ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2010年08月20日 17時07分 UPDATE

ケータイかざせば観光案内 軽井沢でNTTコムが新サービス

軽井沢の駅や街中で、ケータイをかざすと観光案内などの情報が得られる「軽井沢エリアタッチ」をNTTコミュニケーションズが始めた。

[ITmedia]

 NTTコミュニケーションズは8月20日、長野県・軽井沢で、FeliCa内蔵携帯電話を看板などにかざすと観光情報やクーポンを入手できる「軽井沢エリアタッチ」を始めた。

 おサイフケータイ用リーダー/ライターを埋め込んだ看板を、JR軽井沢駅構内や宿泊施設などに設置。観光客が携帯を看板にかざすと、自動的に情報サイトにアクセスし、エリアマップや観光施設の概要・行き方、周辺の飲食店情報などを見ることができる。

photo

 軽井沢観光協会が協力し、情報誌を発行する毎日企画サービスと共同で提供する。観光客が不慣れな土地で必要な情報を入手しやすくし、地元施設・飲食店などが集客に活用できるようにするのが狙い。今後、各地の観光地への展開も検討していく。

 サービスは、NTTコミュニケーションズのSaaS型プラットフォーム「Biz マーケティング モバイルウェブ」と、おサイフケータイによるプロモーションを支援する「Biz マーケティングかざスポット」を活用している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.