ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2010年10月21日 07時00分 UPDATE

KDDI、公衆無線LANのWi2を子会社化

Wi-Fiスポットを展開するワイヤ・アンド・ワイヤレスをKDDIが子会社化。auユーザー向けWi-Fiサービスなどを検討する。

[ITmedia]

 KDDIは10月20日、公衆無線LANサービスを展開するワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)を子会社化すると発表した。スマートフォンなどの普及でWi-Fi需要が拡大しており、KDDIの契約者向けWi-Fiサービスの提供などを検討する。

 Wi2が22日払い込みで実施する総額4.5億円の第三者割当増資を引き受け、Wi2増資後の株式52.4%をKDDIが保有する。

 Wi2はWi-Fiスポット約1万3000カ所(ローミング含む)で接続サービスを展開。スマートフォンに加え、フィーチャーフォンでもWi-Fi対応機種が増えており、今後はKDDIの携帯電話ユーザー向けにWi2のWi-Fiサービスを提供することも検討していく。

 Wi2は、旧アッカ・ネットワークスがモバイルWiMAX事業参入を目指して設立した「アッカ・ワイヤレス」が前身。アッカ・ワイヤレスはNTTドコモと組み、KDDI陣営とWiMAX参入を争った。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.