ニュース
» 2010年06月22日 08時03分 UPDATE

「Opera 10.54」がリリース、深刻な脆弱性を解決

複数の深刻な脆弱性を解決した「Opera 10.54」のWindowsとMac版がリリースされた。

[鈴木聖子,ITmedia]

 ノルウェーのOpera Softwareは6月21日、ブラウザ更新版の「Opera 10.54」をリリースし、深刻な脆弱性に対処した。WindowsとMac版が用意され、全ユーザーにアップデートを促している。

 リリースノートによると、Windows版のOpera 10.54では5件の脆弱性を解決した。このうちWindowsでのフォント処理に関する脆弱性は、Microsoftが6月の月例セキュリティ更新プログラム「MS10-032」で対処したもので、Webフォントを使って悪用される恐れがある。この問題がOpera経由で悪用されることを防ぐためには、Microsoftのパッチを適用したうえでOperaを10.54にアップデートすることが望ましいという。

 残る4件の脆弱性はWindowsとMacの両方に影響する。「極めて深刻」な問題も含まれるが、現時点で詳しい情報は公開されていない。

 Mac版ではこのほか、自動更新で更新版をインストールする前に古いバージョンが削除されるようになるなど、幾つかの機能改善や不具合の修正を図っている。

関連キーワード

Opera | 脆弱性 | Windows | Mac版


企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -