ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2010年08月27日 07時00分 UPDATE

太陽電池で車内のLEDを点灯 三洋「環境未来型バス」

世界で初めて太陽電池を搭載したという公共交通バス「ソラビ(SOLARVE)」を、三洋と両備グループが共同開発した。

[ITmedia]

 三洋電機と、路線バスなどを運営する両備グループは8月26日、世界で初めて太陽電池を搭載したという公共交通バス「ソラビ(SOLARVE)」を共同で開発したと発表した。“環境未来型バス”としている。

画像

 三洋のHIT太陽電池(420ワット)と、アモルファスシリコン太陽電池「Amorton」(アモルトン、378ワット)を屋根に搭載。太陽光エネルギーで発電した電気を、車内のLED照明に供給する。LED照明は、無日照時でも約9時間の連続点灯が可能という。

 三洋のポータブル空間清浄機「eneloop air fresher」も5台搭載した。

 両備グループの100周年記念事業の一環。

関連キーワード

太陽光発電 | LED | 三洋電機 | eneloop | LED照明


Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.