ニュース
» 2010年08月18日 16時25分 UPDATE

Google Calendarの同期機能が「Outlook 2010」に対応

Google CalendarのデータをiPhoneやWindowsのOutlookと同期させるツール「Google Calendar Sync」が、Outlook 2010の32ビット版に対応した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは8月17日(現地時間)、Google Calendarのデータをほかのサービスと同期するツール「Google Calendar Sync」を米Microsoft製メールソフトの最新版「Outlook 2010」に対応させたと発表した。

 Google Calendar Syncは、Google Calendarのデータを、AppleのiCal、iPhone、iPad、MicrosoftのOutlookとWindows Mobile、Research In Motion(RIM)のBlackBerry、Android、Symbianと同期させるためのツール。これまでOutlookは2007までしかサポートしていなかったが、最新バージョン(Ver. 0.9.3.6)でOutlook 2010に対応した。ただし、今のところ対応するのは32ビット版のみで、64ビット版対応にはまだしばらくかかるようだ。

 最新版のGoogle Calendar Sync(英語版)は公式ブログ内のリンクからダウンロードできる。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -
激変する企業ITシステムに対応するための知見を集約。 ITの新しい潮流に乗り遅れないために。