ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2010年08月01日 10時55分 UPDATE

はやぶさ展示、2日で3万人来場 最大4時間待ち

「はやぶさ」のカプセルが相模原市立博物館で7月30日、31日に公開され、2日間で3万人が訪れた。

[ITmedia]
画像 展示されたはやぶさのカプセル。左に置かれているのは、小惑星の砂を入れる容器のレプリカ

 小惑星探査機「はやぶさ」のカプセルが神奈川県の相模原市立博物館で7月30日、31日に公開され、2日間で3万人が訪れた。

 はやぶさのカプセル公開は、地球帰還後初めて。宇宙航空研究開発機構(JAXA)と博物館によると、30日には1万3000人、31日には1万7000人が詰めかけ、最大待ち時間は30日が3時間、31日が4時間だったという。来場者の約6割が市外から訪れたという。

 カプセルは、8月2日〜6日はJAXA筑波宇宙センター(茨城県つくば市)で、8月15日〜19日は丸の内オアゾ(東京都千代田区)でも一般公開する。

関連キーワード

はやぶさ | 博物館 | JAXA


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.