ニュース
» 2010年06月23日 07時48分 UPDATE

iOS 4は64件の脆弱性を解決 第1世代iPhoneとiPadは放置か?

iOS 4で解決した脆弱性はiOS 4をインストールできないモデルやiPadにも存在するのだろうか――。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米AppleはiPhoneとiPod touch向けに配布を開始した新OS「iOS(旧iPhone OS) 4」で、膨大な数の脆弱性を解決した。これら脆弱性は、iOS 4をインストールできないモデルのiPhone/iPod touchやiPadにも存在する可能性が指摘されているが、それについてAppleのセキュリティ情報では何も触れていない。

 Appleのセキュリティ情報によると、iOS 4で修正した脆弱性は全部で64項目。そのうち約半数はWebブラウザのレンダリングエンジンWebKitに存在する。コード実行に使われる恐れのある深刻な脆弱性も多数を占める。

 iOS 4の配布対象は、iOS 2.0〜3.1.3を搭載したiPhone 3G以降のモデルと、iOS 2.1〜3.1.3を搭載したiPod touchの第2世代以降のモデルだ。

 しかし、iOS 4をインストールできない第1世代のiPhoneとiPod touchも、同じ脆弱性の影響を受ける可能性はある。また、iPhone OSはiPadにも搭載されているが、セキュリティ企業のIntegoによれば、iPad向けにiOS 4のアップデートが提供されるのはこの秋になる予定だという。

 iOS 4で修正された多数の脆弱性がこれらの端末にも影響を及ぼす場合、脆弱性情報が開示されたまま放置される形になり、ユーザーが危険にさらされる恐れがある。

関連キーワード

iOS 4 | 脆弱性 | iPhone | iPad | Apple


企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -