ニュース
» 2010年10月22日 20時01分 UPDATE

Share上の児童ポルノコレクターは「2万人以上」 ネットエージェント調査

ネットエージェントによると、「Share」で児童ポルノを収集しているとみられるユーザーは2万人以上いるという。

[ITmedia]

 ネットエージェントは10月22日、P2Pファイル共有ソフト「Share」上で児童ポルノを収集しているとみられるユーザーが2万人以上に上るという調査結果を発表した。

 調査は、ファイルを収集しやすくするためにユーザーが設定する「クラスタ」に児童ポルノ関連ワードを設定しているユーザー(ノード)をカウントした。ただし、ファイルが実写か、イラストなのかなど、ファイルの内容自体の調査は実施していないとしている。

photo ネットエージェントのWebサイトより

 警察がP2Pによる児童ポルノ法違反容疑で18人を一斉に逮捕した9月27・28日前後の推移を調べたところ、摘発前の25日には2万7697だったユーザー数が、摘発後の9月30日には2万485にまで減少していた。だが10月3日には2万4978と、回復傾向にあった。

 Share利用者は約10万人規模に上るとみられ、児童ポルノ関連ワードを設定しているんはその2割以上ということになる。ネットエージェントは「今回の全国一斉取締りによる児童ポルノコレクターへの抑止効果は限定的なようだ」と指摘。P2Pソフトを利用することで意図せず児童ポルノを中継・公開してしまう可能性があるとして、注意を呼びかけている。

関連キーワード

Share | 児童ポルノ | ネットと選挙 | Winny | P2P


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -