ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2010年07月06日 07時30分 UPDATE

Google Chromeに更新版、メモリ破損の脆弱性などを解決

9件の脆弱性のうち4件が、危険度の高い脆弱性となっている。

[ITmedia]

 米GoogleはWebブラウザ更新版となる「Google Chrome 5.0.375.99」(安定版)を7月2日付でリリースし、合計9件の脆弱性に対処した。Linux、Mac、Windowsに対応する。

 Google Chrome Releasesブログによると、9件の脆弱性のうち4件がリスク「高」に分類されている。いずれもメモリ破損の脆弱性で、SVGやbidiアルゴリズム、PNG、CSS処理などの問題に起因する。

 残る5件の脆弱性は、リスク「中」レベルが1件、「低」レベルが4件となっている。

関連キーワード

脆弱性 | Google | Google Chrome


企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.