ニュース
» 2010年08月19日 15時06分 UPDATE

Facebook、foursquare的位置情報サービス立ち上げ

Facebook Placesでは、自分がどこにいるか友人に教えたり、友人の居場所を知ることができる。

[ITmedia]
ah_places.jpg

 米大手SNSのFacebookは8月19日、位置情報サービス「Facebook Places」を立ち上げた。自分がどこにいるか友人に教えたり、友人の居場所を知ることができる。現在は米国でのみ利用可能。

 Placesは、Facebookの新版iPhoneアプリかモバイルサイト(touch.facebook.com)からアクセスできる。モバイルサイトからの利用には、HTML5とGeolocationをサポートするブラウザが必要。

 Placesでは「Check In」ボタンをクリックして、表示されたリストから自分のいる場所を選ぶとチェックイン(自分の居場所を記録すること)できる。チェックインすると、その情報が友人のニュースフィードに配信される。同じ場所にいる友人にタグを付けたり、チェックイン情報と一緒に何をやっているかを知らせるアップデートも投稿できる。

 自分の位置情報は、デフォルトでは友人にしか通知されない(公開先を「全員」に設定することも可能)。さらに細かな設定も可能で、位置情報を通知するかどうか、友人からのタグ付けを許可するかどうか、自分の情報をサードパーティーのアプリやサイトと共有するかどうかなどを設定できる。

 Placesは現在米国でのみ利用可能だが、いずれほかの地域にも拡大するという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -