ニュース
» 2010年10月18日 19時43分 UPDATE

リクルート、ソーシャルアプリ新会社 3年間で1000サービス提供へ

リクルートがデジタルコンテンツを企画・開発する100%子会社「ニジボックス」を設立。まずはソーシャルアプリの開発に注力する。

[ITmedia]

 リクルートは10月18日、デジタルコンテンツを企画・開発する100%子会社「ニジボックス」を11月1日付けで設立すると発表した。まずはソーシャルアプリの開発に注力。その後、iPhoneアプリや携帯電話サイトなどにも広げ、3年間で1000サービスの提供を目指す。

 mixiアプリ「おさかなそだてる」や携帯向け交換日記サイト「ハモニナ」などを手掛けるリクルートの研究機関「メディアテクノロジーラボ」のデジタルコンテンツ事業を移管。「来るべきマルチデバイス、マルチプラットフォーム時代に顧客が求めるデジタルコンテンツを提供する」としている。

 資本金は1億円。メディアテクノロジーラボの木村稔局長が社長に就任する。所在地は東京都中央区。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -