ニュース
» 2010年08月05日 07時58分 UPDATE

Adobe ReaderとAcrobatに未解決の脆弱性情報、不審なPDFに注意

Adobe ReaderとAcrobatの最新版に、任意のコードを実行されてしまう恐れのある新たな未解決の脆弱性が見つかったという。

[國谷武史,ITmedia]

 米Adobe SystemsのPDF管理・閲覧ソフトAcrobatとReaderに未解決の脆弱性が報告されたとして、セキュリティ企業のVUPENとSecuniaが8月4日にアドバイザリーを公開した。

 両社のアドバイザリーによると、脆弱性はAdobe Reader/Acrobatの最新版である9.3.3までのバージョンと8.2.3までのバージョンに存在する。VUPENはWindows向けのAdobe Reader 9.3.3で脆弱性を確認したとしている。

 脆弱性は、不正なTrueType Font(TTF)を含んだPDFファイルを処理する際に「CoolType.dll」モジュール内で発生する整数オーバーフロー問題に起因するという。この問題を突いて細工を施したPDFファイルをユーザーが開くと、攻撃者が任意のコードを実行できてしまう恐れがあるとされる。

 この脆弱性を解決するAdobeのパッチは現時点で存在しない。Secuniaは対策として、不審なPDFファイルを開かないことを挙げている。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -