ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2010年08月03日 07時00分 UPDATE

ソフトバンク、ウィルコム現行PHSも直接支援へ

ソフトバンクがウィルコム現行PHS事業の再建を直接支援するスポンサー契約を締結。

[ITmedia]

 ソフトバンクは8月2日、経営再建中のウィルコムを直接支援するスポンサー契約を結んだ。ソフトバンクはウィルコムの現行PHS事業について、コスト削減に協力する間接的な支援で合意していたが、管財人から強い要請があり、直接支援を受諾した。

 契約で、ソフトバンクはウィルコムに対し事業家管財人を派遣し、ウィルコムの事業運営と更生計画(負債410億円を6年間で返済)について必要な支援を行うことで合意した。

 当初の再生計画では、ウィルコムからXGP事業を切り離してソフトバンクなどが出資する新会社に譲渡し、現行PHSは投資ファンドのアドバンテッジパートナーズの支援で継続することで合意。ソフトバンクはウィルコムに対し、ネットワークやカスタマーサポート運営の効率化などでコスト削減に協力するとしていた。

関連キーワード

ウィルコム | ソフトバンク | PHS | WILLCOM CORE


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.