ニュース
» 2010年07月30日 07時59分 UPDATE

Android Marketに不審な壁紙アプリ見つかる、ユーザー情報を収集か

Android Marketで提供されている壁紙アプリの中に、ユーザーの電話番号などの情報を収集して外部に送信しているものが見つかったという。

[ITmedia]

 米ラスベガスで開かれているセキュリティカンファレンスのBlack Hatで、モバイルセキュリティを手掛けるLookoutが携帯電話アプリケーションの分析結果を報告し、ユーザーの電話番号などの情報を外部に送信している不審な壁紙アプリが見つかったと伝えた。

 同社のブログによると、このモバイルアプリケーションの分析プロジェクトでは、Android Marketで提供されている壁紙アプリケーションの中に、一見すると不必要と思われるデータを収集しているものが見つかった。

 問題の壁紙アプリケーションはユーザーの携帯電話番号、加入者識別番号、ボイスメール番号といったデータを外部のサーバに転送していたという。このアプリケーションのデベロッパーが開発したものは、推定で100万〜400万回もダウンロードされているとみられる。

 ただし、壁紙がこうしたデータを収集するのは不審ではあるが、悪質な行為に利用されたという証拠はないとしている。現在、Googleに協力して問題のアプリケーションの調査を進めているという。

 Lookoutによれば、Androidに限らず、iPhone、BlackBerry、Symbianなどあらゆるプラットフォームのモバイルアプリケーションがユーザーの情報を収集している可能性があるという。「ユーザーはこうした実態を認識して、アプリケーションをダウンロードする際は慎重を期した方がいい」と呼び掛けている。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -