ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2010年08月04日 07時00分 UPDATE

「休暇の分散化」は「メリットなし」が7割弱 経産省・観光庁のネット調査

大型連休などの休暇取得を分散化する案を政府が検討しているが、ネット調査では「メリットはない」という否定派が多数を占めた。

[ITmedia]

 政府が検討している大型連休などの休暇取得分散化について、ネットで国民から意見を募った結果を経済産業省と観光庁が8月3日公開した。休暇取得の分散化について、「メリットは特にない」と応えた人が68%に上った。

 意見は6月22日〜7月12日、経産省が運用している「アイデアボックス」を通じて聞いた。登録したユーザーは3278人(男性が70%)。情報通信、製造、サービス業に従事している人が合計約50%だった。

 分散化のメリットについて「特にない」とした回答が圧倒的に多く、次に多かった「混雑が緩和され、旅行がしやすくなる」(14%)に大差を付けた。祝日の一部を休日とせず、代わりに地域ごとに別の日を休日として設定する案についても「全ての祝日が休日であったほうがよい」が63%と、否定派が多数を占めた。

 分散化した場合のデメリットは「休日の異なる地域に住む家族や友人に会えなくなる」が最多の27%。「休日の異なる取引先との連絡が難しくなり、企業の経済活動などに支障が生じる」が24%、「仕事が休めなくなる」が20%と多かった。

関連キーワード

経済産業省 | 休暇 | 観光 | 連休


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.