ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「裏面照射型CMOS」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

第3回橋梁・トンネル技術展:
垂直離着陸ドローンと1.5億画素の超高解像度カメラで次世代インフラ点検
SkyLink Japanは、1.5億画素の超高解像度カメラとVTOLタイプのドローンを組み合わせた次世代のインフラ点検ソリューションを提案する。(2020/1/7)

デジタルカメラ総合販売ランキング(11月11日〜11月17日):
デジタル一眼ランキング、ソニー「α7 III ボディ」「α7 III ズームレンズキット」が2度目の同時トップ10入り
トップはキヤノン「EOS Kiss X9i ダブルズームキット」で3連勝。2位は前回に続いてキヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」。(2020/1/7)

イメージセンサー上での推論も目指す:
オンセミ、最新技術で産業用イメージセンサー拡大
On Semiconductor(オン・セミコンダクター/以下、オンセミ)は2019年12月5日、東京都内で記者説明会を実施。同社のインテリジェントセンシング・グループ インダストリアルソリューション部門 バイスプレジデント兼ジェネラルマネジャーを務めるHerb Erhardt氏が、産業向けCMOSイメージセンサー戦略について説明した。(2019/12/10)

デジタルカメラ総合販売ランキング(10月14日〜10月20日):
デジタル一眼ランキング、2カ月ぶりにソニー「α7 III」がランクイン
キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」12連勝。ソニー「α7 III ズームレンズキット」が急上昇して8位に入った。(2019/12/5)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
知ると欲しくなる危険なハイエンドカメラ、ソニー「α7R IV」
とどまるところを知らないソニーの勢い。6100万画素のフルサイズハイエンド機「α7R VI」は、最高画素というだけではなく、さまざまな改良や進化を遂げていた。(2019/10/26)

ソニー IMX5xxシリーズ:
産業機器向けの積層型CMOSイメージセンサー
ソニーは、裏面照射型画素構造のグローバルシャッター機能を搭載した、産業機器向けの積層型CMOSイメージセンサー「IMX5xx」シリーズを発表した。画素サイズを従来比約63%の2.74μm角に微細化し、同一光学サイズで約1.7倍の解像度に高めた。(2019/10/21)

組み込み開発ニュース:
産業機器向け積層型CMOSイメージセンサー6製品を発表、撮像面積は約1.7倍に
ソニーは、産業機器向けの積層型CMOSイメージセンサー6製品を発表した。パッケージは小型化しつつ、撮像面積の拡大や読み出しの高速化が図られており、産業の生産性向上やスマート化に貢献する。(2019/10/17)

6年ぶりのCEATEC出展:
医療、ライフサイエンスで発揮するソニーの技術力
ソニーは「CEATEC 2019」(2019年10月15〜18日、幕張メッセ)で、メディカルイメージング領域とライフサイエンス領域に関する技術や製品を初めて展示した。同社がCEATECに出展するのは2013年以来6年ぶりだ。(2019/10/15)

デジタルカメラ総合販売ランキング(9月2日〜9月8日):
デジタル一眼ランキングにソニーのフラグシップ機「α7R IV」が登場
トップはキヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」で6連勝。9月6日に発売されたソニー「α7R IV」が8位にランクイン。(2019/10/14)

一般向け展示会では初:
高夜間性能CMOSセンサーなど車載製品展示、オンセミ
ON Semiconductor(オン・セミコンダクター)は、第2回名古屋カーエレクトロニクス技術展(ポートメッセなごや/2019年9月18〜20日)で、ADAS(先進運転支援システム)向けの830万画素CMOSイメージセンサー「AR0820」など、車載向け製品に関する展示を行った。国内の一般向け展示会で、これらの車載向けのセンシングソリューションを展示したのは今回が初めてという。(2019/10/4)

組み込み開発ニュース:
10分の1インチでアスペクト比1:1のCMOSイメージセンサーを発表
ON Semiconductorは、10分の1インチでアスペクト比1:1のCMOSイメージセンサー「ARX3A0」を発表した。マシンビジョン、AI、ARやVRアプリケーション、補助セキュリティカメラでの利用を見込む。(2019/9/30)

オン・セミコンダクター ARX3A0:
0.3Mピクセルの高速デジタルイメージセンサー
オン・セミコンダクターは、解像度0.3Mピクセルの高速デジタルイメージセンサー「ARX3A0」を発表した。アスペクト比は1:1で、1/10インチの正方形フォーマットのため、高さの低いモジュール設計に対応する。(2019/9/27)

デジタルカメラ総合販売ランキング(8月12日〜8月18日):
デジタル一眼ランキング、ソニー「α7 III ボディ」と「α7 III ズームレンズキット」が同時トップ10入り
トップはキヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」が3連勝、2位にキヤノン「EOS Kiss X9i ダブルズームキット」が帰ってきた。(2019/10/9)

CEATEC 2019:
メディカル、ライフサイエンス領域での技術貢献を「CEATEC 2019」で紹介
ソニーは「CEATEC 2019」に出展し、メディカルイメージング領域とライフサイエンス領域に関する、同社の技術や製品を紹介する。(2019/9/24)

デジタルカメラ総合販売ランキング(8月5日〜8月11日):
デジタル一眼ランキング、ソニー「α7 III ボディ」が6週ぶりトップ10入り
トップは「EOS Kiss M ダブルズームキット」で2連勝、2位はニコン「D5600 ダブルズームキット」。(2019/9/19)

デジタルカメラ総合販売ランキング(6月24日〜6月30日):
デジタル一眼ランキング、ソニー「α7 III ズームレンズキット」に替わって「α7 III ボディ」がトップ10入り
キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」は22連勝。前回のソニー「α7 III ズームレンズキット」に替わって今度は「α7 III ボディ」がトップ10入り。(2019/7/27)

「Xperia 1」レビュー “ソニーならでは”の特徴を隅々までチェックする
「Xperia 1」は、デザインや仕様を刷新させた、プレミアム感の強いモデルに仕上がっている。基本的な特徴をおさらいしつつ、21:9のディスプレイ、カメラ、パフォーマンスなどの気になるポイントをチェックする。今回のXperia 1は買いなのか?(2019/7/18)

組み込み開発ニュース:
暗所でも認識可能、4K対応セキュリティカメラ向けCMOSイメージセンサー
ソニーは、4K対応セキュリティカメラ向けのCMOSイメージセンサー「IMX415」「IMX485」を発表した。小型ながら、4K解像度での高い画像認識、検知性能と低照度性能を両立している。(2019/7/18)

ソニー、6100万画素のフルサイズミラーレス「α7R IV」発表 連写合成で2億4000万画素の写真も撮影可
ソニーが、6100万画素のフルサイズミラーレス「α7R IV」を発表した。(2019/7/16)

デジタルカメラ総合販売ランキング(6月17日〜6月23日):
デジタル一眼ランキング、ソニー「α7 III ズームレンズキット」が4月末以来のトップ10入り
キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」は21連勝。9位にソニー「α7 III ズームレンズキット」が1カ月半ぶりにランクイン。(2019/7/16)

画像認識と低照度性能を両立:
ソニー、監視用途向け4K解像度イメージセンサー
ソニーは、4K解像度のCMOSイメージセンサーとして、セキュリティカメラに向けた2製品を発表した。(2019/6/28)

デジタルカメラ総合販売ランキング(4月29日〜5月5日):
デジタル一眼ランキング、ソニー「α7 III ボディ」が約半年ぶりにランクイン
キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」は14連勝。ソニー「α7 III ボディ」が8位にランクイン。(2019/5/27)

デジタルカメラ総合販売ランキング(4月15日〜4月21日):
デジタル一眼ランキング、ソニー「α6400 ダブルズームレンズキット」再びトップ3に
キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」は12連勝。前回初ランクインのソニー「α7 III ズームレンズキット」は10位キープ。(2019/5/21)

医療機器ニュース:
患部の接写と通常撮影が1台でできる皮膚科医向けカメラ
カシオ計算機は、1台で患部の接写と通常撮影が可能な皮膚科医向けのダーモカメラ「DZ-D100」と、撮影した画像を管理できるPC用ソフト「D'z IMAGE Viewer」を発表した。(2019/5/17)

デジタルカメラ総合販売ランキング(4月8日〜4月14日):
デジタル一眼ランキングにソニー「α7 III ズームレンズキット」が初登場
キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」11連勝。ソニー「α7 III ズームレンズキット」が10位に初ランクイン。(2019/5/17)

京都で2019年6月9〜14日開催:
VLSIシンポジウム 2019 開催概要を発表
2019年6月9〜14日に京都市で開催される半導体デバイス/回路技術に関する国際会議「VLSIシンポジウム」の開催概要に関する記者説明会が2019年4月17日、東京都内で開催された。(2019/4/19)

FAニュース:
画像検査を新たなステージに、ソニーが産業機器向けの高精度CMOSセンサーを開発
ソニーは2019年3月18日、工場のスマート化や自動化の流れを受けた新たな積層型CMOSイメージセンサー技術「Pregius S(プレジウス エス)」の開発に成功したと発表した。製造、検査、物流などの産業機器向けにゆがみの無い高い撮像性能と小型化の両立を実現した特徴を訴えて提案していく。(2019/3/22)

積層型CMOSイメージセンサー:
裏面照射型でグローバルシャッター機能を搭載
ソニーは、独自の裏面照射型画素構造でグローバルシャッター機能を搭載した、積層型CMOSイメージセンサー技術「Pregius S(プレジウス エス)」の開発に成功した。(2019/3/19)

リコー、360度カメラのハイエンド「THETA Z1」 RAWデータ記録に対応
リコーとリコーイメージングが360度カメラ「THETA」(シータ)シリーズのフラグシップモデル「THETA Z1」を発表した。ワンショットで360度の全天球イメージを撮影でき、RAWデータの保存にも対応する。(2019/2/25)

スポーツの試合をスコア付きで撮影できるビデオカメラ発売 試合状況が一目で分かる
テレビ中継のように野球やサッカーの試合のスコアやカウントを自動表示!(2019/2/12)

デジタルカメラ総合販売ランキング(12月3日〜12月9日):
ソニー「α7 III ボディ」がデジタル一眼ランキングに6位初登場
トップはキヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」が19週連続。6位にソニーのフルサイズミラーレス一眼「α III ボディ」が初ランクイン。(2019/1/8)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
見た目では分からない富士フイルム「X-T3」の進化っぷり
フルサイズミラーレス一眼の話題が席巻する中、さりげなく登場した富士フイルムの「X-T3」。見た目は前モデルとなる「X-T2」とほとんど変わらないが、実は見えないところに大きな変化があった。(2018/11/8)

ニコンのZマウント初号機「Z 7」の実力は?
とうとう来ました、ニコンのZマウント初号機「Z 7」。ミラーレス一眼のために開発されたZマウントを搭載したZ 7が手元に来たのでさっそくチェックである。(2018/10/18)

リンクス:
Basler ace Uシリーズにソニー製IMX183センサー搭載の高解像度モデル4機種を追加
リンクスは、ソニー製IMX183センサーを搭載したBaslerの産業用カメラ「ace Uシリーズ」の高解像度モデル(4機種)の販売開始を発表した。(2018/10/16)

ここがiPhone Xと違う iPhone XS、iPhone XS Maxのカメラ仕様
iPhone Xの後継となる2モデルはどのようなカメラ性能を持っているのか、調べてみた。(2018/9/20)

iPhone XS、iPhone XS Max実機レビュー センサーサイズ微増、追加アンテナラインの意味
MACお宝鑑定団によるXS、XS Maxのマニアック実機分析。(2018/9/19)

どれにする?:
新型iPhone発表 3つのモデルを選ぶ3つのポイント
AppleがiPhoneの新型を発表。「iPhone Xs」「iPhone Xs Max」「iPhone XR」という3モデルが一挙に登場した。どれを選べばいいのか、3つのポイントをチェックする。(2018/9/13)

ウェアラブルニュース:
強力なブレ補正機能を備えた業務用ウェアラブルカメラを発売
ソニーは、強力なブレ補正機能を搭載し、暗所性能を強化したフルHD(1920×1080)高解像度の業務用ウェアラブルカメラ「TECU-001」を発売した。約1110万の有効画素の余裕部分を補正領域として活用し、揺れの少ない明瞭な映像撮影を可能にした。(2018/9/11)

車載半導体:
自動運転に必要なセンシング技術、ソニーの出した答えは“人の目超え”
ソニーは「第1回 名古屋オートモーティブワールド」(2018年9月5〜7日、ポートメッセなごや)において、車載用イメージセンサー技術を紹介。同技術についての詳細な説明を国内の展示会で一般公開したのは初めてだという。(2018/9/10)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
次のクルマは「自動運転」になるのか?
「自動運転車っていつごろ商品化されるんですか?」という質問をよく受ける。これにスカッと答えるのはなかなか難しい。条件分岐がいっぱいあるのだ。今回は自動運転の現実的な話をしよう。(2018/9/10)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
“超高感度”デュアルカメラはだてじゃない! 「Xperia XZ2 Premium」のカメラをじっくり試す
ソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia XZ2 Premium」は、Xperiaシリーズで初めてデュアル構成のアウトカメラを採用した。デュアルカメラが主流になりつつある昨今においてある意味「最後発」ではあるが、「超高感度」で差別化を図っているのである。(2018/8/21)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
高速センサーは効果てきめん! 「Xperia XZ2」のカメラって正直どう?
従来のXperiaから大きくデザインを変えた「Xperia XZ2」。いろいろ言われているけれど、カメラ機能はどうなのだろうか。試してみるのである。【作例差し替え】(2018/7/29)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
変化と不変の両立に挑んだクラウン
トヨタのクラウンがフルモデルチェンジした。すでにクローズドコース試乗で高負荷域の「クラウン離れした」仕上がりを体験し、その激変ぶりをインプレッションに書いたが、今回改めて一般公道での試乗会が開催された。クラウンのクルマとしての真価はいかに?(2018/7/23)

画像認識:
「センシングできなければIoTは機能しない」ソニーのイメージセンサー戦略
「電子機器トータルソリューション展」(2018年6月6〜8日、東京ビッグサイト)の基調講演に、ソニー 執行役員 コーポレートエグゼクティブの上田康弘氏が登壇し、イメージセンサー戦略について語った。(2018/7/10)

世界初のIGZO液晶搭載スマートフォン「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」(懐かしのケータイ)
4コアCPUを搭載するなど、当時のハイスペック機能を詰めこんだ「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」。優れた省電力性能を持つIGZO液晶を採用し、バッテリーの持ちを改善したことで人気のモデルとなりました。(2018/6/17)

SIMフリー専用モデル「AQUOS sense plus」が6月22日から順次発売 価格は4万円台
SIMロックフリー端末市場に特化したAQUOSスマートフォンの新モデルが登場する。DCIに準拠した色再現性を持つIGZO液晶を搭載したミドルレンジモデルだ。(2018/6/14)

au初のHDディスプレイ搭載 ほぼ全部入りなWiMAXスマホ「ARROWS Z ISW11F」(懐かしのケータイ)
防水やおサイフケータイなど、日本市場固有の機能に多く対応した「ARROWS Z ISW11F」。au向けに初めて提供された富士通ブランドのAndroidスマートフォンでで、HDディスプレイやデュアルコアCPUを搭載したハイスペックモデルでした。(2018/6/9)

Xperia XZ2シリーズはどれが買い? 3機種の特徴や使い勝手を比較する
2018年の夏モデルとして、ソニーモバイルから「Xperia XZ2」シリーズ3機種が発売される。今回はどのモデルが買いなのか? ディスプレイ、カメラ、基本性能を確認したうえで、目的別にどのモデルがオススメかを紹介する。(2018/5/22)

弧を描くデザインが印象的な「Xperia arc SO-01C」(懐かしのケータイ)
BRAVIAやCyber-shotといったソニー製品の技術をふんだんに盛り込んだ「Xperia arc SO-01C」。背面が少し反り返った形状になっているなど、斬新なデザインが印象的な製品でした。(2018/5/20)

“docomo with”新機種はスペック重視の「LG style L-03K」とカメラ重視の「arrows Be F-04K」【写真追加】
TTドコモは5月16日、2018年夏モデルの「docomo with」対象機種としてLGエレクトロニクス製のスマートフォン「LG style L-03K」と富士通コネクテッドテクノロジーズ製のスマートフォン「arrows Be F-04K」を発表した。(2018/5/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。