ニュース
» 2010年06月28日 08時00分 UPDATE

Google Chromeの更新版リリース、深刻な脆弱性に対処

Googleがブラウザ更新版のChrome 5.0.375.86をリリースし、深刻な脆弱性に対処した。

[ITmedia]

 米Googleはブラウザ更新版の「Chrome 5.0.375.86」を6月24日付でリリースし、5件の脆弱性に対処したことをブログで明らかにした。Linux、Mac、Windowsに対応する。

 Google Chrome Releasesブログによると、5件の脆弱性の内訳は、リスク「高」レベルが3件、「中」レベルが2件となっている。Omniboxをロードする際のサブリソース表示や動画処理方法などに深刻な問題があったとされるが、詳しい情報は公表していない。

 US-CERTによれば、これらの脆弱性を悪用された場合、攻撃者に任意のコードを実行されたり、クロスサイトスクリプティング(XSS)攻撃を仕掛けられたりする恐れがあった。

 また、β版(Ver.5.0.375.29)で追加したAdobe Flash Playerプラグインの統合を正式にサポートした。これにより、Google Chromeの自動更新システムを通してFlash Playerの最新版への更新が行えるようになった。

関連キーワード

脆弱性 | Google Chrome | Flash Player | 自動更新


企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -