ニュース
» 2010年06月10日 07時42分 UPDATE

Google Chromeの更新版リリース、11件の脆弱性に対処

11件のうち9件が高リスクとされ、任意のコード実行やXSS攻撃に利用される恐れがある。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米GoogleはWebブラウザ安定版のセキュリティアップデートとなる「Google Chrome 5.0.375.70」を公開し、複数の深刻な脆弱性に対処した。6月8日のブログで明らかにした。

 最新版では11件の脆弱性を修正した。このうち9件が高リスクに分類されている。US-CERTによれば、攻撃者がこれら脆弱性を悪用した場合、任意のコードを実行したり、クロスサイトスクリプティング(XSS)攻撃を仕掛けたりできてしまうほか、セキュリティ制限をかわしたり、重要情報を入手したりすることも可能になる。

 既にGoogle Chromeを導入済みの場合、アップデートは自動的に適用される。OSはLinux、Mac、Windowsに対応している。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -