ニュース
» 2010年10月05日 18時00分 UPDATE

ネット経由でリアルタイムに音楽セッション ヤマハ「NETDUETTO」

複数拠点でネットを介して音楽セッションできるヤマハの「NETDUETTO」が正式リリース。家庭のPCと光回線を使い、音声の遅延をほとんど意識することなく、ネット越しにセッションできるという。

[ITmedia]
画像 実装例

 ヤマハは10月5日、複数拠点でネットを介して音楽セッションできる「NETDUETTO」(ネットデュエット)を開発し、Windows/Mac OS X向けソフトとして実装したと発表した。家庭のPCと光回線を使い、音声の遅延をほとんど意識することなく、ネット越しにセッションできるという。

 サーバ上にある仮想的な「セッションルーム」に入室すると、同じルームにいる参加者と自動的に接続が確立され、双方向のオーディオのやり取りができる仕組み。

 音声はサーバを介さず、端末間で直接通信。一定のバッファを保ちながら必要に応じて補正を行うなどダイナミックな通信制御を行うことで、ネットワークの揺らぎや送信側と受信側のクロックのずれなどを吸収し、音楽的に破綻しないよう工夫している。

 音質や接続可能な人数は、回線品質や混雑具合などによって異なるが、音質では44.1kHz(CD並み)/22.05kHz/11.025kHzの3種類から選択可能。都内の家庭用光回線を使った実験では、4人までの接続を確認したという。

 楽器やルータ、通信カラオケの開発から得たネットワーク技術を生かして開発。まずはPC向けソフトとして実装したが、OSやデバイスに依存せず、さまざまなプラットフォームや、ゲーム機、オーディオ機器などに組み込めるという。

 企業などへの提供を想定し、開発を進める。ライブや音楽イベントでの活用、SNSとの連携、ネット上での音楽サービス会社、ISPや回線事業者との協業などを視野に入れ、展開していく。

 10月14日に開幕する「デジタルコンテンツEXPO 2010」(東京・日本科学館、東京国際交流館)で、開幕当日に行うイベント「Y2 AUTUMN 2010」で、NETDUETTOの今後の取り組みを発表する。

関連キーワード

ヤマハ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -