ニュース
» 2010年11月10日 18時40分 UPDATE

KDDIとコロプラが提携 日本初の“位置ゲー”プラットフォームに

KDDIとコロプラが提携し、日本初の“位置ゲー”プラットフォーム「au one コロプラ+」を11日にオープン。外部企業からアプリを募り、位置情報と連動したサービスを集約させる。

[ITmedia]
画像 au one コロプラ+

 携帯電話の位置情報を利用した人気ゲーム「コロニーな生活☆PLUS」を運営するコロプラとKDDIは11月10日、「位置ゲーム」に特化したプラットフォームの提供で提携すると発表した。位置ゲームを集めた携帯電話向けサイト「au one コロプラ+」を11月11日にオープンする。

 複数のゲームに位置情報をまとめて送信したり、共通の仮想通貨でアイテム購入できる仕組みを備えた日本初の“位置ゲー”プラットフォーム。他社からのアプリ提供も募り、位置情報を利用したサービスを集約させる狙いだ。

 コロプラ単独で、NTTドコモとソフトバンクモバイルの端末向けにも同日から、同様のサイト「コロプラ+」を提供。コロプラ+のAndroidアプリとiPhoneアプリも11月下旬に提供し、ユーザーを拡大していく。

「位置ゲーのテーマパーク」 リクルートやJCB、ゼンリンデータコムなど参加

 コロプラ+は“位置(イチ)”にちなんで、11月11日にオープン。まずは、「コロニーな生活☆PLUS」と、コロプラが作った新作2作を提供する。新作は、移動することでゲーム内の物語が進む「キャリー・ストーリー」と、移動しながらパズルを完成させる「コロパズ」だ。


画像 キャリー・ストーリー
画像 Android版も提供予定

 コロプラ+向けのアプリを外部企業が開発できるSDKを用意。他社からアプリを募って「位置ゲーのテーマパーク」(コロプラの馬場功淳社長)にしていく。不正な位置情報を登録を防ぐ技術をAPIで公開するなど、コロプラが持つ位置ゲー開発ノウハウも投入。今後、個人開発者も参加できるようにする予定だ。

 外部企業のゲームは来年1月から配信する予定。現時点で、地図情報のゼンリンデータコムや、ルート検索サービス「全力案内!」のユビークリンク、イベント興業会社のキョードー東京、リクルートの「ホットペッパーグルメ」「じゃらん」、ジェーシービー(JCB)、マツダレンタカーなどさまざまな業態の15社が参加を表明しており、「ゲームの提供やリアル事業との連動など、協業の形はさまざま」という。

 au向けでは、プラットフォームに参加する外部企業のアプリの課金・広告収益の一部をコロプラとKDDIが受け取るなどして収益化。ドコモ・ソフトバンク端末向けサイトでもauと同じゲームや機能を提供する一方、KDDIとコロプラは今後連携を深め、位置情報と連動した広告展開など、新ビジネスを検討していく。

「アプリが連携して化学反応を」

 コロプラの長谷部潤CSOは、コロプラ+を「シャーレのような存在」と表現。「アプリが連携して化学反応を起こし、新たな価値を生んでいくプラットフォームにしたい」と意気込む。

画像 コロプラの馬場功淳社長(左)とKDDIの雨宮俊武新規推進ビジネス本部長。中央はイメージキャラクターのクマ

 KDDIはこれまで、GREEやセカイカメラなどITベンチャーと連携し、au oneのコンテンツを強化してきた。10月には、人気ソーシャルゲーム「サンシャイン牧場」を提供するRekooと、auポータルの機能を持たせた「サンシャイン王国」をスタートさせるなど、モバイル向けポータルサイトの新たな形を模索している。

 コロプラは、「コロニーな生活☆PLUS」が150万会員を突破するなど位置ゲーの大手。同ゲームの来店促進サービス「コロカ」は全国81のリアル店舗に導入されており、導入店舗への来店・購買客数は月間2万2000人を超えるなど、ゲームとリアルの連携手腕にも定評がある。

 KDDIの雨宮俊武 新規推進ビジネス本部長はコロプラについて、「先進的なアイデアをもった企業。われわれもバーチャルとリアルの連携をやっていきたいと思っているし、いい提携相手だと思っている」と期待。現時点では出資などは考えていないとしている。

関連キーワード

位置情報ゲーム | コロプラ | KDDI | au | au one


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -