ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2010年07月09日 07時00分 UPDATE

ソニー、3D撮影対応コンパクトデジカメ

3D静止画の撮影に対応したコンパクトデジカメ2機種がソニーから。本体を左右に振ってパノラマ画像を撮影する「スイングパノラマ」機能を使い、擬似的に3D画像を生成する。

[ITmedia]

 ソニーは7月8日、3D静止画の撮影に対応したコンパクトデジタルカメラ2機種を8月7日に発売すると発表した。本体を左右に振ってパノラマ画像を撮影する「スイングパノラマ」機能を使い、擬似的に3D画像を生成する。オープン価格で、「DSC-WX5」が実売3万5000円前後、薄型の「DSC-TX9」が同4万5000円前後。


画像 「DSC-WX5」(左)と「DSC-TX9」

 スイング中に複数の視点からの画像を抽出し、擬似的に3D画像を生成。撮影した画像を3D対応テレビで表示する「3Dスイングパノラマ」と、カメラ本体を傾けて擬似的に3D再生できる「スイングマルチアングル」という2つの撮影モードを備えた。

 それぞれ、1/2.3インチ有効1220万画素の裏面照射型「Exmor R」CMOSセンサーを搭載。DSC-WX5は光学5倍ズームに、DSC-TX9は4倍ズームに対応した。両機種ともフルハイビジョン動画(1920×1080/60i、AVCHD方式)の撮影が可能だ。

 また、3D対応デジカメで撮影した3D写真の管理・鑑賞ができる「プレイステーション 3」(PS3)用アプリケーション「プレイメモリーズ」を、9月中旬に無料提供することも発表した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.