ニュース
» 2010年11月15日 15時30分 UPDATE

「フレッシュアイ」運営のニューズウォッチ、ヤフーが売却

ヤフー子会社で「フレッシュアイ」などを運営するニューズウォッチをフュージョンパートナーが買収。サイト内検索ASP「サイトサーチ」について、ヤフーとの業務委託契約が終了するという。

[ITmedia]

 データベース関連事業などを手がけるフュージョンパートナーは11月15日、「フレッシュアイ」などを運営するニューズウォッチをヤフーから買収し、子会社化すると発表した。

 ニューズウォッチはヤフーが2006年に子会社化。ヤフーから業務委託を受ける形でサイト内検索サービス「サイトサーチ」を500サイト以上に提供してきた。同サービスはYahoo!JAPANのWeb検索技術も活用していたが、ヤフーとの業務委託契約が今年12月で終了することになったという。ヤフーとGoogleとの提携に伴うものと見られる。

 フュージョンパートナーも子会社を通じてサイト内検索サービスを提供しており、ニューズウォッチの子会社化で相乗効果が見込めると判断した。

 11月30日付けで、ヤフーが保有するフレッシュアイ株式64%分全部を4億5146万円で取得する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -