上げている。(2019/12/19)

政府の還元施策で、キャッシュレス決済の利用者は増えたのか? 電通が調査結果を発表
政府が10月からキャッシュレス決済のポイント還元施策を始めてから、消費者の決済方法はどう変わったのか。電通が500人を対象に調査した結果を発表した。71.0%が「キャッシュレス決済の頻度が増えた」と回答した。(2019/12/19)

「ブラック企業大賞」2019年ノミネート発表 KDDI、セブン-イレブン、電通など
闇営業問題の吉本興業も。(2019/12/13)

2019年は9社:
セブンに電通、吉本興業…… 各社が「ブラック企業大賞」にノミネートされた理由
“今年1番のブラック企業”を決める「第8回ブラック企業大賞」のノミネート企業9社が発表された。(2019/12/13)

ブラック企業大賞、19年は9社がノミネート セブンや電通など「受賞歴ある企業多くて虚しい」
ブラック企業大賞企画委員会が“今年1番のブラック企業”を決める「第8回ブラック企業大賞」の候補企業を発表した。(2019/12/13)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「また違法残業」の電通 過労死のリアルを理解しないトップに問う“責任”
長時間労働削減に取り組んでいたはずの電通が、また違法残業で是正勧告を受けていたと報じられた。長時間労働が死に直結するというリアリティーを社員が持てないのはトップの認識の甘さ。「過労死」という言葉の歴史と重みを考えれば、「また違反」はありえない。(2019/12/13)

すぐに仕事をしてはいけない? バイタリティが高い人の傾向
会社に出社して、すぐに仕事をしている人の姿を見ると、「あの人はイキイキしているなあ。きっとバイタリティが高いんだろう」といった印象を受けるが、実はそうでもないことが、電通の調査で分かった。では、バイタリティが高い人にどんな傾向があるのかというと……。(2019/12/3)

所有から利用へ:
電通デジタルとトレジャーデータなど5社、「カスタマーサクセス・プロトタイピング」を提供開始
プロダクトやサービスを売った後も顧客と接触し続け、あらゆる接点で質の高いサービスを常時アップデートすることで「カスタマーサクセス」を実現。(2019/11/25)

新しいコマース体験を提供:
VRは「生活をアップデートできる技術」 電通アイソバー
電通アイソバーは、新しいコマース体験を提供する一環として、VR(仮想現実)を活用するプラットフォームを開発している。(2019/11/15)

今日のリサーチ:
SDGsに取り組む企業の「Webサイトを見る」「商品を買う」など生活者は行動する――電通PR調査
企業のESGやSDGsに対する取り組みへの注目が高まる中、生活者の意識がどのように変わっているのでしょうか(2019/11/6)

統合的にKPIを最適化:
電通デジタルが「Private Cross Media Planner」の本格提供を開始
顧客企業のアクチュアルデータを基に広告予算最適化ツールをカスタマイズするサービス。(2019/10/25)

専用の脳波計測器やタブレットなどを利用:
「最も高い効果を期待できる動画はどれか?」を脳波で計測 電通サイエンスジャム
電通サイエンスジャムの「Brain Behavior Insight」は、家庭内での脳波を基にした調査を可能にするプラットフォーム。脳波計測器と専用タブレット、専用の調査アプリケーションを用いて、リラックスした状態で調査できる。(2019/10/15)

Messaging APIを活用:
電通デジタル、LINE公式アカウント向け顧客獲得・育成支援サービス「BOT BOOSTaR」を提供開始
クリエイティブ制作・シナリオ設計によるメッセージを最短即日で配信できる。(2019/9/27)

「AI MIRAI」の新サービス:
電通と電通デジタル、自動車販売店での試乗体験を支援する「AI試乗ソリューション」を提供
自動車販売店での試乗にAIが「同乗」。試乗に対する心理的ハードルを軽減するなどのメリットがある(2019/9/17)

クルマの試乗中にAIが接客、ルート案内など 電通が車載アプリ提供
自動車販売店での試乗をAIがサポートするサービスを電通が提供。車載スマホに搭載したAIが試乗ルートやクルマのセールスポイントを案内する。(2019/9/17)

モビリティサービス:
電通も狙うMaaS市場、地域の移動手段としてデジタル化できるかがカギ
電通とMONET Technologies(モネ)、東京海洋大学は2019年9月4〜5日、東京都内で水陸連携マルチモーダルMaaS(Mobility-as-a-Service、自動車などの移動手段をサービスとして利用すること)の実証実験を行った。電通は、地域の利便性向上など魅力向上を図る一環で、移動手段の1つとして船を活用することを狙う。都心で実績や経験を蓄積し、地方や離島などに船を含むMaaSのノウハウを低コストに展開したい考えだ。(2019/9/6)

Dentsu Data Artist Mongolの取り組みを知る:
電通グループが注目するAI人材の宝庫としてのモンゴル
多くの企業がデータサイエンス人材獲得に苦戦する中、電通グループが注目したのはモンゴルだった。なぜか。(2019/8/27)

モビリティサービス:
電通が水上交通のMaaSに注力、東京海洋大と水陸連携の実証実験
電通と東京海洋大学は2019年8月15日、陸上移動手段と水上交通手段を組み合わせた「自動運転型水陸連携マルチモーダルMaaS」の実証実験を行うと発表した。陸海空の移動手段が連携したマルチモーダルによるMaaS(Mobility-as-a-Service、自動車などの移動手段をサービスとして利用すること)を想定して検証する。(2019/8/16)

クルマと自動運航船を組み合わせた移動サービス、電通と東京海洋大学が実証実験
電通などが、クルマの配車サービスと自動運航する船を組み合わせた移動サービスの実証実験を9月に東京都港区で実施する。(2019/8/15)

今日のリサーチ:
電通グループ3社が物販系ECプラットフォーム広告費を推計
2018年実績は1123億円(前年比120.6%)。2019 年予測は1441 億円で前年比128.3%の高成長見通し。(2019/8/9)

電通、新規事業コンサルで新会社 フリーランスエンジニアと協業してソフトウェア開発まで支援
電通が、新規事業創出とソフトウェア開発をコンサルティングや人材提供で支援する完全子会社「GNUS」を設立し、営業開始したと発表した。(2019/7/29)

今日のリサーチ:
「企業のマーケティングのために個人情報を参照されたくない」人は53.5%――アドビと電通デジタルが調査
「消費者のデジタル体験に関するインサイトリサーチ」の結果です。(2019/7/29)

オン/オフ横断の広告配信と効果検証へ:
電通のマーケティングプラットフォーム「STADIA」とLINE Ads Platformがデータ連携
電通デジタルは、電通が提供する統合マーケティングプラットフォーム「STADIA」を活用し、LINEの運用型広告プラットフォーム「LINE Ads Platform」においてオン/オフ横断の広告配信と効果検証ソリューションを提供開始した。(2019/6/21)

電通デジタルがフレームワークを開発:
デジタル広告のフリークエンシー(表示回数)最適化、「何回見せるのが最も効果的か」が分かる
電通デジタルが、デジタル広告の最適な上限フリークエンシー(表示回数)の上限を導き出すフレームワークを開発。その狙いとは。(2019/6/19)

デジタル広告費のシェア、総広告費の4割超に テレビ広告との差が開く 電通が予測
2019年には、世界のデジタル広告費が広告費シェアの41.8%を占める――電通イージス・ネットワークが、そんな予測を発表。(2019/6/13)

モバイルファーストからボイスファーストへ:
音声の時代に起きること――電通イージス・ネットワーク iProspectのエキスパートが語る
ボイス事業の世界トレンドと今後の展望。(2019/6/12)

パーソナライズを強化:
電通グループとSalesforce.comのDMPが相互データ連携
人ベースのターゲティングをより精緻に。(2019/6/10)

「天然マグロ」の品質、AIが判定 職人の目利きと約85%一致
電通など3社が、AIの画像解析技術によって冷凍天然マグロの品質を判定するシステム「TUNA SCOPE」を発表。水産加工業者がマグロの検品業務に使用したところ、判定結果の約85%が職人と一致した。高評価と判断したマグロをすし屋に出品した結果、客の約89%から高評価を得た。(2019/5/30)

AIが作ったバナー広告の効果をAIが評価 「AIアートディレクター」電通グループが開発
AIが自動生成したバナー広告を、AIで評価する「AIアートディレクター」を電通などが開発。5秒に1枚のスピードで広告を大量生成できるAIツール「ADVANCED CREATIVE MAKER」に搭載し、同ツールの正式運用をスタートした。(2019/5/29)

インフォマーシャルのノウハウをライブコマースで:
電通ダイレクトマーケティングとCandeeがアフィリエイト型ライブコマースで協業
アフィリエイト型の料金体系のため、低リスクでのお試し出稿が可能。(2019/5/22)

今日のリサーチ:
継続・解約の理由は? 電通ダイレクトマーケティングが健康食品とスキンケア化粧品の定期購入者の実態を調査
年間購入金額は「1万円〜2万円未満」が2割ほどで最も多く、高年齢ほど年間購入金額が大きいことが分かりました。(2019/5/21)

安全な環境で配信:
「radiko」と「Spotify」に音声広告配信サービス、電通グループ3社が提供
電通と電通デジタル、CARTA HOLDINGSの電通グループ3社が「Premium Audio広告」の提供を開始する。(2019/5/10)

感情を脳波で可視化、記者が体験 国内大手企業で活用進む
脳波測定により感情を可視化するシステムを、電通サイエンスジャムが5月7日に発表。Japan IT Weekで体験してきた。(2019/5/9)

今日のリサーチ:
シェアリングサービスの利用、若くて高収入の人ほど積極的――電通デジタルYNGpot.調査
電通デジタルの若者向けマーケティング専門チームであるYNGpot.は、シェアリングサービスの認知度、利用実態と利用意識に関する調査を実施しました。(2019/5/9)

女性向けメディア「MERY」に電通が出資
MERYと電通が資本業務提携契約を結んだ。出資額は不明。若い女性向けに新たなメディアビジネスを強化するとしている。(2019/4/23)

今日のリサーチ:
日本は「行きたい国」1位――電通「ジャパンブランド調査2019」
電通が20カ国・地域で実施した「ジャパンブランド調査」の最新版の結果から、外国人の訪日意向に関する部分をピックアップしてみました。(2019/4/19)

今日のリサーチ:
「デジタルニーズ充足度」で日本が24カ国中最下位――電通イージス・ネットワーク調査
デジタル化は本当のところ人や社会に恩恵をもたらしているのでしょうか。世界24カ国で実施した調査結果を紹介します。(2019/4/11)

電力供給サービス:
電力自由化から4年、消費者の「スイッチング意欲」は停滞傾向に
2019年4月で電力自由化から4年、ガス自由化から3年になるが、消費者の認知度や意識はどう変化したのか――。電通が2018年12月に全国を対象に実施した「エネルギー自由化に関する生活者意識調査」の結果を公表した。(2019/4/2)

AI MIRAIの新サービス:
広告クリエイティブの効果を配信前にAIが予測、電通グループ4社が「MONALISA」を開発
Instagram、Facebook、Twitterの3種類のソーシャルメディアにおける動画再生完了率とCTRを予測。(2019/3/20)

純広以外にも広告枠を拡大:
「AbemaTV」が電通および博報堂系の運用型プレミアムインストリーム動画広告サービスと接続
良質な広告配信先としてのAbemaTV。(2019/3/6)

ポイントだけ抜粋:
電通「2018年 日本の広告費」を発表
電通「日本の広告費」2018年版のポイントをインターネット広告中心にざっくりまとめ。(2019/2/28)

ユーザーの課題解決から始めよう:
「広告コピーを書くAI」などに挑む電通のプロジェクトチームリーダーが語る、AIをビジネスに生かすヒント
電通のAIプロジェクト「AI MIRAI」の責任者がAI(人工知能)の技術をビジネスに生かすヒントを語った。(2019/2/26)

スマートスピーカー、普及してる? してない? 実態は…… 電通デジタル調べ
電通デジタルは、日本国内でのスマートスピーカーの利用実態調査の結果を発表した。(2019/2/18)

普及のネックは体験と機能:
普及率6%のスマートスピーカー 有料でも欲しい機能は?
電通デジタルの調査によるとスマートスピーカーの普及率は6%。Google HomeやAmazon Echoがよく利用されている。利用用途の中心は音楽だが、今後は、気分や感情を読み取ったサービスに期待が寄せられている。(2019/2/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。